« F1 2018 アゼルバイジャンGP | トップページ

2018年5月 5日 (土)

全ガンダム大投票

 3月2日、NHK BSプレミアムの特番として「発表!全ガンダム大投票」なる番組が5月に放送されると発表され、同日からネットでの投票受付が開始されました。
 というわけで、長年のガンダムファン(通称:ガノタ)である私も、ブルーメール名義で当然しっかりきっちりがっちり投票させていただきましたよ!

 今回の「大投票」の投票先は「アニメ作品」「モビルスーツ[メカ]」「キャラクター」「ガンダムソングス」の4カテゴリーに分類されており、「アニメ作品」は1作のみ/「モビルスーツ[メカ]」は3種類まで/「キャラクター」は5人まで/「ガンダムソングス」は2曲までと個別に投票できる数が設定されていました。
 私が最初に投票したときはこの投票システムに気付かず、カテゴリーごとに1票ずつ投じました。ガノタ歴ン十年の私が「最も投票すべき先はどれか?」を考えに考えて(たしか30分くらい考えた)投票した先はこちら。
■アニメ作品
 機動戦士Ζガンダム(TV版)
■モビルスーツ
 キュベレイ(Ζガンダム)
■キャラクター
 セイラ・マス(1stガンダム)
■ソングス
 月の繭 奥井亜紀(∀ガンダム)
 作品については、始祖たるTV版ファースト(「機動戦士ガンダム」)にしようかとも思ったのですが、「私にとってのベストは?」となると多感な時期に直撃をくらったΖのTV版だろうなって考えました。MSは私にとって最も美しく見たときの衝撃も一番強かったデザインのキュベレイを、キャラもソングスも私にとって最もインパクトのでかかったセイラさんと月の繭を選択しました。
 で、カテゴリーによっては複数投票可というシステムに気付いてから追加投票した先はこちら。
■モビルスーツ
 ジ・O(Ζガンダム)
 サザビー(逆襲のシャア)
■キャラクター
 エマ・シーン(Ζガンダム)
 クワトロ・バジーナ(Ζガンダム)
 アムロ・レイ(逆襲のシャア)
 ホシノ・フミナ(ビルドファイターズトライ)
■ガンダムソングス
 DREAMS ROMANTIC MODE(ガンダムX)
 MSは単に好みで、基本的にNT専用の重MS(1stのジオングから続くラスボスメカ系列)のデザインが好きなのでジ・Oとサザビーを選択。キャラは直撃作品の直撃お姉さんキャラのエマ中尉を選択。また、ガンダムといえばアムロとシャアなので、その2人の一番好きな時期を選択しました。あともう1人を誰にするかはかなり悩みましたが……答えが出なかったので「視点を変えよう」となり、「フィギュアやプラモデルを一番多く買ってるキャラにしよう」となって、数ではダントツで買いまくっているフミナ先輩(すーぱーふみな系含む)にしました。今度全身組み立てキットまで発売されますし(予約済)、この点では史上最強ですな、フミナ先輩はw。ソングスはインパクト歴代No.2の曲を選びました。

 そして、4月2日に「歴史秘話 ガンダムヒストリア」なるNHKらしからぬ悪ノリ特番(※内容は大まじめだった)が放送され、その最後で投票の中間結果と同時に「4月1日までに投票した方も、もういちど上限の回数まで投票できるようになりました!」と発表されまして……深夜の放送をLiveで見てた私は「なんじゃそりゃぁぁぁ~~」とその場でひっくり返りました。
 で、もう1回投票できることになったのですが……むしろ、こっちの方がどう投票するか悩みました。投票した先はこちら。
■作品
 ∀ガンダム(TV版)
■モビルスーツ
 V2アサルトバスターガンダム(Vガンダム)
 ウイングガンダムゼロ(ガンダムW EW版)
 ターンX(∀ガンダム)
■キャラクター
 ランバ・ラル(1stガンダム)
 ハマーン・カーン(Ζガンダム)
 フォウ・ムラサメ(Ζガンダム)
 トレーズ・クシュリナーダ(ガンダムW)
 アイナ・サハリン(第08MS小隊)
■ガンダムソングス
 儚くも永久のカナシ UVERworld
 trust you 伊藤由奈
 (いずれも機動戦士ガンダム00)
 「ぜひとも投票したい」ものには先の投票で投票してしまっているわけでして……「もう1回と言われても」という感じだったのですが、また「視点を変えよう」って考えて投票先を決めました。作品は、歴代で一番好きなものを選択。MSは先のが敵メカ3体だったので今回は主役のガンダム系列からデザイン的に好きなのを3体選びました(1体ラスボスがまたいるが、ご愛敬ということで。あれもガンダム系だw)。キャラはもう視点も変えようがなく、仕方なく上位6番目以降の人を選びました。ラル大尉は他にない敵キャラ/トレーズ閣下は他にないボスキャラ/ハマーン様は他にない女ボスキャラということで。フォウ少尉は直撃作品のメインヒロインなので(劇場版では格下げされたが)。5人目は誰にしようかホントに頭抱えたんですけど、ガンダムには珍しい素直な女性的ヒロインらしいヒロインということでアイナさんにしてみました。0083のドロドロ血まみれ女キャラなシーマ様(シーマ・ガラハウ)にしようか最後まで迷ったんですけど……まぁ、素直な方がいいかなとw。ソングスは平成ガンダムから選びました。「儚くも永久のカナシ」はクールさでは歴代曲でもピカイチだと思います。

 「機動戦士ガンダム」TVシリーズの放送が開始されたのが1979年4月7日。来年4月で40年になるんですなぁ。「ガンダム大投票」における投票先を決めるという作業を通じ、今回改めてガンダムという作品の歴史と、そのガンダムをずっと見てきた私の歴史(黒歴史?)を振り返ってみたわけですが……期間が長いだけに「いろいろあったなぁ」と感慨深かったですね。最初に私がガンダムに興味を持ったのは作品ではなくごく初期のガンプラ(300円の1/144 シャア専用ザクとか700円の1/100 ガンダムとか)からでして、直後の“ガンプラブーム”や劇場三部作(映画館に観に行った)からMSV(「模型情報」読みましたねぇw)、そしてΖにΖΖの本放送が直撃して、逆襲のシャアが公開されて、OVA時代になって0083に痺れてみたり……このへんは私の少年時代学生時代とモロに重なってるんですよね。その後GとかWとかの「これはガンダムなのか?」という葛藤を経て、平成ガンダムに変わると「これはガンダムではない」と怒ってみたり(昭和世代にありがち)、最近では「ユニコーン」や「ジ・オリジン」の超絶作画に酔う一方で「Gのレコンギスタ」にガッカリしてみたり(せめてもう1クールあれば、なぁ)、派生作品のビルドファイターズ2作の熱さに感動する一方で「鉄血のオルフェンズ」をどう評価していいやらわからなくなってみたり……ホントいろいろありましたねぇ。
 そんな中から、可能な限り多くの作品から投票先を選んでみたんですけど(SEED系やAGEは除外。やっぱりあれらは許せないw)……結局は、フミナ先輩の他は昔の作品からの選出がほとんどになってしまいましたね。やはり子供時代の方が受け手としての衝撃度合いが大きくて、忘れられないんでしょうな。

 で、今晩いよいよ「発表!全ガンダム大投票」の放送ですか。ま、投票先の順位は、1位でなくてもランキング上位でなくてもたとえ圏外であっても別に構わないのですがね(ま、ネット投票特有の“組織票”ってのもありますし……投票結果が必ずしもファン全体の意識を表すわけではないことは百も承知)。あー、そういえば既にランキングの一部は発表されていて、V2アサルトバスターガンダムが35位とかハマーン様も35位とか月の繭は19位だったみたいですね。なんか投票総数はとんでもない数になってるみたいだし、私はガンダムと認めたくないSEED系やAGEを投票したガンダムファンはどう評価したのかも含めて、最終的にどんな結果になるかは興味深いですな。
 今夜の本放送、楽しみたいと思います。

|

« F1 2018 アゼルバイジャンGP | トップページ

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2018 アゼルバイジャンGP | トップページ