« 「Forza Motorsport 6」、プレイ中 | トップページ | iPhone6s Plus、契約 ~その1(契約) »

2015年10月14日 (水)

F1 2015 ロシアGP

 F1第15戦・ロシアGP決勝が11日に行われました。
 ロシアGPの舞台はソチ・オートドローム。初開催だった昨年、ロズベルグ(メルセデスAMG)がミディアムタイヤ(※昨年仕様)のまま53周レースのうちの52周を走りきって2位表彰台という「ピレリタイヤに超優しい路面」の特殊なコースだったりします。タイヤに優しすぎるとして、今年はスーパーソフト&ソフトの最も柔らかい(削れやすく、持たない)組み合わせに変更になりましたが……結局は1ストップで十分だったため相変わらず「タイヤには超優しい」サーキットでしたけど、別の形で今年はマシンに牙を剥きました。
 予選。マクラーレンはマシン特性が合わないとして、ここでエンジン交換ペナルティを消化する戦略をとりましたが、残りの4トークンを使った新型PUをアロンソ分しか用意できず。また、その新型PUも金曜日にテストしただけで予選/決勝では鈴鹿で使ったものに戻し、ここでは温存。その結果、交換ペナルティが既に確定していたアロンソは16番手でQ1落ち/バトンはQ2進出も13番手、となりました。PPはフリープラクティスから好調だったロズベルグが獲得。2番手はハミルトン(メルセデスAMG)でしたが、ロズベルグにコンマ3秒の差をつけられました。3番手はボッタス(ウィリアムズ)。4番手ベッテル/5番手ライコネンでフェラーリ勢が並び、6番手ヒュルケンベルグ/7番手ペレスとフォースインディア勢もその後に並びました。8番手はグロージャン(ロータス)で、9番手フェルスタッペン(トロロッソ)、10番手リカルド(レッドブル)。
 決勝。スタート直後の1コーナーでヒュルケンベルグがスピンし、エリクソン(ザウバー)が巻き込まれてクラッシュ。初っ端からセーフティーカー導入と荒れた展開になり4周目からレース再開となりましたが、今度は先頭をキープしていたロズベルグにスロットルペダルのトラブルが発生し、8周目に無念のリタイア。そして12周目には、グロージャンがコントロールを失って大クラッシュ。ここで再びセーフティーカー導入と序盤から荒れた展開に。ここでタイヤ交換したのはペレス、リカルド、サインツ(トロロッソ)、バトン、アロンソで、他の上位勢はピットに入らず。レース再開後、ベッテルが先行していたライコネンをかわして追撃開始し、ピット戦略でボッタスをかわして実質2位浮上。トップのハミルトンと2位ベッテルはこのままフィニッシュしました。他方、3位争いは終盤に熾烈になり、最終ラップになってタイヤが厳しくなっていたペレスをボッタスがかわして3位浮上、ほぼ同時にペレスをライコネンもかわして4位に浮上し、ライコネンはボッタスにもオーバーテイクを仕掛けましたが……接触し、ボッタスはリタイア/ライコネンもマシンにダメージを負い、ゴールはしたものの5位フィニッシュという結果に。結局、3位表彰台にはペレスが立ちました。ペレスにとってもフォースインディアにとっても、昨年のバーレーンGP(3位)以来の久々の表彰台となりました。4位は予選15番手と絶不調だったマッサ(ウィリアムズ)で、レース後の審議でライコネンには30秒ペナルティが科されたため5位は母国GPのクビアト(レッドブル)。6位はナスル(ザウバー)、7位マルドナード(ロータス)で、ライコネンは最終的には8位。9位にはバトンが入り、アロンソも10位でフィニッシュしたのですが、レース後にコーナーショートカットで5秒ペナルティをうけたため、10位はフェルスタッペン。アロンソは11位となり、マクラーレンのダブル入賞はなりませんでした。

 いやはや、今年のロシアGPは大荒れでしたね。FP3でもサインツが大クラッシュしましたし、ヒュルケンベルグにグロージャン、それに熟練のライコネンが最終ラップでまさかの接触事故とか……昨年は無風みたいなレースだったのに、変われば変わるもんですな。一方で、メルセデスAMGのコンストラクターズタイトル獲得は昨年と同様ソチで決まりました。ロズベルグがノーポイントだったためにライコネンの5位フィニッシュが認められていればタイトル決定はお預けだったんですけど、ライコネンがペナルティで8位となったことによりフェラーリが逆転する可能性がなくなり、メルセデスAMGの2年連続コンストラクターズタイトルが決まってしまいました。ただ、メルセデスAMGとしては、せっかく調子よく進んでいたロズベルグの週末をしょーもないトラブルで台無しにした上に、ノーポイントとなったおかげでドライバーズランキング2位の座もベッテルに献上してしまうという結果を招きまして……タイトル獲得にケチがついたような形になったどころか、そもそも喜んでいる場合ですらないような感じなんじゃないでしょうか。そして、残るドライバーズタイトルについてもハミルトンの獲得はもはや時間の問題で、ランキング2位のベッテルが所属するフェラーリでさえ次戦・アメリカGPではグリッド降格承知の上で来季用PUのテストをするのではなどとウワサされる始末。今シーズンのF1はまだあと4戦あるのですが、ドライバーズタイトル未確定ながら完全に“消化試合”モードになってしまうかもしれません。まぁ、「何もかもメルセデスAMGが強すぎるせいだ!」とまでは言いませんけど、それにしても、ねぇ。ここまで他チームの白旗ムードがあからさまになってくると、競技としてのF1の存在意義自体が本当に問われるのではないですかね。
 あと、F1の2017年~2019年までのタイヤ供給につき、現行と変わらずピレリが供給することに決まったと発表されました。ピレリの他にミシュランも供給メーカーとして立候補していたようなのですが……まぁ、ミシュランは市販車に合わせてホイールを18インチ化してくれとの条件を出しているというもっぱらのウワサでして、コンストラクター側としたらカーボンブレーキシステムを装備しているF1マシンに18インチなんて大径ホイールを強制されたくはないでしょうからねぇ(※カーボンとかの最新素材で極限まで軽いF1の車体からすれば金属製ホイールは超重い部品ということになるが、18インチホイールは現行の13インチホイールより当然ながらはるかに重い上にバネ下重量が大幅に増加することになるし、ブレーキシステムが小さい以上ホイール径を大きくする必要もなく、極めて不合理)。ピレリのタイヤ自体には各チーム各ドライバーが満足していないとしても、これは仕方ないところですかね。他方、レッドブル&トロロッソの来季PU供給メーカーは未だ決まっておらず、「来季もルノーがレッドブルに供給する」説まで出ているとか……一体、どうなるんですかねぇ?なんとか話がまとまると良いのですけど。

|

« 「Forza Motorsport 6」、プレイ中 | トップページ | iPhone6s Plus、契約 ~その1(契約) »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Forza Motorsport 6」、プレイ中 | トップページ | iPhone6s Plus、契約 ~その1(契約) »