日記・コラム・つぶやき

2017年1月 4日 (水)

謹賀新年 2017

 新年あけましておめでとうございます。
 今年の正月三が日は、基本的に寝正月でした。正月恒例のスポーツイベントは、元日に吹田で行われた天皇杯サッカー決勝は延長線の末で鹿島アントラーズが川崎フロンターレに勝利。2日の大学ラグビー準決勝は、東海大が同志社に、帝京が天理大にそれぞれ勝って決勝進出。2日~3日にかけて行われた箱根駅伝は、青山学院大が往路も復路も勝って3連覇達成。ライスボウルは、富士通が関学大を下しました。
 今年こそ、穏やかで落ち着いた1年になってくれればと思っておりますが、どうなりますかね。とりあえずは、当ブログの記事を書き続けられるよう可能な限り頑張りたいと思っています。

 本年も、「Bleumer's Diary 詮無きことを II」をよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2016年12月31日 (土)

ゆく年くる年 2016

 大晦日です。2016年・平成28年も終わろうとしています。
 今年は、世間的には震度7が2回もきた熊本地震もありましたし、通常国会でいわゆるヘイトスピーチ対策法/臨時国会ではカジノ法と問題だらけの法律があっけなく成立してしまったりと、いろいろありましたが……国内よりも国外の年でしたかね。6月にイギリスで国民投票によりEU離脱が決まってしまって唖然としていたら、11月にはアメリカ大統領選で共和党トランプ候補が民主党クリントン候補を破ってまさかの勝利。これらには本当に驚きました。議会制民主主義のお手本のようなイギリス連邦と共和制の代表国家アメリカ合衆国、どちらの国民も世界で最も成熟した主権者たる国民だと私は思っていたのですが……EU離脱派やトランプ陣営という冷静な判断を罵倒し感情論を煽り立てる側に投票して勝たせてしまうとは、なぁ。もちろん、イギリスには移民とそれに伴う失業+テロ問題/アメリカにもリーマンショック以降の不況という深刻な問題があるのに英キャメロン政権や米オバマ政権は有効な対策を結局打てなかったし、他のありきたりな政治家にも全く期待できないから、今までにはない選択肢が必要だったって事情はあるにせよ、「にしても、その選択肢を選ぶの?」と私などは考えてしまうのですが……ま、こんな風に考えられるのは、私ら日本国民は2009年に「一度やらせてみよう」と鳩山民主党に政権を託してみてとんでもないことになってしまったという大失敗を経験しているからかもしれません。イギリスやアメリカは成熟していたが故にあそこまで酷いことになった経験はほとんどないでしょうからな。彼らも「間違った選択のツケは自分たちが支払わされることになる」とこれから身を以て知ることになる、のかもしれませんね(もちろん「結果的には大成功」となるかもしれないけど)。

 Bleumer個人にとっての2016年は、手術受けたり、他にもあれやこれやと大変しんどい1年でしたね。今年はケータイの更新年でもなかったし、新規に何か大物を投入したりってのもなかったような……あ、そういやウォークマンNW-ZX100と12.9インチ版iPad Proを買ったか。NW-ZX100は高額なだけあってNW-A17とはたしかに違っており、全域でより深みのある音を出してくれるので気に入っています。また、iPad Proも大画面ながらサクサクサクサク動いてくれるので重宝しております(デカい分やたら重いのと、Apple Pencilのせいか電池があまり持たないのは困りものだけど)。ホビー系では、やっぱ年末に発売になったDX超合金バルキリーの最新作・VF-31J ジークフリードですかねぇ。フィギュアは、今年もアルターが凄かったんですが(特に西木野真姫)、個人的に一番良かったのはマックスファクトリーの「鏡音リン Tony Ver.」かな。各パーツがアルター製品以上にシャープで、フツーに服着てるのに妙に色気があったりして、とてつもない存在感です。アニメ作品では、今年は「君の名は。」とか映画が当たり年だったみたいですけどいろいろあって映画館行けなかったんで……そうだなぁ、ほぼ男だけの硬派な話で世界観含めしっかり作り込まれていた「ジョーカー・ゲーム」かなぁ、一番良かったのは。マクロスシリーズ最新作の「マクロスΔ」はキャラクターがイマイチでしたね。完結編かなんかを作って中途半端だったストーリーもきっちり補完し、挽回してもらいたいところです。ゲームは、今年もあまりできなかったんですが、一番やったのは「Forza Horizon 3」ですかね。

 毎年のように書いていますが、当ブログを続けていくことが厳しい状況だったりします。今年は体力的気力的に特にキツかった。来年の今ごろまで書き続けられているのかどうなのか……ま、ブログ11年目の来年も続けられる限りは書き続けるつもりですけど、どうかなぁ。「WELQ」やらのキュレーションサイト(まとめサイト)がどーたらこーたらの騒ぎを見ていると、真面目に文章書いてネット上にアップするのなんて本当にバカらしい行為に思えてきますしねぇ(私はまとめサイトの存在自体大嫌いで絶対見ないのですが、わざわざあのテのパクリか都合の良いデマゴーグ即ちウソがコンテンツなサイトに閲覧者が集まるってことは、ネットが求めているものが結局パクリか都合の良いウソってことなのでしょう。もっと言えば、ネットでは良質な記事なんてもんは不要で、酷い文章をアップして汚くカネ集めする卑怯な人間だけがいれば良いってことなんでしょう、残念ながら)。買い占めて卑劣な利益を貪る転売屋がいつまでも消えないのと同じで、ネット上では卑怯卑劣な輩ばかりが蔓延るようになってしまうのはどうしようもないんでしょうかね。体力も時間もどんどん奪われていく中、こんなネットの絶望的現実に気力までも根こそぎ持って行かれそうですけど……ま、もう少し頑張りましょうかね。

 2017年は、良い1年でありますように。

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

詮無きことを、10年

 私がブログなるものを書き始めて、丸10年になりました(初めて書いた記事は、2006年8月16日にアップ)。
 MicrosoftがやってたLive Spacesで始めて(Live Spacesの分は、現在はwordpressに移行保存)、Live Spaces消滅騒動でここココログに移動してからも6年が経過して……合わせて10年。「詮無きことを」も随分と長く続いたものです。
 とはいえ、体壊して一眼レフでの写真撮影が難しくなったことからメインのコンテンツだったホビー系の記事を書かなくなってはや2年半……近年はF1の感想文ぐらいしかブログに記事をアップしておらず、その感想文でさえ中継見てすぐに書き上げることができずにいたりします。即時的な発信はTwitterでするようになったってこともあるのですが、そのTwitterでのツイートさえも最近はしんどく感じるようになってしまっていて……以前より体力的に厳しいだけでなく、気力も相当衰えてしまいました。今年は先月に国政選挙(参議院議員通常選挙)があってそれについての記事作成の準備もしたのですが、記事の形には結局できなくて……もう以前のような長文記事は書けそうにないです。
 というわけで、「10年を機に、ブログはやめようか」とも考えていたのですけど……F1がまだシーズン途中ですし、開幕記事を書いたリオ五輪も開催中だったりと今このタイミングではあまりにキリが悪いので、まだ続けることとします。

 ただ、私の状態が現在いろいろとよろしくなかったりするもので、年内は当ブログの更新ペースがさらに落ちるかもしれません。が、体の持つ限りはなんとかこの「場」を存続させたいと思っております。
 当ブログを、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2016年1月 4日 (月)

謹賀新年 2016

 新年あけましておめでとうございます。
 今年の正月三が日は、昨年録りためたTV録画分の消化とスポーツTV観戦に明け暮れておりました。今年のスポーツイベントは、例年通り元日に行われた天皇杯サッカー決勝ではガンバ大阪が浦和レッズに勝利して連覇達成。2日の大学ラグビー準決勝は、東海大が明治に、帝京が大東文化大にそれぞれ勝って決勝進出。2日~3日にかけて行われた箱根駅伝は、青山学院大が往路復路全ての区間を制して完全優勝達成。ライスボウルは、パナソニックが立命館大を下しました。
 今年は……そうだなぁ、穏やかで落ち着いた1年になってくれればと思っておりますが、記事を書き続けられるように可能な限り頑張りたいと思っています。

 本年も、「Bleumer's Diary 詮無きことを II」をよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2015年12月31日 (木)

ゆく年くる年 2015

 大晦日です。2015年・平成27年も終わろうとしています。
 今年は、世間的には安保法制とかいろいろあることはありましたけど……近年トラブルになってるハロウィンみたいなもので、デモやらデマやらで騒ぐ連中が騒いだだけというか、フツーの人にとってはシラけた1年だったような気がします。2015年を代表するような言葉もなければ、楽曲とかでも「流行の」「社会現象」と呼べそうなものが何もない1年だったような(あえて上げれば、大活躍したラグビー日本代表・五郎丸歩選手ぐらいですかね)。年末になって政府が突然韓国と外相会談して従軍慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と発表した(※ただし、口約束のみ)ことで個人的には「何いい加減なこと言ってんだ、こいつら?」と憤ったりもしましたが、これに対しても世間の反応はひたすら薄く、とにかくシラけムード一色だったような(この件は、相手が相手だけに反応しない方が賢明といえば賢明かも)……まぁ、去年がウソ尽くしの1年で呆れて、何でもバカ騒ぎしたもん勝ちだったことへの反動から、冷静になってシラけた社会になってしまったのかもしれませんが、これはこれで「冷めすぎてやしないか?」と少し心配な感もあります。日本社会から活力というかエネルギーが完全に失せてしまっているような。来年は、もうちょっと「熱さ」みたいなものも取り戻さないといけませんかね(ウソとかに踊らされない限りで、というのが大前提ですけど)。

 Bleumer個人にとっての2015年は、久しぶりに落ち着いていた1年であったといえるのですけど……落ち着いてた分、私も少し冷め加減だったかもなぁ。今年はケータイの更新年だったのでiPhone6s Plusに機種変更したり、あと記事にはしていませんけどCore i7-2600K(Sandy Bridge)のままだった自作PCをCore i7-4790K(Devil's Canyon)に入れ替えたりもしましたが……新規に何かを投入したりってのはあまりなかった気がします。「D750か、D810か」とか言ってたデジタル一眼レフも、今年も結局買えませんでしたし。それよりも、今年は秋にVAIO Lの動作がおかしくなって1ヶ月以上ひたすら修復してたこととかの方が記憶に残ってますわ。ホビー系では、今年はバンダイのROBOT魂 <SIDE AB> レプラカーンに感激しましたわ。レプラカーンは人気の機体で二度キット化されていますが、いずれも設定画準拠で横幅がでかく、極めて短足でした。しかし、それだと劇中のイメージとかけ離れている上に、単純に不格好なんですよね。その点、今回のロボ魂版はスタイル面で完全に刷新され、ビランビー同様の人型で造形されてて実にカッコ良く、「これだよ、このプロポーションだよ!俺が30年以上待っていたレプラカーンは!!」と思いました。手にしたときは、本当に嬉しかったなぁ。フィギュアは、今年はアルターの年でしたかねぇ。シャルロット&セシリアやローナの水着Ver.も良かったし、アリーシャも南ことりも凄かった。あと、桐崎千棘も“角度限定”だろうと思ってたら全方位OKのとてつもない完成度でたまげました(これは本当に凄い)。この千棘がうちにきた分では一番かな。アニメ作品では、「SHIROBAKO」ですかね。声優目指してる子が2クールの間ずっと苦労して苦労して最後の最後でチャンスを摑んだところはジーンときました。心の底から「良かったね」と言えるエンディングって滅多にないので、あれは強烈な印象が残りましたよ(ハッピーエンドは数あれど、たいてい「ふーん」で終わるし、すぐ忘れてしまう)。本当に良かったです、はい。ゲームは、今年もあまりできなかったんですが、ま、私的には「Forza Motorsport 6」ですかね。

 昨年も書きましたが、当ブログの存続自体引き続き厳しい感があります。記事用の写真撮影ができず今年もホビー系の記事が書けず終い(レプラカーンは書きたかったなぁ)。テキスト作成も長文は厳しくて、重い話ネタは今年結局1本も書きませんでしたし。近年当ブログのメイン(?)になってしまったF1も、来年はフジ系列で放送されるかがかなり怪しいらしく……「ついに、書けない事態に突入か!?」みたいな。続けられる限りは当ブログも何とか続けたいと考えてはいますけど、どうかなぁ。ま、頑張りたいと思います。
 2016年は、良い1年でありますように。

| | コメント (0)

2015年1月 4日 (日)

謹賀新年 2015

 新年あけましておめでとうございます。
 今年も正月三が日は、スポーツTV観戦に明け暮れておりました。例年元日に行われる天皇杯サッカー決勝は、アジアカップ開催のため昨年末行われてしまったので、今年はなし。2日の大学ラグビー準決勝は、筑波大が東海大に、帝京が慶応にそれぞれ勝って決勝進出。2日~3日にかけて行われた箱根駅伝は、往路/復路ともに青山学院大が優勝。ライスボウルは、富士通が関学大を下し、チーム初の日本一を勝ち取りました。
 今年は、日本社会も、私自身も、落ち着いた1年になってくれればと思っております。当ブログも、落ち着いてつらつらと気ままに書き続けて行けたらよいのですけど……そうなるよう、可能な限り頑張るつもりです。

 本年も、「Bleumer's Diary 詮無きことを II」をよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2014年12月31日 (水)

ゆく年くる年 2014

 大晦日です。2014年・平成26年も終わろうとしています。
 今年は、ソチ冬季オリンピックやサッカーW杯ブラジル大会もありましたけど……なんというか「ウソばれ」の年とでも言うのか、いろいろバレた1年でしたね。1月のSTAP細胞発表に始まり(※1月時点では「世紀の大発見」でしかなく、まさか虚偽とは思わなかったが)、2月には「全聾の作曲家」にゴーストライターがいたことが発覚。4月はSTAP細胞論文が不正と認定され、5月には「美味しんぼ」鼻血騒動で“反原発”の本性(自分の理不尽かつ身勝手な主張を通すためだけに、被災地である福島を「汚染地」/そこで暮らす人々を「鼻血を出しているのに隠している」と愚弄)が露呈し、また「パソコン遠隔操作事件」の犯人とされるも無実を強く主張し保釈されていた男がメールで偽装工作をしていたことが発覚。7月には政務調査費の不適切な流用を指摘された兵庫県議が“号泣会見”。8月には朝日新聞が従軍慰安婦報道における“吉田証言”が虚偽であったとして突然特集記事を発表するも謝罪せず、9月には政府が“吉田調書”を公表してしまったためにそれまで朝日新聞が連載していた“吉田調書”に関する記事に捏造があったことが発覚(こちらについては朝日新聞が正式に謝罪)。そして、12月には検証実験で再現不可能だったことからSTAP細胞の存在自体が完全否定されました。「ウソは必ずバレる」ということが証明されたのは良かったといえば良かったのですが……ウソの内容が酷ければ酷いほどになぜかヒステリックで理不尽な擁護意見がつき、そのせいでウソの責任がうやむやにされてしまう、という今の日本社会の問題点が浮き彫りになってしまったことは残念極まりなかったですな。朝日新聞擁護は当然のように強いものがありますし、「Nature」誌も巻き込んで日本の研究全般への信頼を失墜させたSTAP細胞の女性研究員に対しても異様な擁護意見が一部に今なおありますし、「美味しんぼ」作者の擁護も一部で根強かったりしますけど、個人的に一番失望したのは「パソコン遠隔操作事件」容疑者への異常極まりない擁護(というか、警察司法への攻撃)でした。一時ネットまで擁護側が大勢となって無実無実と騒ぎ回ってたくせに、男の稚拙な工作が明らかになった途端、騒いでいた連中は黙りこくって後は知らぬ存ぜぬ。その後、9月に神戸女児殺害事件が起こると性懲りもなくまた出てきて警察非難で騒ぎ回って……「ここまで日本って落ちぶれたのか」とガッカリしましたよ。「騒いで他人や社会を罵ることさえできれば何でも良いのか」「ウソつきがこうも世に蔓延るのって、結局は私たち自身が大ホラ吹きの登場を望んでいるからではないのか」、そう思えてきて、本当にイヤな1年でしたわ。

 Bleumer個人にとっての2014年は、まぁ、手術やらなんやらいろいろありまして、今年も大変な1年になってしまったんですけど……そんなこんなでストレス溜まって、あれこれ買いこんでしまいましたねぇ。WindowsタブレットとかVAIOとかnasneとかXbox Oneに、iPadとか。あとブログには書けませんでしたが、実はPS4も買っちゃいましたし(ポイント大幅増のときに、ついw)。ホビー系の製品も当然ながらバシバシ買っちゃったりしたんですけど、結局ブログで記事にはできませんでしたね。DX超合金バルキリーやアルカディアのYF-19、ロボ魂のズワァースやオージェやバイファムなど、記事として面白そうなのもしっかり買いあさってたんですが、1つも書くことができず残念です。写真さえ準備できれば記事作成もなんとかなりそうではあるのですけど、体力面でも気力面でも現状では厳しく、当分ホビー系記事の更新は無理かなって感じですわ。フィギュアは、そうだなぁ、今年はアルターのアティとかエクスプラスの姫柊雪菜とかメガハウスのティエリア・アーデやコトブキヤのシノンも良かったけど、グッドスマイルカンパニーの「アスナ -血盟騎士団Ver.-」が一番素晴らしかったかな。驚いたのはRAH ミカサ・アッカーマン。「可動フィギュアもここまできたか」と感心しました。アニメ作品では、「スペース☆ダンディ」もぶっ飛んでて面白かったけど、「マンガ家さんとアシスタントさんと」が一番の衝撃でしたねぇ。1回分が15分もないのに三話構成であの内容でバカ笑いできて……毎回毎回「どーなってんだよ!?」ってアタマ抱えましたわw。ゲームは、あまりできなかったけど、「戦国無双4」も良かったものの「Forza Horizon 2」が1番でしたかね。

 正直言うと、当ブログの存続自体厳しい感もあったりします。記事用の写真の撮影だけでなくテキスト書くのも結構辛くて、来年も維持できるのかどうなのか、あまり自信なかったりするのですが……まぁ、何とか続けられる限りは続けたいと思ってはいます。体調とか、元に戻ってガシガシ書けるようになってくれれば良いのですけどね。
 2015年は、良い1年でありますように。俺は、体調を戻すことが最優先だけど、財布の紐もしっかり締め直さないとなw。

| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

謹賀新年 2014

 新年あけましておめでとうございます。
 例年通り、今年も正月三が日はスポーツTV観戦に明け暮れておりました。元日の天皇杯サッカーは、横浜Fマリノスが2-0でサンフレッチェ広島に勝利し、昨年のリーグ戦の雪辱を果たしました。2日の大学ラグビー準決勝は、早稲田が筑波大に、帝京が慶応にそれぞれ勝って決勝進出。2日~3日にかけて行われた箱根駅伝は、往路/復路ともに東洋大が優勝。あと、今日行われたライスボウルは、オービックが関学大を34-16で完勝し、社会人4連覇を達成しました。
 また、毎年恒例になった「相棒」の元日スペシャルも、今日放送された「おみやさん」の新春スペシャルもどちらも面白かったですわ。テレビ朝日のドラマは今年も絶好調ですかねぇ?

 今年はソチ冬季五輪とサッカー ワールドカップ ブラジル大会が行われる1年でもありますね。当ブログも、2014年が絶好調な1年になればよいのですけど……ま、そうなるよう、可能な限り頑張るつもりではあります。

 今年も、「Bleumer's Diary 詮無きことを II」をよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2013年12月31日 (火)

ゆく年くる年 2013

 大晦日です。2013年・平成25年も終わろうとしています。
 Bleumerの2013年は、ケータイをiPhone4SからGRATINA+iPhone5sの2台体制に変更したりしました。
 他方、春頃からずっと体調が優れなかったところ、秋になって実は結構重い病を患っていたことが判明しまして……現在も治療中だったりしますが、これがまた長くかかりそうでして、個人的には非常に辛い1年となってしまいました。
 病気の治療がそれなりに進めば、おそらく今まで同様に写真付きの記事をじゃんじゃんアップできるようになるのですが、現状では記事のための写真を撮って準備するのが厳しく(というか、事実上不可能だったりする)、ホビー系の記事はまたしばらくの間お休みということになります。また、テキスト記事も更新頻度はしばらくの間落とさざるを得ず、最悪の場合は当ブログの更新自体の停止も考えないといけないかもしれません。
 まぁ、更新停止なんてのはあくまで最悪の場合でして、そんなことにはならないようにしたいと思っています。この国のブログがPV稼ぎのために世間の関心をひたすら煽るだけのロクでもない有名ブログとか、アフィリエイトのためだけの宣伝文句とリンクだけのブログとかだけになってしまったら、面白くも何ともありませんからね。そんなことにはさせませんよ(なんか、偉そうなこと言ってみたw。本当に、本当に大嫌いなんですよ、今の日本のブログの現状が。だから私はひたすら非アフィリエイトで当ブログを書いています)。そのためにも、来年は頑張って、体をしっかり直さないとな。

 来年2014年が、良い1年でありますように。 

| | コメント (0)

2013年12月 4日 (水)

ココログのアクセス解析変更

 昨日よりココログのアクセス解析がリニューアルされ、移行期間に入った(※来年1月31日まで旧アクセス解析も利用可能)のですが……解析の方向性が変わりログ履歴(生ログ)がわかりにくくなってしまった点以外は、悪くない感じですな(生ログは今のままの形で残してもらいたいけど)。
 数ある無料ブログサービスの中から私がここココログを選んだ最大の理由は、詳細なアクセス解析機能がついているからでした。それを「変える」というのでかなり心配していたのですが、これなら大丈夫ですかね(生ログは今のままの形で残してもらいたいけど。いや、冗談抜きで)。
 ま、私は「ココログフリー」という無料版のサービスを利用しているにすぎない人間なので、ココログ運営のサービス変更につきあれこれ文句を並べられる立場にはないのですが、ユーザーの1人としてココログはこれからもユーザーフレンドリーなブログサービスであり続けてもらいたいと願っております。

 えー、管理人不調のため、当ブログのホビー系の記事更新をまたしばらくの間お休みいたします。
 あと、コメント欄も一時的に公開認証制といたします。夏同様、認証制は解除し次第、記事で発表いたしますので、申し訳ありませんがご了承願います。

| | コメント (0)