« 大阪北部地震から一週間 | トップページ | F1 2018 オーストリアGP »

2018年6月29日 (金)

サッカーW杯ロシア大会グループリーグ終了

 サッカーW杯ロシア大会は6月14日に開幕し、グループリーグ全48試合が終わりました。各グループごとの結果を、簡単に記事にしておきます。

※()内の数字は勝ち点。
グループA
1位:ウルグアイ(9)
2位:ロシア(6)
3位:サウジアラビア(3)/4位:エジプト(0)
グループB
1位:スペイン(5)
2位:ポルトガル(5)
3位:イラン(4)/4位:モロッコ(1)
グループC
1位:フランス(7)
2位:デンマーク(5)
3位:ペルー(3)/4位:オーストラリア(1)
グループD
1位:クロアチア(9)
2位:アルゼンチン(4)
3位:ナイジェリア(3)/4位:アイスランド(1)
グループE
1位:ブラジル(7)
2位:スイス(5)
3位:セルビア(3)/4位:コスタリカ(1)
グループF
1位:スウェーデン(6)
2位:メキシコ(6)
3位:韓国(3)/4位:ドイツ(3)
グループG
1位:ベルギー(9)
2位:イングランド(6)
3位:チュニジア(3)/4位:パナマ(0)
グループH
1位:コロンビア(6)
2位:日本(4)
3位:セネガル(4)/4位:ポーランド(3)

 おおよそ「予想通り」といえる結果になったグループが多かったかと思いますが、「番狂わせ」になったのはグループDとFとHですかね。グループDは結果だけ見るとそれほどでもないようにも見えますが、2戦終わってアルゼンチンが勝ち点1しかない状況に追い込まれ、3戦目にナイジェリアに勝ってなんとか決勝トーナメント進出を決めました。グループFは前回優勝のドイツが、初戦でメキシコに敗れ、3戦目には韓国にも敗れ、なんと最下位……大番狂わせとなってしまいました。グループHは、初戦でポーランドがセネガルに敗北/コロンビアが日本に敗北するという大波乱の幕開けとなり、2戦目でポッド1のポーランドの敗退が決定したものの、3戦の最後の最後まで順位が決まらず、結局はくらったイエローカードの枚数がセネガルより少ない日本が2位となりました。

 今大会の日本は……前大会のザッケローニ監督を引き継いだアギーレ監督をアジアカップ終了後に解任、その後引き継いだハリルホジッチ監督でW杯アジア予選を突破したものの、W杯本大会開幕2ヶ月前というタイミングでこれまた解任。しかも大会直前での解任なのにその理由がはっきりせず、その後を引き継いだ西野朗監督は本大会に出場する代表選手の選考理由として「ポリバレント」という言葉を使いながら、コンディションがよろしくないはず(実際、本大会でもこの3名は90分フル出場はできていない)の本田圭佑・香川真司・岡崎慎司の3名を選出しまして……サッカー云々ではなく、協会がスポンサーのために選手の知名度を優先したのだろうと直感した私はここで堪忍袋の緒が切れてしまいました。何十年も見てきたサッカー日本代表に期待しないことはあっても、応援しないなんてことは今まで1度たりともなかったのですがね……勝利を目指すことよりもカネ優先というのは、私としては結果を出そうが優勝しようがどうあろうと許せないんですよ。そのため、今大会の日本代表は一切応援しないこととしたので、コメントも今大会の日本代表については控えます。

 自国の応援もせずにただボーッと見てても大会を楽しめないので、今大会では走り回ってボールを取れば一気に連動攻撃するメキシコ/世代交代して能力高い若手が揃い活きの良いサッカーをするフランス/世代交代中でさらに若くて勢いあるサッカーを見せるイングランドの3チームを個人的に応援しています。その3チームは揃って決勝トーナメントに進出したので、まずは良かったのですが……決勝トーナメント1回戦でフランスはアルゼンチン/メキシコはブラジル/イングランドはコロンビアとなぜか3チームともに南米勢とぶつかることになってしまい、「ちょっとキビしい、かも?」と感じております。4強は、フランス/クロアチア/ブラジル/イングランドの4カ国あたりかと予想しますが……どうなりますかね。

|

« 大阪北部地震から一週間 | トップページ | F1 2018 オーストリアGP »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪北部地震から一週間 | トップページ | F1 2018 オーストリアGP »