« F1 2018 ハンガリーGP | トップページ | F1 2018 鈴鹿サーキット開催契約更新 »

2018年8月24日 (金)

その名は「Z」

 1年半ほど前に「ニコンが不調」という記事を書きましたが、カメラカテゴリーでそれ以来となる記事を書くときがいよいよ来たようです。

 そのニコンが、ミラーレス一眼に再参入し、今度はフルサイズセンサー&新レンズマウントできましたよ。その名は「Z」<公式プレスリリース>。
「事業規模を縮小してでもプロ用カメラと共通する一眼レフに特化し、徹底して高品質な一眼レフを作るメーカーになる……私ならそうする、かな。ま、あまりに特化しすぎると将来性をも完全に閉ざしかねないと考えるならアドバンストカメラ(ミラーレス)は続けておくべきかもしれませんが、仮に続けるならシステムごと再構築すべきでしょうね。Nikon1のような中途半端な製品ではなく、「ああ、たしかにこれはニコンだな」ってわかりやすい製品にしてもらいたいです。」などと先の記事で偉そうなことをぶっこいてみたわけですけど……今回は本当に中途半端なものではなく、「Zマウント」という新規の大口径マウントを策定してシステムごと再構築してきましたね。ニコンには伝統の「Fマウント」があるわけですけど、44mmという口径の小ささと、何より長すぎるフランジバック(46.5mm)では、さすがにフルサイズのミラーレス一眼は厳しいですわな(できなくはないだろうけど)。というわけで、今回の「Zマウント」は口径55mm/フランジバックに至ってはなんと16mmですよ。キヤノンEFマウントをも上回る大口径に、ソニーEマウントやキヤノンEF-Mマウントに対し2mmも短いフランジバックで、さらにボディレンズ間の高速大容量通信にも対応(※スペックは非公開で不明)しているようでして……ついに、長年マウントで苦労してきたニコンが最先端のマウントを手に入れるって事になりますなぁ。もちろん、最新の高性能マウントだろうと交換レンズが揃わなければ宝の持ち腐れだし、先代「ニコン1マウント」みたいに打ち切り(※おそらく)になったらそれこそマウントとしては無価値になってしまいかねないわけですから、「Zマウント」も今後次第ではあるのですけど……ま、本気度高いですし、おそらく今回は大丈夫でしょう。Zシリーズのカメラがそれなりに売れさえすれば、順調に発展していくのではと思います(そうなったら、今度はFマウントがフェードアウトしてしまいそうだけどw……って、笑い事じゃねーか)。
 で、そのZシリーズのカメラ本体の方は、今回「Z7」「Z6」の2機種が用意されており、Z7が4575万画素/Z6が2450万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、感度はZ7がISO 64~25600/Z6がISO 100~51200。ほか、連写最高コマ数がZ7は約9コマ/秒に対しZ6では12コマ/秒だったり、測距点数でZ7が493点/Z6は273点だったりするようですが、基本的には同じボディみたいですね。なんか、モデル構成やスペック面でもフルサイズミラーレスで先行しているソニーのα7シリーズに似通っているように見えますが……まぁ、後追いで出すわけだし、この辺は仕方ないところでしょうか。で、気になるお値段は、α7Ⅲ対抗となる「Z6」はボディのみで実売価格20万円台後半で似たようなところにしてきましたが、α7ⅢR対抗となる「Z7」はボディのみで40万円超えてますなぁ(ヨドバシドットコムだと税込437400円)。「FTZ」というマウントアダプター(Fマウントのレンズが使えるようになるアダプター)が同時発売されるとはいえ、新規の投資が必要な新システムのカメラとしては結構強気な価格設定に思えます。「Z7」に関しては同じく4575万画素のセンサーを搭載した一眼レフ・D850(ボディのみ実売価格約40万円)の販売が絶好調なことも考慮したのかもしれませんな。

 今、この2機種のどちらかを私が予約するとすれば、高解像な「Z7」よりオールラウンダー的(D700的)な「Z6」ってことになりますが……やはり新システムとなると投資額がどうしても大きくなりますから、同じフルサイズセンサーで今まで通りにFマウント用レンズが使える一眼レフのD750/810/850と比べてしまいます。20万円を大きく割り込むこともあるD750、ちょっと古くなったけど実績あるD810、良いですよねぇ。それにD850もなぁ。店頭でちょっとファインダー覗いただけで私も惚れてしまいましたからねぇ……あの値段でバカ売れするのも無理もない、すごく良くできたカメラだと思います(予算の都合さえつけば、今すぐにでも買いたいw)。実際に「買う」となると、いろいろ考えさせられそうですな。ああ、「一眼システムを新しく揃える」って人なら、画像処理とかいろいろ新しくなってる以上問題なくZシリーズでしょうかね(Zシリーズの記録メディアはXQDのみってのも、新たにシステム揃えるならそれほど問題にはならないだろうし)。

 デジタルカメラメーカーが売れ行きの激減で総じて苦しい状態な中、Zシリーズも好調に売れ続けているD850に続くヒット商品になると良いですね。
 あ、もしZシリーズのTVCMやるのであれば、ぜひ水木一郎アニキにやっていただきたいですゼーーーーット!!

|

« F1 2018 ハンガリーGP | トップページ | F1 2018 鈴鹿サーキット開催契約更新 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

こちらはキャノンが人気でニコンのカメラを持ってる人は見たことがないです.

投稿: Aya | 2018年9月 4日 (火) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2018 ハンガリーGP | トップページ | F1 2018 鈴鹿サーキット開催契約更新 »