« サッカーW杯ロシア大会グループリーグ終了 | トップページ | サッカーW杯ロシア大会準々決勝終了 »

2018年7月 5日 (木)

F1 2018 オーストリアGP

 F1第7戦・カナダGP決勝が6月10日、第8戦・フランスGP決勝が6月24日、第9戦・オーストリアGP決勝が7月1日に行われました。

■F1第7戦 カナダGP
・予選
1位 ベッテル(フェラーリ) 
2位 ボッタス(メルセデスAMG)
3位 フェルスタッペン(レッドブル)
12位 ハートレー(トロロッソ)
16位 ガスリー(トロロッソ)
・決勝
優勝 ベッテル(フェラーリ)
2位 ボッタス(メルセデスAMG)
3位 フェルスタッペン(レッドブル)
11位 ガスリー(トロロッソ)
リタイア ハートレー(トロロッソ)
「Driver of the Day Award」ベッテル/「Fastest Lap Award」フェルスタッペン/「Fastest Pit Stop Award」レッドブル

■F1第8戦 フランスGP
・予選
1位 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 ボッタス(メルセデスAMG)
3位 ベッテル(フェラーリ)
14位 ガスリー(トロロッソ)
17位 ハートレー(トロロッソ)
・決勝
優勝 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 フェルスタッペン(レッドブル)
3位 ライコネン(フェラーリ)
14位 ハートレー(トロロッソ)
リタイア ガスリー(トロロッソ)
「Driver of the Day Award」ベッテル/「Fastest Lap Award」ボッタス/「Fastest Pit Stop Award」ザウバー

■F1第9戦 オーストリアGP
・予選
1位 ボッタス(メルセデスAMG)
2位 ハミルトン(メルセデスAMG)
3位 ベッテル(フェラーリ)
12位 ガスリー(トロロッソ)
19位 ハートレー(トロロッソ)
・決勝
優勝 フェルスタッペン(レッドブル)
2位 ライコネン(フェラーリ)
3位 ベッテル(フェラーリ)
11位 ガスリー(トロロッソ)
リタイア ハートレー(トロロッソ)
「Driver of the Day Award」フェルスタッペン/「Fastest Lap Award」ライコネン/「Fastest Pit Stop Award」レッドブル

 カナダGPの舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットはエンジンパワーが物をいうサーキットであり、6戦使ったPUではキツいこともあってか、フェラーリ/ルノー/ホンダは予想通り新型PUを持ち込んできました。が、メルセデスは新型の開発が間に合わなかったとかで投入を延期。メルセデスPU勢は7戦目のPUで戦うことに。そのせいだけかはわかりませんが、ここを大得意にしているはずのハミルトンが今年は不調で、予選4位/決勝5位という結果に終わりました。勝ったのはベッテルで、ポールトゥウィンの完勝で通算50勝目。フェラーリがカナダGPで優勝するのは、2004年のミハエル・シューマッハ以来で実に14年ぶり。
 フランスGPは、マニクール・サーキットで2008年に開催された(優勝者はフェラーリのフェリペ・マッサ)のを最後に途絶えていましたが、今年10年ぶりに開催されることとなり、場所もポール・リカール・サーキットに移りました。ポール・リカールでのF1開催は1990年(優勝者はフェラーリのアラン・プロスト)以来で、こちらも実に28年ぶり。ホンダエンジンが最強だった時代以来ということでポール・リカールでのF1を凄く楽しみにしていたのですけど……レース的には、スタート直後からクラッシュ続出となってしまって(特に1コーナーでのボッタスとベッテルの接触が痛かった。一気に緊張感が消えた)面白みはイマイチだったように感じました。メルセデスが新型PUをここで投入し、ピレリがブリスター発生リスクを抑えるべく通常よりコンパウンドを若干薄くしたタイヤ(※すでにスペインGPで使用。イギリスGPでも使用予定)を持ち込んでいたこともあって、メルセデスAMG勢が好調で、ハミルトンが難なく優勝。ベッテルは追い上げたものの結局は5位フィニッシュ。ここではモナコ出身の新人ルクレール(ザウバー)が初のQ3進出を決めて予選8番手/決勝10位でポイントゲットと目立つ活躍をしました。
 オーストリアGPは、引き続きメルセデスAMG勢が好調で、ここを得意とするボッタスがPP獲得/ハミルトンが2番手とワンツー体制を築き、その上ベッテルが妨害行為で3グリッド降格となってしまい“盤石”かと思われましたが……決勝では、まさかのダブルリタイアとなってしまいました。マシンストップの原因は、ボッタスが油圧低下/ハミルトンは燃圧低下のようで、新型PUそのものの故障ではないようなのですが……メルセデスAMGにとっては2016年スペインGPでの“同士討ち”以来のダブルリタイアということで、陣営の受けた衝撃はかなり大きいようですな。勝ったのはフェルスタッペンで、今季初優勝&通算4勝目。また、レッドブルはホームグランプリで初勝利をあげました。また、メルセデスAMG勢が全くのノーポイントの一方2位にライコネン/3位ベッテルということで、ベッテルがドライバーズランキング首位/フェラーリもコンストラクターズランキング首位に浮上しました。

 6月19日、ホンダが2019年からレッドブルにパワーユニットを供給すると正式に発表しました。他方、昨年までそのホンダが悪いホンダが悪いと言い続けてきたマクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエの辞任(事実上の更迭)を昨日7月4日に発表されました。いやぁ、来年から本当に「レッドブル・ホンダ」が現実のものになるなんて嬉しい限りではありますが、今年のトロロッソ・ホンダを見てもとても「順調」とは言えない状態なわけでして……期待よりも「大丈夫、かなぁ?」って心配の方が先に立ってるのが現実なのですが、どうなるのでしょうか。今年のトロロッソでの経験とデータがレッドブルの車体開発に活かされて、レッドブルとトロロッソの「ホンダ勢」が共にうまく回っていけばいいのですけどね。

 F1史上初めての3週連続開催ということで、明日からイギリスGPが始まります。時間のほとんどない中、メルセデスAMG勢というか母国GPとなるハミルトンは調子を取り戻すことができるのでしょうかね。

|

« サッカーW杯ロシア大会グループリーグ終了 | トップページ | サッカーW杯ロシア大会準々決勝終了 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

マクラーレンの実力はどの程度でしょうか?
強いですか?
スーパーカーは評判はいいみたいですね.

投稿: Aya | 2018年7月23日 (月) 07時24分

マクラーレンのF1部門は、「名門」と言っていい古くからあるプライベートチーム(メーカーワークスではないチーム)なのですが……デザイナーにジョン・バーナードとかエイドリアン・ニューウェイが在籍していた頃の“常勝”時代とは異なり、今年は最下位争いをするレベルにまで落ちぶれています。
ただ、もうひとつの「名門」かつ“常勝”時代があったプライベーターのウィリアムズも近年はずっと最下位争いするレベルに落ちぶれてしまっているので、「F1はワークスでないと勝てない時代に変わってしまったんだ」と考えるべきなのかもしれません。
マクラーレンのスーパーカーを作っているロードカー部門は、仰る通り評判も良く、今も順調なビジネスをやっていると思います(ちなみに、ウィリアムズのエンジニアリング部門も同様)。

投稿: ブルーメール | 2018年7月23日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーW杯ロシア大会グループリーグ終了 | トップページ | サッカーW杯ロシア大会準々決勝終了 »