« F1 2018 日本GP | トップページ | F1 2018 ブラジルGP »

2018年10月31日 (水)

新型iPhone&新型iPad発表 2018

 Appleが日本時間の昨晩から新製品発表会を開催し、新型「iPad Pro」と新しい13.3型「MacBook Air」&「Mac mini」を発表しました。

 今回の発表から遡ること1ヶ月半以上前の9月12日(現地時間)に今年の新型iPhoneは発表されたのですが……先行して発売された「iPhone XS」「iPhone XS Max」のお値段があまりに高すぎることに呆れかえってしまい、例年のように即記事にすることもどっかへいってしまいました。
 だって、私が使ってきたデカいiPhoneだけ見てみても、
au版 iPhone6s Plus  64GB:端末価格109920円/実質負担額51480円
au版 iPhone 8 Plus 256GB:端末価格121680円/実質負担額57600円
だったところ、今回は
au版 iPhone XS     256GB:端末価格146880円/実質負担額81840円
au版 iPhone XS Max 256GB:端末価格159840円/実質負担額94800円
 (※最大ストレージ容量の512GBだと、25000円ほどそれぞれ上乗せ)
なんてことになってしまったのですから。特に、au版 iPhone XS Max 512GBモデルの実質負担額119760円というのはホントに衝撃でした。もはや「俺は買えない」値段のつけ方だと感じましたよ。
その後、
au版 iPhone XR     256GB:端末価格116640円/実質負担額58320円
という発表がなされて、ホッとしました。「もう新しいiPhoneは買えないかな」と本気で考えてましたし、「これなら買えるな」と安心しましたからね。ただ、“廉価版iPhone”という位置づけのXRしか事実上買えない、となると……「もう、iPhoneはいいか」って感情が強くなってしまいます。今回ほど「今年が機種変更の年でなくてよかった」と思ったことはありませんわ。私の機種変更の時期となる来年は、値段のつけ方を見直していただきたいです。
 だがしかし、来年のiPhoneがどうなるかは現時点ではわかりません。XS系が世界中で売れてしまえば、来年はもっと高額な端末になっててもおかしくない上に、XRみたいな“救済策”は消えてしまいかねなかったりします。今後のiPhoneはどうなっていくのか……さらに、総務省の干渉で「毎月割」のような端末割引制度も消えてしまいかねなかったりしますし、Android端末もフラッグシップ機は高騰する一方だったりしますしねぇ。スマートフォンのこれからってどうなっていくのか不安ですな、本当に。なんとか買える範囲の値段で出していってもらいたいです。

 で、もうひとつのiOSデバイスであるiPadの新型が発表になりました。12.9型液晶を搭載した初代iPad Pro登場以来目立った進化が見られなかった近年のiPadでしたが、今回はドカンと変えてきましたね。ウワサでは有機ELになるとも言われていましたが、結局は液晶のまま12.9インチと11インチの2種類の画面サイズで展開。ただ、ベゼルはグッと狭まり、ホームボタンも廃してiPhone X系と同様の「Face ID」認証に移行。そして、こちらはウワサ通りにLightning端子が廃止され、USB Type-Cに。さらに、最大の強化点は、プロセッサがA11Xをとばして「A12X Bionic」になったこと。CPUが8コア(高性能コアx4&省電力コアx4)でApple曰く「市場にある92%のモバイルノートより高速」だそうで……iPhoneに載ってるA12から高性能コアが倍になってるとなれば、あながち間違いでもなさそうですな。またGPUも7コアあって、性能はA10Xの2倍とか……これらが合わされば、とんでもない処理能力だと思われます。
 「こいつは買いだ!」と直感的に思ったのですが……気になったのは、今までのiPad Pro用のオプションが全く使えないこと。特に、スタイラスペン「Apple Pencil」がLightning廃止で新型には使い回せないんですよね。となると、今回同時に発表された第2世代の「Apple Pencil」(税込15660円)も買わざるをえず、予算的に「キツいな」と。今うちで使っているiPad Air 2(Wi-Fi 128GB)を更新したいのですけど、そのために11インチのWi-Fi 256GBモデルを買うにしても、本体115340円にPencilが15660円にAppleCare+が15980円で、他にカバーやら液晶保護フィルムやらとなると……正直「うむむ」って感じになってまして、「(Air 2と併用している)初代iPad Proを更新するときまで待つか」とも考えています。

 一時期「保守的」に過ぎる時期もあったAppleですが、昨年のiPhone Xからデザインもハードもいろいろ積極的に変えてきていて、かつ完成度も高い製品に仕上げてきているのは素晴らしいことだと思います。ただ、価格も上がってしまっているので、こちらの買い替えはなかなか積極的にやれないのがなんとももどかしいですな。とはいえ、デバイス更新の時期はきているので、なんとか予算を確保していきたいと思っております。
 あと、別のウワサとして来春にiPad miniの新型がでるというものがあるのですが、こちらは是が非でも実現してもらいたいです。私にとって、常時携帯可能なモバイルネット端末としてはiPad miniのサイズと使い勝手が最高なんです。本体のデザインとかは変わらなくても良いので、A11やA12あたりのプロセッサを積んでブラッシュアップしてそれなりの値段だったら、ホント即買います。Appleさん、よろしくお願いいたします。

|

« F1 2018 日本GP | トップページ | F1 2018 ブラジルGP »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2018 日本GP | トップページ | F1 2018 ブラジルGP »