音楽

2011年1月12日 (水)

「You can't catch me」

 坂本真綾嬢(そろそろ「嬢」でもないけど、気にしないw)の新作アルバムが出たので買いました。これが7枚目ですか。「You can't catch me」

Youcantcatchme
 予約買いなので、CD2枚組の初回限定盤です。昨年発売されたベスト盤「everywhere」<記事>は高音質CD(SHM-CD)でしたが、今回は何の表記もないので通常のCDみたいです。

 内容は……前作「かぜよみ」<記事>同様、今回も「いまいち」って感じですかね。悪いところはありません。「かぜよみ」みたいに“尻すぼみ”ってこともありません。収録されている12曲で作曲者が全て異なっているにも関わらず、バラバラにならず、アルバムとしてまとまっている点はむしろ凄いことだとも思います。でも、私的に「これだ!」って曲が、ないんすよ。“最強タッグ”菅野よう子女史の曲(「美しい人」)もあるんですけど、出だしの「eternal return」と最後の「トピア」の方がまだいいかなぁって思えるくらいでして……評価としては「いまいち」かなぁ。
 初回盤のSPECIAL CDは、武道館ライブを収録したものですが……なんか、昔の曲を真綾嬢がナマで歌ってるこっちの方がむしろ良いCDかもしれません。少なくとも特典としては過去最高のものですし、私にとってはこっちが本編、かも。

 私は、「坂本真綾の歌」ってのは“いい曲”じゃなく、“KOする曲”であってほしいんですよ。それも、失神KOされるくらい強烈なインパクトがあって、良い意味でショッキングな曲でないと、満足できないんすよ。だって、以前は「こんな曲はこの世で坂本真綾しか歌ってないぜ!」って曲ばっかだったんですから(「トライアングラー」が最後かなぁ、そういうのは)。最近のは、当たり前の音楽が増えてしまい、面白くないっす。特に、今作のは普通すぎるんですよ、どの曲も。そこらのJ-POP(※AKBなんとかみたいな音楽ですらないよーなのじゃなく、まともな部類の方)と変わりゃしない。だから、悪くなくても、良いとは思えない。
 今後は「普通のポップ」って方向性で行くというのなら、真綾嬢のボーカルでも「もう買わんでもいいか」って思えるなぁ。レンタルで十分ですし……うーん、1ファンとして、こんなことは書きたくないんですがねぇ。

 別に昔みたいな全曲菅野よう子女史に戻してくれとは言いません。ただ、「ボーカル:坂本真綾」の独自性を、これ以上失わないで下さい。お願いします。

1/18 追記:
本作が1/24付オリコン週間アルバムランキングで1位を獲得したようですな。ついに真綾さんも“一流アーティスト”の仲間入りですか~。おめでとうございます!
あと、本作をCDで聴く限り、ベールが被せられたような音でクリアな感じがせず、ビクターらしからぬ音質に思えて仕方がなかったのですが……iPod用にAAC(192kbps)に圧縮してみたら、あら不思議。悪くない感じに仕上がりました。何なんだこれは。圧縮音源向けの新しい録音技法でも開発されたのか?

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

今さらだけど ~その2

 ちょっと前に買ったCDアルバム2枚目は、THE ALFEE「新世界 -Neo Universe-」
Photo
 THE ALFEEは、私にとって特別な存在です。中学/高校でのつらい時期、彼らの歌をずっと聴いてました。どれほど彼らの歌に助けられ、勇気づけられたかわかりません。「今自分がここにいるのはALFEEのおかげである」と言っても過言ではないです。本当に。
 元々はフォークながら、ロックも取り入れ“歌謡ロック”などと揶揄される彼らの音楽ですけど、30年以上も第一線で活躍し続けるミュージシャンってのは他にいないわけで……何と言われようと、彼らの音楽は“本物”なのだと私は思います。「こんなのロックじゃねぇ」とか言われるけど、ロックのメタルのと名乗っといて囁くよーなナマっちょろい声でバラードも歌ってるよーな連中に、THE ALFEEをバカにする資格なんざないですよ。50過ぎたいい歳のオッサン3人(失礼)が、「夢」の「希望」の「未来」の「愛」のとシャウトし続け、はてには「First Love is Hurricane♪」って恥ずかし気もなく歌ってるんすよ?これがロックでなくて何だと言うんすか?そら今なおロックそのもののThe Rolling Stonesには遠く及びませんけどね、THE ALFEEもそんじょそこらのショボいバンドよりよほどロックですよ。今もなお、いや、昔よりもっとカッコいいぜ!
 とは言うものの、ここ最近のアルバム数作は惰性的なものが感じられたり、ベスト盤がずらずら出続けたりで「なーんか、THE ALFEEイマイチ」って思ったりもしましたが、今作は良いです。のっけの「Neo Univerce」とか「新世界を越えて」とか「往年のALFEEサウンドが甦った!」って曲が入ってますな。久々に桜井さん(サングラスの人)のボーカルで脳天直撃のゾクゾク感を味わえました。いやぁ、ホント、桜井さんの声はいつまで経ってもイイですねぇ。痺れます(もちろん、高見沢さんも坂崎さんも素晴らしいですけどねw)。
 音質的には、特筆できるようなところはないけど、EMIだけあって悪いところもないですな。全11曲で時間的には短く、昔ながらのアルバムって感じの作りですけど、良作だと思います。ウォークマンの方に入れて、外でもときどき聴いてますよ。少年時代を思い出したりして、なんとなく元気出たりしますね。
 このアルバムも今年の3月発売だったんですね……これも発売に気がつかず買い逃していたわけで、紹介記事としては“今さら”って感じですが、ま、良いものは良いってことでその点はご容赦下さい。

 THE ALFEEもまだまだ歌い続けてほしいと心から願ってますけど、最近の若手ミュージシャンときたら相変わらずパッとしないですよね。ちょっと前にサザンオールスターズの桑田佳祐さんが手術を受けたってニュースが大々的にとりあげられていましたが、こういう年代の人たちがいつまでもトップに君臨ってのはありがたいことでもあるけど、若いミュージシャンが出てきてない証拠でもあるわけで……“アーティスト”とか呼ばれてチヤホヤされるようになってから本当にダメになってしまいましたね、日本の音楽界。B'zとかMr.Childrenとか長く活動してる大物バンドもあるにはあるけど、あの人たちだってもう若くはないし……若手は次から次へと出ては消えていくだけってのも、何とかならないかなぁ。「若い人にもはや音楽など不要」っていうならしょうがないけど、まだそこまで絶望的な状況にはいってないと思うのだけど。音楽で胸を熱くする、なーんてのは古い文化でしかないんですかねぇ。
 不景気や社会全体の閉塞感を吹き飛ばすような若い人の音楽、私は期待していますよ。

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

今さらだけど ~その1

 ちょっと前になりますが、CD買ったんすよ。アルバム2枚なんですけどね。
 で、その1枚目は、「INITIAL D ARCADE STAGE 5 original soundtracks+」
D_as5
 アルファベットの題名なんで洋楽みたいだけど、なんのことはない「頭文字D」ゲーセン版ver.5のサントラです。ただ、BGM集なのに、全曲ボーカル曲だったりします。しかも、ユーロビート……つまりは、アニメ版以来続く「頭文字D」名義のユーロビートのアルバムですな。
 このシリーズ、個人的に大好きでして、TVシリーズ/劇場版/OVAシリーズ/Special Stageの全てのアルバムがうちにあります。また、私はiPodとウォークマンで入れる曲を変えて運用してたりするんですが、このシリーズは例外的に両方へ入れてあったりもします(※アルバム名が長すぎるからか、ウォークマンで自動処理すると曲順がおかしくなることがあるので管理に注意が必要です。現行X1060ではならないけど、S739だとおかしくなったのでアルバム名を短縮したらちゃんと並びました。Disc1とDisk2を判断できないのが原因みたい。あと、音が切れるのを防止するため、圧縮はATRACにするといいです。iPodはAACで問題なし)。とにかくノリノリなので、気分が落ち込んでいるときとか朝から気合い入れないといけないときなんかに聞く音楽として重宝してます。家では主にレースゲーのBGMにしてますね。これをかけてるとアクセルをガンガンに踏み込んでいけるんすよ、気分的に(私は安全運転派なので、ゲームだというのに基本はブレーキの人ですw)。
 けど、このアルバムは存在を完全に見逃してまして……今になってやっと存在を知り、買ってみたってところです。「何年もイニDのアルバムの新作出ないなぁ」とは思ってたんですが、こんな形で出てたとはね。ゲーセン版のサントラってのは、盲点でした。まぁゲーセン版のサントラがあることは知ってたんですけど、「既存曲を再収録してあるだけだろう」と思い込んでいたのが間違いの始まりっす。この「5」のサントラ収録曲はほとんどが新作なんですね。入院して以来ゲーセンに行ってなくて、ARCADE STAGEも「4」をちょっとやって以降全く触ってなかったからなぁ……気にかけるくらいはしとけばよかった。アルバムとしては、m.o.v.eの曲も入ってるし、後半のMEGA MIXもひたすら続いてくれるし、実に良い仕上がりだと思います。2枚組で3000円切ってるし、ユーロビートが嫌いじゃなければ買って損はないですね。
 ちなみに、エイベックスなので音質は気にしないのが吉です。まぁ、ユーロビートだし、音に深みがあってもあんま意味ないですしね。個人的にはCCCDじゃないってだけでも十分ですわ(イニDの過去作、CCCDばっかなんで)。

 しっかし、このアルバム発売されたのは去年の3月ってなってますなぁ……1年半近くも出遅れるとは。我ながらその“情弱”ぶりが情けないわ。
 その遅れ分を取り返すつもりで、この1ヶ月聞きまくってますw。今後も定期的に新作が出るといいなぁ。

 ちなみに、以前の私の「音楽」の記事はこちらから。

 

| | コメント (0)