« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月22日 (火)

F1 2016 オーストラリアGP

 2016年シーズン開幕戦・オーストラリアGPの決勝が一昨日行われました。
 予選。不人気解消のための「F1改革」論議から突然今季開始が決まり、「準備が間に合わない」とか言ってたのに開幕戦から導入された、新方式の予選。昨年まではQ1/Q2/Q3終了時の順位で脱落者を決めていましたが、新方式ではQ1/Q2/Q3の各時間と進出枠数が変更された上に時間経過と共に1人ずつ脱落していくシステムを採用。要は「観客が退屈しないように、予選開始直後からとにかく全車コースインしてすぐさま全力で走れ!」ってのが新方式です。で、狙い通り、Q1では全車がすぐさまコースインしてチャージラップの上、タイムアタック。そして、全22台が出走したQ1では、開始7分後、初の脱落者がウェーレイン(マノー)に決定。その後90秒ごとにハリアント(マノー)、グティエレス(ハース)、グロージャン(ハース)、マシン不調のクビアト(レッドブル)、ナスル(ザウバー)と脱落者が決まっていき、最後の脱落者はQ1のチェッカーフラッグが振られた後、遅いタイムだったエリクソン(ザウバー)/早いタイムだったマグヌッセン(ルノー)はQ2進出と決定しました。22台が一斉にコースインするために、混雑でトラブルが発生することも予想されていましたが、中継映像を見る限りでは特に目立つトラブルは起こらず淡々と進行しているように思えました(細かいところではトラブルもあったみたいですが)。また、開始から7分というのも想像していたより短く、脱落者が出始めると次から次へと脱落者が決まっていく感じで、「へぇ、これは(見ている分には)なかなか面白いかも」とは感じました。が、Q2では、開始直後からコースインしたのはメルセデスAMG勢とフェラーリ勢とリカルド(レッドブル)の5台だけ。あとのクルマはゆっくりコースインして「あれ?」と。そして、1回タイムアタックしたら順位と関係なくピットに戻ってしまい、ピット内に引きこもってカウントダウンを見守るだけみたいなマシンが続出して「あれあれ?」ってな感じになりました。ここで、バトン(13番手)/アロンソ(12番手)が脱落。さらに、8台だけになったQ3。今度はすぐさま全車タイムを出してきましたが、それだけ。下位4台はそのままピットで終了。この時点ではトップタイムはハミルトン(メルセデスAMG)、ベッテル(フェラーリ)が2番手、ライコネン(フェラーリ)が3番手、ロズベルグ(メルセデスAMG)が4番手で、メルセデスAMG勢は再コースインしてタイムを更新しましたが、フェラーリ勢は走らず、Q3は残り3分以上マシンが走らない事態となってしまいました。PPはハミルトンで、通算50回目で、タイムも1:23.837と昨年のタイム(1:26.327)を大幅に更新。2番手ロズベルグ。3番手ベッテル、4番手ライコネン、5番手フェルスタッペン(トロロッソ)、6番手マッサ(ウィリアムズ)、7番手サインツ(トロロッソ)、8番手リカルド(レッドブル)でした。
 決勝。昨年と異なり22台がグリッドに並びましたが、フォーメーションラップ後クビアトのマシンがグリッドにつけず、このままリタイア。もう1周フォーメーションラップをやってからスタートとなりましたが……そのスタートで、ハミルトンとロズベルグが揃って出遅れ。2列目のベッテルとライコネンが前に出てフェラーリのワンツー体制となり、続いてロズベルグ、ハミルトンは6位まで後退しました。で、まずはQ3進出組が履いているスーパーソフトがどこまで持つかがポイントでしたが、9周目にサインツが最初にピットインしてソフトに交換したものの、他は結構持ちまして、12周目にマッサがピットインしてソフトに交換/13周目にロズベルグとリカルドもソフトに交換、14周目にベッテルはスーパーソフトに交換。17周目にはライコネンがスーパーソフトに交換し、ハミルトンはなんとミディアムを装着して1ストップ戦略を選択。が、この周にアロンソがグティエレスのマシンと接触してマシン大破の大クラッシュ。ここで赤旗中断になりました。この間にロズベルグはミディアムに交換。フェラーリ勢とハミルトンはタイヤそのままでしたが、再スタート後すぐライコネンがエンジントラブルでリタイア。ベッテルはスーパーソフトのまま36周目まで頑張りましたが、ソフトに交換するための2回目のピットインで万事休す。ミディアムタイヤで走りきったロズベルグとハミルトンがワンツーフィニッシュし、ベッテルは挽回したものの3位でした。4位は母国GPのリカルド。5位はマッサ。6位にはなんと新チーム・ハースのグロージャンが入りました。以下、7位ヒュルケンベルグ、8位ボッタス
9位サインツ、10位はフェルスタッペン。バトンは1周遅れの14位。
 今年から新たに各グランプリごとに表彰される制度がスタートしまして、ファン投票で決まる「Driver of the Day Award」はグロージャン/「Fastest Lap Award」はリカルド/「Fastest Pit Stop Award」はウィリアムズが獲得しました(ただし、表彰されて何かメリットがあるのかどうかは不明)。

 まずは、マシンが木っ端微塵級の大クラッシュになりながら無事だったアロンソ、良かったですね。無理はしてほしくないけど、身体の方もどうやら大丈夫そうなので、次戦は頑張っていただきたいです。で、メルセデスAMG。予選もワンツーなら決勝もワンツーフィニッシュを決めまして、「今年も盤石かよ」って感じではありますが……決勝を見た限りでは「今年はそれほどでもない、かも?」とは思いました。スタートで出遅れた序盤、ロズベルグが前を行くライコネンをまるで抜けそうになかっただけでなく、ハミルトンも前を走っていたフェルスタッペンを抜けなかったんですよね。今年のマシンは(現時点では)スーパーソフトタイヤとの相性があまり良くないのかもしれません。ただ、ミディアムタイヤとの相性は逆に全車中最高みたいな感じもするので……「やっぱり最強は最強」かもしれませんけど。一方、フェラーリは、今年も速いけど「2番手止まり」、ですかねぇ……残念ながら。そして、期待のマクラーレン・ホンダは……今年もポイント圏争いがせいぜい、なんでしょうか。アロンソはそれなりに調子よかったみたいでしたが、バトンはレース中何があったか中継では分からなかったけど(赤旗中断後の戦略がうまくいかなかったらしい)周回遅れってのは表彰台が狙えそうな競争力あるマシンにしてはいくらなんでも酷すぎますわなぁ。となると、今年も「辛抱の年」が続きそうな気がします。まぁ、まだ開幕戦ですし、セッティングがガチッと決まるようになれば本当に上位に進出してくるかも知れませんけどね。

 で、今回導入された新方式での予選、決勝の前に各チームの首脳が集まり、新方式での予選は今回をもって廃止し次戦からは昨年までの予選形式に戻すと決定されたようです。まぁ、ね。Q1は緊迫感を演出できましたが、緊迫した結果、1回のアタックで良いタイムを残せないクルマはQ1で再度アタックしたことによりタイヤを使ってしまってQ2は1回しか走れないとか、決勝用にタイヤ残さないといけないのでQ3はQ3タイヤで走るのみとか、使えるタイヤがないから「走りたくないから走らない」のではなく「走りたくても走れない」んですよね。タイヤの本数制限についてもっと緩和した上でないと、新方式による予選活性化は成り立たないのではないですかね。どうしても予選の時間いっぱいクルマを走らせたいのなら、Q1/Q2/Q3それぞれで2セットずつ予選でだけ使えるタイヤとかを設定する他ないんじゃないかなぁ(というか、本数制限自体を撤廃すれば、予選のみならずレース全体が活性化するんじゃないのかと私は思いますが)。
 また、今年からさらに厳格化されたチームとドライバー間の無線通信規制についても、レース戦略に関する通信を再度解禁することになるようです。今回の決勝、ドライバーとピットの会話が中継映像にほとんど入ってこなかったですからねぇ……運営側も「規制しすぎた(汗)」ってなったんでしょうね。
 まぁ、とにかくF1がつまらなくなってしまっているのは事実ですし、変えられる範囲でレギュレーションを変えてみるってのも悪くはないと思います。実際、タイヤ仕様に関してコンパウンドを3種類持ち込めるように変更したからこそ、メルセデスAMGのミディアム戦略が生まれたわけですし。それに、失敗でしたが結果「1回限り」となった方式の予選をLIVEで見ることができたってことは何か「歴史的なものを見た」的なそうそうない経験ができたってことですしねw
 あと、今回、F1中継を初めてCS放送で見たわけですが……フリープラクティスの中継映像を初めて見たことを除くと特別どうということはなかった、かな。画質的にはBSフジでの放送と変わらなかったし、CMがほとんどなくカットされることもほとんどないことにも特に感動したりはしませんでした。もちろん今年のF1は日本での放送が一切ないことも十分あり得たわけで、有料限定とはいえ中継放送を実現してくれたフジテレビには感謝の気持ちしかありませんが、正直なことを言わせていただければ「今年もBSフジでやってくれてたら、なぁ……」と思いました。今回のオーストラリアGPはそれなりに面白いレースだったので、CS契約する方向に気持ちは少し傾いたんですけどね。まだ決めてはいません。料金がえげつなく高いわけではないですけど、シーズン通してとなると安くもないので……もう少し考えてからどうするかを決めようと考えています。

| | コメント (0)

2016年3月18日 (金)

F1 2016 開幕

 2016年のF1が、本日、オーストラリアにて開幕しました。
 マシンのレギュレーションに関しては、今年も大きくは変更されなかったものの、“パワーユニット”(PU)の開発制限につき「トークン制」は残っていますが当初の予定よりは緩くなってシーズン中でも大幅な改良が可能になりました。基数制限については変更なしですが、今シーズンは21戦が予定されているためにシーズン通して5基使えることになったので、4基だった昨季よりは若干運用がラクになりました。今年のレギュレーションで大きく変わったのは、タイヤ選択の選択肢が増えたところと予選が時間経過と共に1人ずつ脱落していく「椅子取りゲーム」式になったところ、ですかね。どちらもルールが分かりづらいもので(私もよくわかっていないw)ここでの説明は省きますが、現場の人たちも「やってみないとわからんなぁ」とか言ってるみたいなので、これらについてはグランプリ終了後に改めて書くこととします。
 そして、今シーズンは、日本のF1ファンにとってレギュレーションよりも何よりも大きな変更が生じました。それは……
F1の無料放送が日本ではついになくなってしまったのです
かつてF1は主に地上波の深夜枠で放送されていましたが、2012年から地上波放送は打ち切られ<そのときの記事>、無料放送はBSフジに移り4年の間続けられてきました。が、先に書いた通り<該当記事>、今年からはフジテレビが独占放映権を直接買い取る形からFOXが放映権を持ちそのFOXからフジテレビが日本での放映権を買って放送する形へと変わりました。そのため、先月発表されたCS放送「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」での中継放送の他にはどのように放送されるのか開幕直前まではっきりしたことは分からなかったのですが、結局、今シーズンのF1放送はCSでの中継放送のみとなり、BSフジなり地上波なりでの放送はされないということが正式に発表されました。つまり、有料放送であるCS放送の契約をしない限り今年のF1の中継映像を見ることはできなくなってしまったわけでして、F1の日本国内での無料放送はここに消滅してしまったのです。まぁ、F1ファンは元々CSでF1を見てた人も結構いたでしょうからその人たちにとっては大した変更ではないですし、ずっと無料放送を見ていた私としても「そのうち、有料放送しかなくなるかもしれんなぁ」と思ってはいたので今回のことも「その時が来たか」ってところではあるのですが……先の記事に「ホンダとかが再び参戦するようになって、復活することを祈っています」と書いたんですけど、まさかそのホンダが再びF1に参戦して2年目の年に地上波どころかBSでの放送まで消えてしまうとは、なぁ。プロスポーツの中継放送がどんどん有料化されている昨今の風潮からすればこれもやむを得ないことなのでしょうけれども……個人的には「残念」としか言いようがありません。今シーズン以降もF1を見る人は、かなり減るでしょうね。インディとかMotoGPなど他のモータースポーツも実際のところ有料放送でしか見ることができなかったりしますから、F1の有料放送化はモータースポーツ全般のさらなるマイナー競技化を加速することになるでしょうな。
 で、私はどうするかといいますと……未定です。私は今までCS放送ってものにほとんど縁がなかったため、CS放送がいかなるものなのかさえよくわかっておらず、「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」の視聴契約については決めかねています。そこで、とりあえずスカパーの「2週間お試し体験」ってのを申し込みまして、「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」その他のチャンネルの放送がどんなもんなのかを現在体験中であります。よって、開幕戦のオーストラリアGPに関しては中継放送を視聴することはできることになりました。CSはいろんなチャンネルがあって見れればたしかに楽しそうではあるのですが……それらを見るにはとにかくカネカネカネなのがCS放送でありまして、F1中継を見るためだけであっても月にスカパーの基本料421円+「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」の料金1296円が最低でもかかります。他のチャンネルも見るにはさらに相応のカネが毎月吹っ飛んでいくわけで(※「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」はパック料金が適用できない)……どうしようか、たいへん悩んでおります。以前のように見ているだけでワクワクできるF1であれば月2000円程度かかっても惜しくはないのですが、いかんせん昨シーズンのように「異次元メルセデスとその他遅い勢」のつまらないレースばかりで、しかも美しくないマシンがショボい音出してちんたら走ってるのを中継で見ても、とか考えてしまうと……「お金払ってまで見る価値あるのか!?」みたいな。本日行われたFP1/FP2は雨が降ったり止んだりで路面が濡れていた時間が長かったため、各車の実力ははっきり出ませんでしたが、シーズン前テストでのデータなども鑑みれば「今年もメルセデスが盤石」っぽいですし、日本期待のマクラーレン・ホンダもまだ表彰台が狙える位置にはいなさそうですからねぇ……ますます「お金払おう!」って気分は薄れていってしまいますわ。
 お試し期間がまだあるし、2戦目のバーレーンGPは幸い来月開催なので、その間しばらくは考えますけど……どうしたもんかなぁ。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »