« F1 2016 マレーシアGP | トップページ | F1 2016 メキシコGP »

2016年10月11日 (火)

F1 2016 日本GP

 F1第17戦・日本GP決勝が一昨日行われました。
 日本、言わずと知れた本田技研工業の母国であります。鈴鹿サーキット、言わずと知れた本田技研工業傘下のパーマネントサーキットであります。そんなホンダが、F1でのマクラーレン・ホンダとしての復帰2年目、「トップ3に次ぐチーム」として母国に凱旋……とは、今年もいきませんでした。

 予選。雨天が予想されていたものの雨は午前中のみで、曇天ながら路面はドライ。となれば、荒れる要素はなくなり(前戦のハミルトン車のトラブルが深刻なエンジントラブルだったようで、メルセデスがPUユーザー全員にパワーセーブを言い渡したようですが……言うほど影響は大きくなかった)、予想通りメルセデスAMG勢のトップ争いということになってしまいました。他方、期待のマクラーレン・ホンダはQ1からまさかの大苦戦。アロンソは15番手でぎりぎりQ1突破/バトンは16番手でQ1落ちを喫しました。また、Q2もアロンソはふるわず、結局予選は15番手で終わりました。PPはロズベルグ(メルセデスAMG)が獲得し、3年連続。2番手ハミルトン(メルセデスAMG)。3番手ライコネン/4番手ベッテルとフェラーリ勢が続き、5番手フェルスタッペン/6番手リカルドとレッドブル勢は今回フェラーリに先行を許しました。7番手ペレス/9番手にヒュルケンベルグとフォースインディア勢が入り、8番手にグロージャン/10番手にグティエレスとハース勢が今回トップ10入りしてきました。ハースは初の鈴鹿にして初の揃ってQ3進出を達成。次戦が母国GPだからかどうかわかりませんけど、調子上げてきましたかね(新興ハースが結果を出したのに、名門マクラーレンときたら……)。
 決勝。また午前中に雨が降ったようですが、午後は曇天で路面はドライ。ライコネンがギヤボックス交換で5グリッド/ベッテルが前戦の接触が原因の3グリッド降格処分でそれぞれ8番手/6番手スタート、さらにバトンがエンジン交換ペナルティで最後尾スタートに。荒れる要素がまたまた取り払われメルセデスAMG勢独走かと思いましたが、スタートでハミルトンが出遅れ8位に落ちるアクシデントが発生。3周目にはベッテルがペレスをかわして3位に浮上、1位ロズベルグ/2位フェルスタッペン/3位ベッテルとなって「フェラーリが追撃する面白い展開か」とも思ったのですが……結局追撃できたのはハミルトンだけ。おそらくはパワーセーブの関係で2位フェルスタッペンを抜くことまではできなかったものの、3位まで戻して表彰台に乗ることには成功しました。優勝はロズベルグで、フェラーリ勢はベッテル4位/ライコネン5位。前戦優勝のリカルドは6位で、7位ペレス/8位にヒュルケンベルグのフォースインディア勢。9位に今季限りで引退するため鈴鹿ラストランとなったマッサ(ウィリアムズ)が入り、10位はボッタス(ウィリアムズ)。全車完走の上、セーフティーカーもバーチャルセーフティーカーさえもない展開では何もできずに下位に沈んだままとなってしまったマクラーレン勢はともに周回遅れとなりアロンソ16位/バトン18位に終わりました。「Driver of the Day Award」はフェルスタッペン/「Fastest Lap Award」はベッテル/「Fastest Pit Stop Award」はウィリアムズが獲得。

 抜きにくいコースレイアウトもあって、決勝は予想通りというかほとんど面白みのない展開になってしまいましたが……マクラーレン・ホンダにとっては「それ以前」のレースでしたな。昨年の日本GPの記事での感想も同じ書きだしで、「来季はMP4/4みたいな“無敵マシン”とまではいかなくとも、勝負ができるPUとシャシーをホンダとマクラーレンとで必ず用意してもらいたいものです。本当に。」で締めたのですが、その昨年以下の成績になってしまうとはねぇ(昨年はアロンソ11位/バトン16位)。「セパンでダブル入賞なら、今年はいける」と私も楽観視してましたが甘過ぎでした。蓋を開けてみれば、ルノーの2台(パーマー12位/マグヌッセン14位)にもザウバーのエリクソン(15位)にも負ける「惨敗」ですよ。しかも、ドライの鈴鹿(特殊要因なし)での敗北ってことは、MP4-31のF1マシンとしての実力がこんなもんってことであって言い訳できませんし。それに、フォースインディアとウィリアムズは4台揃ってきっちりポイント獲りましたから(しかも、両チームとも使い古しのPUな上にパワーセーブ中。ホンダPUは新品)……追いついたと思っていた2チームが、またはるか彼方へ遠のいた感じです。今年のマクラーレン・ホンダには本当にガッカリしましたわ。もうシーズン終盤ですし、シャシーのレギュレーションが大幅に変わる来年に期待するしかないですけど……どうなんですかねぇ。
 他方チャンピオンシップでは、ロズベルグがハミルトンをさらに引き離すことに成功。ポイント差は33に広がりました。残りは4レースなので、仮にハミルトンが残り全勝したとしてもロズベルグは2位を3回+3位が1回でもチャンピオンということになりました。また、今回でもってメルセデスAMGチームのコンストラクターズタイトル獲得が確定して究極“同士討ち”をも狙える状態にもなったので、「自分だけノーポイント」を避ければ良くなり、優位に立ちましたね。こうなると、ハミルトンはとにかく再逆転を信じて勝つしかないわけですが……まぁ、焦ってる感じは見受けられないし、とりあえず次の連戦(アメリカGP/メキシコGP)ですな。

 今年の日本GP来場数は過去最低だったみたいですけど、これも仕方ないでしょうな。レース終了後にBSフジで無料視聴できる特番(これまでの2016シーズン16戦ダイジェストと日本GPの1時間版)をやってましたが、普段は有料放送のみで地上波では「F1自体今は開催されていない」に等しい状態ですからねぇ(実際フジのニュースでさえスルーしてたし)……世間一般からは完全に切り離されてしまっている以上、関心がある人以外は来場しないのも当然です。そんな中で決勝日72000人/3日間合計145000人も鈴鹿に集めたなら、むしろ凄いことだと私は思いますわ。「何とかしたい」というのなら、世間に存在自体をアピールし直すところからやり直さないといかんでしょうな。F1の経営権がアメリカの企業に移ると先月発表になったので、そのあたりの方針もこれまでとは変わってくれればあるいは、とも思いますけど……F1自体も今後どうなっていくんでしょうかね。

|

« F1 2016 マレーシアGP | トップページ | F1 2016 メキシコGP »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2016 マレーシアGP | トップページ | F1 2016 メキシコGP »