« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

平昌オリンピック

 2月9日から25日まで、韓国・平昌で第23回冬季オリンピック競技大会が開催されました。

 開催前は資金がないの工期が遅れてるのと言われていましたが、オリンピックってのは始まってしまえば何とかなっちゃうもんなんですね。実際の大会運営には問題も多かったようですけど(問題指摘の報道が妙に弱いのは気のせいかな。何かしらの配慮?)、まぁ、全日程を一応クリアはしたのでその点では良かったですな。
 アジア開催、それも隣国での開催ということでテレビ観戦もしやすいはず、だったんですけど……忙しくて見る時間がないとかこちらの体調が良くなかったりとかで、中継はほとんど見ませんでした。ただ、日本選手団は大会日程中盤以降から大活躍で、金メダルは4個/銀メダルは5個/銅メダルは4個で合計は13個とメダル獲得数も冬季で過去最高だった長野大会(1998)での10個を大きく更新しました。いずれもニュースで見たんですが、スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲った平野歩夢選手とか、フィギュアスケート男子シングルで連覇を達成した羽生結弦選手に銀メダルの宇野昌磨選手とか(男子シングルの1位2位が日本人で占められるなんて、ソビエト全盛期を知ってる人間には信じられんことですが……あの2人は本当に凄い)、スピードスケート女子500mで金メダルの小平奈緒選手とか、素晴らしかったですね。あと、カーリング女子の準決勝/3位決定戦はLiveで見ましたが、粘り強い戦略で最後銅メダルを獲得したのにはしびれました。他の競技の選手も、経済的に厳しい環境にあると言われる中、よくやったと思います。
 ただ……今大会は選手や競技とは関係ないところでの話題が強すぎて、実に不快でしたねぇ。大会前はドーピング絡みでのロシア追放、大会直前と開幕直後は北朝鮮代表団による政治利用。そして、何に媚びてるのかわかりませんが日本のマスメディアによる連日の北朝鮮喝采報道が、もうウンザリでしたわ(妹がどうの美女応援団がどうのなんて知るかっての)。オリンピックの商業肥大化だけでもいい加減にしてほしいのに、こうも露骨に政治利用され、日本の報道がその利用っぷりをさらに過熱させるなんてのはホント「これっきり」にしてもらいたいと思うのですが……次の夏季大会は東京/次の冬季大会は北京となぜかアジア開催が続くので、2年後4年後もこんなことになってしまうのでしょうかね。

 現代オリンピックは莫大なカネが動くので政治とは切っても切れない関係にありますから、これを切り離すことはもはや不可能でしょうし、これを利用しようとするあらゆる政治勢力に関する報道を一切絶つということもできないことかもしれません。にしても、オリンピックというのは4年もの歳月をかけて準備してきた世界最高レベルの競技者たちの祭典であり、最高峰の競技大会であることを忘れてはならないと私は思います。
 祭典だからとはしゃぐこと自体は悪いと思いませんけど、オリンピックではしゃぐのなら純粋に競技に関してだけはしゃいでもらいたいものです。少なくとも、2年後の東京大会は、可能な限り参加する競技者のための大会になってもらいたい、そう願わずにはいられません。

| | コメント (0)

2018年2月10日 (土)

Xbox One X、購入

 Twitterで先に発表しましたが<Tweet>、マイクロソフトの4K対応ハイエンドゲーム機「Xbox One X」を買いました。

Xboxonex
(わかりにくい写真になってしまいましたが、「Xbox One X」の本体を斜め上から撮った写真です)

 随分と手に入れるまで時間がかかったので、まずはその辺から。
 昨年9月20日、日本マイクロソフトが突然「Xbox One X」を海外でのローンチ日である11月7日に日本でも発売すると発表し、予約受け付けを発表と同時にスタートしまして、まさかの即日(というか、おそらく数時間)完売。当日、私が予約開始を知ったときには既にどこも予約を受け付けていませんでした。
 で、昨年11月7日に「Xbox One X」は発売されたのですが、事前予約分のみで日本向けの割り当ては完売で、発売日の店頭販売なしという状況になり、当然私も手に入れる術すらなく、何事もなく11月7日は過ぎていきました。
 その後、ヨドバシなどの店頭で少量の販売がされているとか聞いたりはしたものの、私がヨドバシ梅田に行ったときには「売り切れ」の貼り紙がしてあるだけで影も形もなく、年が明けても状況は変わらず入手できないまま。
 「まぁ、買うのはもっと後でもいいか」と考えていた今年の1月の後半、Amazonの「Xbox One X」を見ていたら「新品の出品」欄に定価での出品者として「Amazon Japan G.K.」のものがあったんですよね。なので、ささっとカートに入れて購入手続(実際には月末入荷分の予約手続だったけど)を進めたら、サクッとAmazonから手続き完了のメールが。その日までどのサイトでも「カートに入れる」ボタンすら見たことがなかった「Xbox One X」が、あっけなく買えてしまいました。その後、入荷が早まったとの連絡があり、数日でAmazonの例の箱のデカいヤツが届いて無事「Xbox One X」入手と相成りました。
 上記の通り入手に苦労したためうちに来たときは「やったー」と思ったのですが……出荷されたのは、うちに来た分だけではなく(当然だけどw)、Amazonにだけでもなく、そこいら中の小売りに結構な数が出荷されたようで、私は全くの値引きなしポイント還元なしの定価53978円で購入したところ、届いた次の日あたりにヨドバシドットコムで5%ポイント還元つきで購入OKになってたのを見たときは、正直落胆しましたね(これは、たしか2日ほどで売り切れた)。さらに時間が進むと、Amazonが5%引きの51512円で売るようになって、そのまま今日に至っては51352円とさらに値引きされた値段で当たり前に売ってて……「ああ、買うのがちょっと早すぎた、のか」と。ここまで状況が一変するとは、さすがに思いもしませんでしたw
 ま、1円たりとも値引きなしだったとはいえ、不当なプレミアム(上乗せ金)を1円たりとも転売屋に支払うことなく購入できたわけですから、これはこれで良かったと思います(思うことにします)。

 で、ようやくにも手に入れた「Xbox One X」ですが、本体のレビューとかは既にあちこちに上がっているので、簡単に。とにかく、本体が小さいことには驚きました。うちにあった初代Xbox Oneは、本体もデカい上に巨大なACアダプタが別にありましたからね<記事>。それが内蔵されて、かつ、4Kにフル対応する当代ゲーム機最強の演算能力を持ってこの小ささとは、ホントびっくりです。あと、電源入れてみて驚いたのは、やたら作動音が小さいこと。最初は「無音?」と思ったくらいなので(あとで音が出ていることに気付いた)、相当静かだと思います。液冷式のクーラーが放熱に効いているんでしょうね。
 そして、実際にゲームをやってみての感想なんですけど……「あまり、変わらんなぁ」と。いや、「Xbox One X」は4Kにフル対応する初のゲーム機ですので、4Kモニターに繋ぎさえすればその実力を発揮して「これは凄い」となるはずなんですけど、うちはまだ4K表示環境がないんですよね。「Xbox One X」を繋いだ先は32型のフルHDテレビでして、フルHDで見ている限り初代Xbox Oneを繋いで見ていた映像と言うほどの変化は感じられなかったです。
Fh3_enhanced
Fm7_enhanced
一応、「Forza Motorsport 7」(FM7)と最近になって対応した「Forza Horizon 3」(FH3)の起動時には、写真のように「XBOX ONE X ENHANCED」の文字が表示されるようになりまして、この場合4Kで描画した画像を2Kに縮小表示しているらしいので、元から2K描画の画像よりは高精細になっているようなのですが……正直、違いがわかりません。やはり、「Xbox One X」の本領は、4K+HDR対応のモニターに表示することで初めて発揮されるようです。
 あと、ゲーム機としては圧倒的な「Xbox One X」の演算能力は、データローディングの場面での処理速度としても現れます。おかげで、初代Xbox Oneでウンザリするほど時間がかかっていた「FH3」の起動や「FM7」の各コースのローディングがかなり高速化された、ように思います。この点は体感できる差です。が、ちょっとばかりうちでは特殊事情がありまして……実は、「どーせ、Xbox One X買えそうにないしぃ」って感じだったので、今年になってから安くなってた外付けの480GBのSSDを買いまして、初代Xbox Oneで外付けゲーム用ストレージとして使い始めたんですわ。そしたら、初代Xbox Oneでも劇的に早くなったんですよ、先の「FH3」の起動や「FM7」の各コースのローディングが。「よしよし、これでうちの初代Xbox Oneもまだまだいけるぜ」とか思ってたら、その次の週ぐらいに「Xbox One X」が買えちゃって……なので、純粋なローディング性能差ってのは私にはよくわからなかったりします。まぁ、初代Xbox One+外付けSSDより「Xbox One X」+外付けSSDの方がさらに高速なのは間違いないので(初代Xbox One内蔵HDD:分単位かかってのろのろ/初代Xbox One+外付けSSD:10秒単位になり速い/「Xbox One X」+外付けSSD:ものの数秒で終わる爆速ロード、って感じ)、「Xbox One X」自体のローディングが相当速いのも確実だ、とは思います。ここは素直に「買い替えて良かった」と感じるところですね。
 とはいえ、逆に言うと、4K表示環境がない場合、ロードが速い点以外は初代Xbox Oneと「Xbox One X」は使用感で特段変わらないということでもあったりします。割引が適用されるようになったとはいえ、「Xbox One X」が現状では高価なハードであることに鑑みると、「Xbox One Xは4K表示環境がある人専用ハード」と考えた方が良いかもしれませんね。

 Xbox One Xを自室に設置するにあたり、Xbox 360(2台目)と初代Xbox Oneを撤去してしまったので、とりあえずは2K環境のまま「Xbox One X」を使っていくことにしますが、可及的速やかに4Kのディスプレイなりテレビなりを用意したいと思います。
 せっかく定価で買ったことだし、5年くらいはうちの主力ゲーム機としてバリバリと働いてもらいたいですね。

| | コメント (3)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »