« F1 2018 プレシーズンテスト | トップページ | F1 2018 アゼルバイジャンGP »

2018年4月 9日 (月)

F1 2018 バーレーンGP

 2018シーズンのF1第2戦・バーレーンGP決勝が4月8日に行われました。

 今年のF1開幕戦・オーストラリアGPは3月25日に行われました。以前書いた通り3月はフジテレビNEXTと契約しなかったため、レース中継を見ていないので結果だけ簡単に。
■F1開幕戦 オーストラリアGP
・予選
1位 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 ライコネン(フェラーリ)
3位 ベッテル(フェラーリ)
16位 ハートレー(トロロッソ)
20位 ガスリー(トロロッソ)
・決勝
優勝 ベッテル(フェラーリ)
2位 ハミルトン(メルセデスAMG)
3位 ライコネン(フェラーリ)
15位 ハートレー(トロロッソ)
リタイア ガスリー(トロロッソ)
「Driver of the Day Award」アロンソ/「Fastest Lap Award」リカルド/「Fastest Pit Stop Award」レッドブル

 予選ではハミルトンが2位ライコネンをも0.6秒以上引き離して圧倒。が、決勝ではVSC(バーチャルセーフティーカー)絡みでベッテルが首位となり、そのまま優勝。他方、デビュー戦となったトロロッソホンダは、予選も振るわず、決勝ではハートレー最下位/ガスリーはPUトラブルでリタイアという最悪の結果となりました。

 で、今季2戦目となるバーレーンGP。スカパー契約継続特典で4月はフジテレビNEXTを視聴できることになり、FP1からFP3に予選決勝と中継を見ましたので、記事にします。
■F1第2戦 バーレーンGP
・予選
1位 ベッテル(フェラーリ)
2位 ライコネン(フェラーリ)
3位 ボッタス(メルセデスAMG)
6位 ガスリー(トロロッソ)
11位 ハートレー(トロロッソ)
・決勝
優勝 ベッテル(フェラーリ)
2位 ボッタス(メルセデスAMG)
3位 ハミルトン(メルセデスAMG)
4位 ガスリー(トロロッソ)
17位 ハートレー(トロロッソ) ※13番手でフィニッシュしたものの、レース後の裁定で30秒加算ペナルティが科せられた
「Driver of the Day Award」ガスリー/「Fastest Lap Award」ボッタス/「Fastest Pit Stop Award」フェラーリ

 FP2/FP3とQ1でトップタイムを刻んだのはライコネンで好調そうだったのですが、Q2/Q3ではベッテルがトップタイムを叩き出してPPを獲得。特にQ3は1:27.958(コースレコード)と唯一人27秒台に入れてきましたからねぇ……今年のSF71Hはライコネンに合っているのではとか言われていますけど、ベッテルもSF71Hを手懐け始めているのかもしれませんね。
 決勝は、予選4位のハミルトンがギアボックス交換で9番手スタートとなり、スタートでボッタスが2位に浮上。1周目途中で電気系トラブルが発生したリカルドがリタイア/フェルスタッペンもハミルトンとの接触もあってかリタイアとなってしまい、序盤でレッドブル勢は全滅。また、1回目のピットインを早めに行って2ストップ作戦をとってきたフェラーリ勢は、ライコネンが36周目に2回目のピットインをしたものの、その際まだ左リアタイヤが外れてもいない状態(当然、左リアのタイヤ交換はなされていない)なのに発進してしまい、ピットクルーの1人を撥ねてしまう事件が勃発。違うコンパウンドのタイヤを同時に装着してコースに出るとペナルティとなるため、ライコネンはマシンをピットレーンで止め、そのまま降りてしまいリタイア。そして、最も硬いミディアムタイヤを後半に使う1ストップ作戦に出たメルセデスAMG勢に追い立てられる中、ベッテルは2回目のピットインをせずソフトタイヤのまま走り続けることを選択(「プランD」?)。当然タイヤは限界で最後の最後ボッタスに追いつかれたものの、これをブロックし逃げ切ることに成功。開幕2連勝を達成しました。また、“3強”のうちの3台が消えた中で4位に滑り込んだのは、今週末ずっと好調だったガスリー。前戦のトラブルが深刻で2戦目にして早くも2基目のPU投入となってしまいましたが、バーレーンに持ち込んだ新しいエアロパッケージが想定以上の効果を上げて安定した速さを見せ、早め早めの2ストップ作戦も功を奏して中団勢トップの4位となりました。
 いやぁ、ベッテル凄かった。終盤「さすがにタイヤもたんだろう」と思って見ていたんですけど……意外にボッタスが近づいてこなくて、追いついても抜けそうになく、結局逃げ切っちゃいましたからねぇ。30周しかもたないとされるソフトタイヤを38周ほども使いこんで、かつ追いすがるメルセデスAMGのマシンをブロック成功とは、ホント恐れ入りました。ガスリーも立派でしたね。青く光るマシンで水を得た魚のようにスイスイと走って、4位12ポイント獲得ですよ。Driver of the Dayにふさわしい大活躍だったと思います。開幕戦での絶不調がウソのようですなぁ。おめでとう!

 私にとっては今シーズンのF1の最初に見たグランプリとなったバーレーンGP、見ていて大変面白かったです。深夜までLiveで見ましたが、眠い目を擦りながらも見て良かったと感じました。ただ……初めて映像として見たHALOは、やっぱり不細工でひたすらジャマでしかなかったですねぇ。それに、ボッタスの追い上げも、あまりに迫力なさすぎでしたね。もちろんベッテルが頑張ったから相対的にああ見えるってことなのでしょうけれども、昨年ならアゼルバイジャンGPの最終ラップみたいに本家メルセデスパワーで直線でブチ抜いてたんじゃないかと。「PU基数制限で攻めきれないんかな」と思ってしまいました。
 次戦は連戦で、今週末に中国GPが開催されます。中継の終わりに森脇さんから痛烈なダメ出しされてたフェラーリ勢ですが……好調は続くのでしょうか。あまりに不運だったライコネンに頑張ってもらいたいところです。あと、トロロッソもどうなりますかね。ガスリーは勢いをそのままに、ハートレーにも次戦は結果がついてくると良いですな。

|

« F1 2018 プレシーズンテスト | トップページ | F1 2018 アゼルバイジャンGP »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2018 プレシーズンテスト | トップページ | F1 2018 アゼルバイジャンGP »