« F1 2017 モナコGP & インディ500 | トップページ | F1 2017 イギリスGP »

2017年6月25日 (日)

NBAファイナル 2017

■2017年NBAファイナル
第1戦 ウォーリアーズ  113-91   キャバリアーズ
第2戦 ウォーリアーズ  132-113  キャバリアーズ
第3戦 キャバリアーズ  113-118  ウォーリアーズ
第4戦 キャバリアーズ  137-116  ウォーリアーズ
第5戦 ウォーリアーズ  129-120  キャバリアーズ

 “スプラッシュブラザーズ”にFAでケビン・デュラントが加入し“鬼に金棒”状態になった西のゴールデンステート・ウォーリアーズと、“キング”レブロン・ジェームズにアービングとラブを中心としたチームで今シーズンも勝ち上がってきた東のクリーブランド・キャバリアーズという3年連続同じ対戦カードとなったNBAファイナル(史上初)を、BSで録画しながら今年も見ましたよ。
 と言っても、第5戦(日本時間6月14日)からすでに10日以上も経過してしまっているので……レギュラーシーズン経緯は省略。プレーオフは、キャバリアーズはカンファレンスファイナル第4戦でセルティックスに敗れただけで、あとは全勝(バックスとラプターズはスイープ)。ウォーリアーズに至っては、トレイルブレイザースもジャズもあのスパースでさえもスイープ(※スパースは、レナードがケガで第1戦途中から第4戦まで欠場)という……もう、両チームとも書くまでもないほど強かった、ということで。

 今年のファイナルは、ケビン・デュラントでしたね。もう、とにかくケビン・デュラント。第1戦:38得点で、以下、33点/31点/35点/39点と、全戦30点以上稼いだ上に、勝負がかかったところで決める決める。特に第3戦、ホームに戻って全力で勝ちにきていたキャブスが最終盤にことごとくシュートを外してしまったのに対し、ウォーリアーズはデュラントがきっちりシュートを決めまくって逆転に成功。まさかの逆転劇でクイッケン・ローンズ・アリーナをお通夜状態にしたときは「デュラントすげー」としか言いようがなかったです。あの第3戦でキャブスがすんなり勝っていたら、たぶんファイナルの展開も違っていたんじゃないかと思うのですがね(あの敗戦で「キャブスは勝てない」って強く印象づけちゃったからなぁ。第4戦でキャブスのオフェンスが爆発したけど、終わってみれば思ったほど点差をつけられず、悪い印象を拭えなかったし……ま、今から言っても「あとの祭り」ですが)。当然、ファイナルMVPもケビン・デュラントが獲得。悲願のチャンピオンリングもゲットして、今シーズンのNBAを締めくくりました。

 これにてNBAもシーズン終了となりました。来シーズンは、どうなりますかね。キャブスはどうやって強化するのでしょうか。今のウォーリアーズに対抗するには、メンバーにさらに強力な選手を入れるしかないでしょうし……とはいえ、現状でも東では「敵なし」みたいな状態なのにさらに見境ない強化というのも、ねぇ。それに、東も西も他のチームがもっともっと強くなってもらわないと。スイープスイープスイープなプレーオフとか、4年も同じファイナルの組み合わせとかでは、ちょっとなぁ。なんとかしてもらいたいです。
 今年の記事は短縮版となってしまいましたが、来季のNBAは面白いシーズンになってくれることを期待しております。

|

« F1 2017 モナコGP & インディ500 | トップページ | F1 2017 イギリスGP »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2017 モナコGP & インディ500 | トップページ | F1 2017 イギリスGP »