« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月16日 (土)

ホンダとマクラーレン、決別

 9月15日、開催中のシンガポールGPの金曜FP1終了後に会見が開かれ、
・スクーデリア・トロ・ロッソに、来年からホンダがPUをワークス体制で供給する。2018年から2020年までの3年契約。
・マクラーレンに、来年からルノーがPUを供給する。2018年から2020年までの3年契約。
・ルノーが、トロ・ロッソからのレンタル移籍でカルロス・サインツ・ジュニアを来年のドライバーとする。
ことが、正式に発表されました。

 いやはや、マクラーレンとホンダの別れ話はずっとウワサになっていたものの、このタイミングで現実化するとは。マクラーレンのホンダとのPU供給は5年契約とも言われていたわけですが、その3年目であっけなく終了ですか……一方的に解除したら違約金とかいう付帯条項があるとたしか言われていたのですが、そのへんがどうなったのかは不明。発表されたのは、「来年はトロロッソ・ホンダとマクラーレン・ルノーとなる」ってことだけです。まぁ、ホンダPUの独占供給契約だったはずなのに今年になってホンダはザウバーにも供給するのなんのと言ってたわけで(※なぜか破談になったが。契約って何?)、あのあたりから……いや、ホンダとの供給契約を主導した(であろう)ロン・デニスがマクラーレンから追い出されたあたりから、当初の契約の拘束力なんてあやふやになってたのかもしれませんな(マクラーレンの都合で解除したんだろうからホンダに対する違約金も発生しそうなもんですが、マクラーレン側が払うとはまったく思えないし……って、契約ってホント何なの?)。
 で、こうまでしてマクラーレンが引き留めたいアロンソ様はまだ契約を更改しておらず、「このレース(シンガポールGP)が終わった後、ルノーと連絡を取ろうと思う。その後決断を下すよ」と仰ってるようですな。F1で競争力があってアロンソを雇うカネがあるチームなんて極めて限られるところ、“3強”チームの来季のシートは埋まってしまった(最後のメルセデスAMGのシートも、ボッタスが1年契約で座ると発表になった)し、ルノーワークスも「アロンソ様なんて、うちではとてもとても」とか控えめなこと言っといて、裏ではPU供給契約ねじ曲げる交換条件としてサインツを獲得とか強引なことしてまして……つまりはどこも「アロンソなんていらねーよ」と言ってるわけです(※ウィリアムズが欲しがってるというウワサも一時期あったが、チーム副代表が全力で否定)。来年もF1で走るなら、マクラーレン残留しかアロンソには選択肢はないってのが現実でしょうな。それに、ルノーPUにしたらマクラーレンが競争力を取り戻すなんてこと、本当にできるのですかねぇ?元々、マクラーレンがホンダとのワークス契約に拘ったのはメルセデスのカスタマーPUでは一切勝ち目がなかったからなのに、その「カスタマーに戻ってどうするの」と言いたくなりますし、新しいPU供給元のルノーは今、自前のワークスチームと「TAGホイヤー」のバッジをつけてレッドブルに良いタマを供給しており、トロロッソには「ついで」のカスタマー供給をしていたりします。もちろん今回マクラーレンがどういう契約をしたのかにもよりますけど、普通に考えればその「ついで」分がスライドしてくるわけで、PUからは今年のトロロッソ程度のパフォーマンスしか得られない可能性が高いですよね。それに、そもそも現状のルノーPUというのは壊れまくるシロモノで、あまりにも壊れまくるからフェルスタッペンのところへプロスト(スペシャルアドバイザー)が直々に謝りに来たほどだったりします。さらに、この3年間ワークス供給でホンダPUをタダで使ってた上にカネまでもらってた(実に100億円以上)マクラーレンですが、来季からはカスタマー供給なのでルノーにPU使用料(カネ)を払うことになります。どうやってチームを運営するのでしょう?気前の良いメインスポンサーでも見つけてあるのでしょうかね??マクラーレンもアロンソも何を考えているやら、私にはさっぱりわかりませんよ。

 他方、ホンダが新たに組むことになったトロロッソというチームは、元はミナルディで、レッドブルが若手育成を兼ねてBチーム化した小規模チームです。昨年はフェラーリの型落ちPUを使ったりするなど少ない予算でやりくりしてる割には良い仕事をして結果も残しており、今はジェームス・キーがテクニカルディレクターを務めていて今季のマシン・STR12はデザイン的には最も美しいマシンだったりしますし、ランキングでも現在6位とハースやルノーよりも上だったりします(もちろん9位のマクラーレンより遙かに上w)。そこに、ワークス供給でPUがタダで使えるようになって、予算もホンダからたんまりもらえるようになったとしたら(※ホンダは「払わないよ」と言っているみたいだけど……そこはちょっとくらい払おうよw)……シャシーも空力も制約なしに開発いっぱいできそうですよねぇ。「ホンダが悪い、何もかもホンダが悪い」って文句言うだけでマシンの側でロクに対策しようとしなかったマクラーレンなんかよりずっと協力して開発に当たれそうな気がしますよ。
 さらに、公式な発表は何もありませんが、ルノーとレッドブルのPU供給契約は来年までのところ、これを更新せずそのまま終了するのではという報道がなされておりまして……となると、レッドブルも2019年からはホンダとPU供給契約を結ぶのではないか、との報道も出ていたりします。F1が空力マシンに回帰している中、“空力の鬼才”エイドリアン・ニューウェイのいるレッドブルのシャシーにホンダPUが……って、実現したら、今のF1で考え得る最も素晴らしいコラボレーションですわ。いやぁ、実現してくれると本当に嬉しいのですけどねぇ。

 ま、そんな夢みたいな話も、やはりF1の世界で結果を残してからでしょうからね。来季、トロロッソホンダとしてきっちりと結果を残してから、ということになるのでしょうか。しかし、もしトロロッソホンダがしっかりとしたパフォーマンスを見せることができたなら、再来年にはレッドブルホンダというコンビをF1という世界一の舞台で本当に見ることができるかもしれません。そこへ向かって来年挑戦できるとするなら、エンジンメーカー・ホンダとしては「伝説のマクラーレンホンダ復活」以上に挑戦し甲斐のある1年になる、かもしれませんね。
 マクラーレンとのコラボレーションは失敗という結果になってしまいましたが、ホンダの目標はあくまでエンジンメーカーとしてF1を再び制覇することのはず。各方面の尽力もあってトロロッソという若いチームとF1の世界で仕事を継続できることになったわけですから、ホンダはこの3年間以上に強固な覚悟をもって着実に前進していってもらいたいです。技術開発、これまで以上に頑張ってくださいませ。

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

新型iPhone発表 2017

 Appleが日本時間の13日未明に新製品発表会を開催し、iPhoneの新モデルとなる「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」および「iPhone X(テン)」、Apple Watchの新型「Apple Watch Series 3」と新型Apple TV「Apple TV 4K」が発表されました。
 Cellularモデルが加わって大きく進化した「Apple Watch Series 3」ですけど、やっぱり興味ないので「Apple TV 4K」ともどもここではおいといて……気になる新型iPhoneについて。

 通常のナンバリングモデルとなった「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」は、「6」から続く4.7型液晶の「iPhone」/5.5型液晶の「iPhone Plus」を踏襲したモデルになりましたね。ただ、いつものパターンなら今年は「7s」「7s Plus」になるところ、外装を金属からガラスに戻したこともあってか「8」「8 Plus」としたんですな。外装以外の大きな変化としては、ワイヤレス給電規格「Qi(チー)」をサポートしたこと、ぐらいですかね。あとはいつものようにプロセッサやカメラの高性能化がなされているようです。また、珍しくどちらのモデルも「7」世代より明確に重くなっており、どうやらバッテリー容量を増やしてきたようですなバッテリーの容量が大きいことから「6s Plus」にした私からすると、本当にバッテリーの増量がなされているとしたらありがたいです。(追記:分解記事によると、「8」「8 Plus」ともに7シリーズからバッテリー容量を減らした模様。重量増加分はワイヤレス給電回路やガラス採用によるものとか。したがって、当該部分は訂正・削除いたします) 。
 他方、10周年記念の“フラッグシップ”とされる「iPhone X」はというと……こちらは5.8型有機ELディスプレイを搭載し、前面をベゼルレスの全面スクリーンにしたまったく新しいデザインの特別モデルとなりました。全面スクリーンなので、当然ホームボタンも存在せず代替の物理キーも存在しません。指紋認証(Touch ID)も廃止され、認証は3D顔認証の「Face ID」でするようになりました。あと、カメラが「iPhone 8 Plus」より良いものが搭載されているようですが、その他にどんな差があるのかはよくわかりません。RAMの容量とかCPUのクロックとかが「8」「8 Plus」とは違ってるかもしれないですが、その辺の詳細も分解記事待ちですね。

 iPhone6s Plusユーザーの私は、今年がまたまた機種変更の時期となります。また、昨年デザインがほとんど変更されず、10周年に合わせて今年のモデルは全面的に刷新されるというウワサもあったので、今年は特にAppleの動向を注視していたのですが……実際に発表されてみれば、「8」「8 Plus」「X」どれも事前にウワサとしてネットに流されていたものそのままでしたね(Apple社内でも問題になっているようだけど、いくらなんでもリークされすぎ)。「サプライズ」は、見た目やスペックではなく、カラーバリエーションが減ったことと伝統的に3種類用意されていたストレージ容量が64GB/256GBの2種類になってしまったことでしたわ。まぁ、今までなかったプレミアムモデルなんてのも用意しないといけなくなったわけで(しかも、「X」は生産がうまくいっていないらしく、発売も1ヶ月以上遅れる)、生産供給する側としては大変だから色と容量のバリエーションを減らしたのでしょうけれども……買う側としては、選択肢が減らされてしまったわけでして。しかも、iPhoneは支払額が高くなる一方なので、ストレージの選択肢が多いことはありがたかったのですが、その点でも選択幅が狭まったとなるとかなり痛いですわ。そんな中で、日本の通信キャリアはユーザーの実質負担額をどう設定してくるのかが気になるところですけど……どういう施策をとるのですかね?特に「X」は、Appleストアで64GB:112800円/256GB:129800円(しかも税別価格)とかつてないお値段ですからねぇ。どうなるんでしょうな(というか、この値段でもホントにみんなホイホイ買うのか?)。
 とりあえず、私の機種変候補としては「8 Plus」と「X」のどちらかになると思います。キャリア(au)や契約自体は今回変える気ないし、Android機にするつもりも今はないので、他の候補がないんですよね。となれば、「せっかくなので記念モデルに突撃してみたい!」とも思うのですが……「X」は値段も値段なので、ねぇ。まずは現物を見てから、ですかね。
 ま、時間はあるので、ゆっくり考えたいと思います。

追記:3キャリアの「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の端末価格がそれぞれ発表されました。私が契約しているauで現在検討中の「8 Plus」の機種変更(※新規も同額)だと、
・64GB:端末価格が103200円/毎月割が月2670円x24ヶ月で計64080円/実質負担額は39120円
・256GB:端末価格が121680円/毎月割が月2670円x24ヶ月で計64080円/実質負担額は57600円
だそうです(すべて税込)。
 うーむ、発表時はAppleストアの税別表示価格だったことを見落としてましたが……やはりiPhoneはお高いですなぁ。「Plus」買うなら容量をどっち選ぼうが6桁確定なんですね。ってことは、これの数万円上乗せになる「iPhone X」の負担額って一体……なんか、見るのも考えるのも怖くなってきましたw
 ちなみに、型落ちになった「iPhone 7 Plus」の機種変更(au)もみてみましたが、
・32GB:端末価格が78480円/毎月割が月2025円x24ヶ月で計48600円/実質負担額は29880円
・128GB:端末価格が90240円/毎月割が月2025円x24ヶ月で計48600円/実質負担額は41640円
・256GB:端末価格が91440円/毎月割が月2025円x24ヶ月で計48600円/実質負担額は42840円
でした(すべて税込)。
 こちらはあくまで「在庫があれば」が前提になるけど、容量128GBを選べるし(私的にはないけど、安価な32GBもある)、色も128GB/256GBにはREDやジェットブラックという魅力的な選択肢もあります。ワイヤレス給電なんか個人的にはどうでもいいし、プロセッサやカメラや高速通信(※地域限定)の性能向上分を無視したら「8 Plus」とほとんど差はないですし、「7 Plus」ならRAMも3GB載ってますしねぇ(「7」「8」は2GB/「8 Plus」は3GB/「X」は不明)……今回はこちらを選ぶことも考えた方が良さそうですな。

10/23 さらに追記:auの「iPhone X」の新規/機種変更価格が発表されました。
・64GB:端末価格が128160円/毎月割が月2670円x24ヶ月で計64080円/実質負担額は64080円
・256GB:端末価格が146400円/毎月割が月2670円x24ヶ月で計64080円/実質負担額は82320円
だそうです(すべて税込)。
電話機が14マン円?実質負担額でも8マン超えって……毎月割が「8 Plus」と全く同じ額というのはちょっとヒドくないか。月3000円ぐらい引いてくれてもいいんじゃないですかね。
ま、現物を見てみないと最終判断はできませんが……ちょっと買える値段ではない、かな。

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

サッカー・アジア最終予選2017

■アジア最終予選 グループB
日本              1-2 UAE
タイ                0-2 日本
日本               2-1 イラク
オーストラリア  1-1 日本
日本               2-1 サウジアラビア
UAE                0-2 日本
日本               4-0 タイ
イラク              1-1 日本
日本             2-0 オーストラリア
サウジアラビア 1-0 日本

1位:日本          20(+10)
2位:サウジアラビア  19(+7)
3位:オーストラリア   19(+5)
4位:UAE                  13(-3)
5位:イラク                11(-1)
6位:タイ            2(-18)   ※数字は勝ち点(得失点差)

■グループA
1位:イラン        22(+8)
2位:韓国          15(+1)
3位:シリア        13(+1)
4位:ウズベキスタン   13(-1)
5位:中国                  12(-2)
6位:カタール              7(-7)

 昨年の9月1日に開幕したサッカーW杯のアジア最終予選が日本時間9月6日に最終節を迎え、来年のロシア大会にアジア代表として出場する4ヵ国が、イラン/韓国/サウジアラビアそして日本に決まりました(残り0.5枠は、オーストラリアとシリアの勝者が北中米カリブ海地区の4位チームと大陸間プレーオフを行って決定)。
 「サッカーW杯の予選は本当に厳しい」とわかりきってはいるものの……今回の最終予選も厳しかったですね。組分けで「グループAよりはマシだな」と思っていたら、初戦でUAEに負け(しかも日本がホーム)、アジア王者・オーストラリアでなくサウジアラビアが台頭してグループ首位に立ったり、アウェイのオーストラリア戦のみならずイラク戦でも引き分けがやっとだったりと、サッカー日本代表はメンバーをその都度入れ替えながら相当苦しんでましたね。そんな中、8月31日に行われた“大一番”のオーストラリア戦にきっちりと勝って、堂々のグループ1位通過を決めたのは良かったですな。ただ、その後の最終戦では内容的にはそれほど悪くなかったもののサウジアラビアに負けてしまい、相変わらず「点が取れない」「勝負弱い」ところを露呈してしまったり……ホント、最初から最後まで厳しい戦いでした。
 とはいえ、その厳しい戦いを経たから日本代表は強くなったのかと言われると、そんなことはなさそうでして……“大一番”のオーストラリア代表は明らかにチームとして機能していなかったし、最終戦のサウジアラビア代表にも凄さとか強さとか巧さとか何も感じられなかったし(正直、このチームがW杯出て良いのかと……)、それと五分五分の戦いしかできない日本代表も含め「今回もアジア勢は本大会で醜態さらすだけかもなぁ」と思ってしまいました。まぁ、本大会で活躍できるか否かってのは大会が実際に始まってみないとまったくわからないので、現状だけを見て嘆くことでもないのですが……日本代表は前回ブラジル大会で結構な戦力を揃えていながらケチョンケチョンにやられてしまっただけに、かなり心配ですわ。世界の強豪国とも渡り合えるよう、本大会までにしっかり準備しておかないといけませんね。
 あと、「サッカーW杯出場決定!」ともなれば、以前は日本中がお祭り騒ぎになって、大阪では道頓堀に飛び込む連中が出たりするくらいバカ騒ぎしてたように思うのですが……今回はずいぶんと静かだったような気がします。お祭り騒ぎだと同時に迷惑行為も多発するので静かな方が良いことは良いのですが、サッカー日本代表に対する世間の関心がかなり低くなっているのではないかとも感じましたね。まぁ、日本代表もロシア大会で通算6回目のW杯出場、それも連続で出場しているわけで、「出るのは当たり前」になりつつあるのかもしれませんけど……ちょっと熱が冷めすぎな気もします。そんな停滞気味の雰囲気を打破するためにも、日本代表には本大会で活躍してもらいたいですね。

 長く苦しい予選を勝ち抜いたサッカー日本代表が出場するW杯本大会は、来年の6月に開幕します。まずは決勝トーナメント進出を目標に、頑張ってください。期待しております。

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

F1 2017 イタリアGP

 “夏休み明け”となるF1第12戦・ベルギーGP決勝が8月27日、“ヨーロッパラウンド”最終戦となる第13戦・イタリアGP決勝が9月3日に行われました。

■F1第12戦 ベルギーGP
・予選
1位 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 ベッテル(フェラーリ)
3位 ボッタス(メルセデスAMG)
11位 アロンソ(マクラーレン)
15位 バンドーン(マクラーレン)
・決勝
優勝 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 ベッテル(フェラーリ)
3位 リカルド(レッドブル)
14位 バンドーン(マクラーレン)
リタイア アロンソ(マクラーレン)
「Driver of the Day Award」ハミルトン/「Fastest Lap Award」ベッテル/「Fastest Pit Stop Award」メルセデスAMG
■F1第13戦 イタリアGP
・予選
1位 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 フェルスタッペン(レッドブル)
3位 リカルド(レッドブル)
10位 バンドーン(マクラーレン)
13位 アロンソ(マクラーレン)
・決勝
優勝 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 ボッタス(メルセデスAMG)
3位 ベッテル(フェラーリ)
17位 アロンソ(マクラーレン)
リタイア バンドーン(マクラーレン)
「Driver of the Day Award」リカルド/「Fastest Lap Award」リカルド/「Fastest Pit Stop Award」メルセデスAMG

 今年もサマーブレーク明けの開催となったベルギーGP。気まぐれな“スパウェザー”で知られるスパ・フランコルシャン サーキットですが、今年の予選/決勝は雨に祟られることもありませんでした。となれば、パワーが必要なコースレイアウトなので有利と予想されていたメルセデスAMGが圧倒するのかと思いきや……案外そうでもなく、FP3はフェラーリ勢が1位2位で、予選こそハミルトンが1:42.553を叩き出してPPを獲得したものの、(ライコネンが引っ張ってくれたとはいえ)ベッテルも1:42.795を出すなど奮戦。決勝でもハミルトンをベッテルがきっちり追走し、オーバーテイクはできませんでしたが、しっかり2位表彰台をゲットしました。ボッタスは週末を通して調子が上がらず、予選3番手も決勝5位/プラクティスで好調だったライコネンは予選4位で決勝も4位でした。
 一方、連続開催となった“ヨーロッパラウンド”最終戦のイタリアGP。こちらは土曜日が雨に祟られてしまい、FP3はほとんど走れず、予選もQ1開始5分ほどでグロージャン(ハース)がクラッシュして赤旗。そのまま2時間半以上の中断(※中断中もフジテレビの中継はずっと続行。その間クルマはまったく走らなかったけど、結構面白かったw)を経た後に再開されたものの、雨がやんだり強く降ったり弱まったりで、コースコンディションもフルウェットとインターミディエイトの間をいったりきたりと非常に難しい状態に。そんな中、PPはQ3最終盤に新品フルウェットに履き替えて一発勝負に出たハミルトンが獲得。これで通算PP獲得回数が69となり、ミハエル・シューマッハが持っていた通算68回を超え、ハミルトンが史上最多記録を樹立しました。2番手にはフェルスタッペン/3番手リカルドとレッドブル勢が入り、4番手はなんとストロール(ウィリアムズ)/5番手はオコン(フォースインディア)というフレッシュな面々が飛び込みました。ボッタスは6番手で、ホームGPとなるフェラーリ勢は7番手ライコネン/8番手ベッテルと波乱の結果に。決勝は、一転して完全ドライでレッドブル勢がPU基数制限違反で後退したため、ストロールが史上最年少フロントロースタートの記録を作り、オコンも3番手スタートとなりましたが……4周目までには4番手スタートのボッタスに2人とも余裕でブチ抜かれてしまい、あとはワンツー体制になったハミルトン&ボッタスに完全にペースコントロールされちゃってレースは終わりました。ハミルトンが今季初の連勝でチャンピオンシップでもトップに立ち、ボッタス2位。ベッテルはなんとか3位表彰台に立ったものの、ライコネンはスタートで抜いたボッタスに抜き返されてから調子が上がらず5位フィニッシュ。16番手スタートのリカルドが4位でした。

 ベルギーでは「スパでメルセデスAMGに対抗できるなら、フェラーリまだまだいけるか?」という期待も持てたのですが……そんな楽観論を見事に打ち砕くモンツァでのメルセデスAMGの圧勝劇でしたね。次戦がミョーにメルセデスAMGが苦手としている(ような?)シンガポールGPなのでどうなるかはわかりませんが、その後のマレーシアGP以降はメルセデスAMG有利と予想されるコースばかりなので……ドライバーズタイトル争いでも抜かれてしまったフェラーリ&ベッテルは厳しいですかね。鈴鹿で躍動する真紅の跳ね馬を見たいところなんですけど……うーむ。
 で、タイトル争いなど「夢のまた夢」状態が続く名門マクラーレンホンダは、ウワサの“スペック4”PUを投入できず、3.5とか3.7とかよくわからないアップデートPUを持ち込んで大量の降格ペナルティをくらった上に、ベルギーではアロンソのリタイアが「故意に離脱した」と書き立てられ、「アロンソはウィリアムズに移籍濃厚」とも騒がれ、イタリアではバンドーンがQ3進出したもののMGU-Hのトラブルとかで交換となり結局降格ペナルティくらって、ダブルリタイア(※アロンソは完走扱いで17位)という結果に……2連戦ノーポイントどころか完走したのはベルギーのバンドーンだけという悲惨さに、今日(イタリアGP決勝の翌日)になって「マクラーレン、ホンダと別離へ」との記事まで出る始末(しかも、書いたのがそこらの怪しいスポーツメディアではなくロイター通信)。本当にヤバい雰囲気ってところまで来てますな。ま、「ホンダから他にスイッチしたら、マクラーレンって予算どうすんの?」とか「PU供給してくれるメーカーって本当にあるの?」とか「カスタマーエンジンでアロンソ様って満足するの?」などツッコミどころはいろいろあるのでロイターが報じようが正式に発表されるまで「別離」は信用できませんが……「別れたくなるのも無理もない」ことは誰の目にも明らかでしょうな。“スペック3”から出力的には少しずつマシにはなってきているようにも思いますけど、すぐ壊れるクセは今なお直ってないっぽいですしねぇ。ホンダさん、「どこにもPU供給できずにF1から閉め出し」なんてことにならないように頑張って結果出してください。

 F1の次戦は、アジアに戻ってきてシンガポールGPです。メルセデスAMG以外の各チームが重点レースとして気合い入れてくるグランプリとなります。さて、どうなりますかね。

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »