« 新型ウォークマン発表 2015 | トップページ | F1 2015 シンガポールGP »

2015年9月11日 (金)

新型iPhone&新型iPad発表 2015

 Appleが日本時間の昨日未明に新製品発表会を開催し、iPhoneの新モデルとなる「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」および新型「Apple TV」と「Apple Watch」のバリエーションモデル追加が発表されました。また、今年は新型iPadも同時発表されまして、ウワサされていた大型の「iPad Pro」と「iPad mini 4」が発表となりました。
 日本のTV事情からするとほとんど意味がなさそうな「Apple TV」(※このテの追加デバイスで日本のTVに劇的な変化が生じるんだったら、似たような機能を有するXbox Oneが“革命的デバイス”として日本市場を席捲してますよ。少なくとも「Xbox Oneの存在自体、日本では誰も知らない」なんて現状にはなっていないはず)とハード面では変更のなかった「Apple Watch」についてはおいといて……まずは、新型iPhoneですな。
 「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」は、4.7型液晶の「6」/5.5型液晶の「6 Plus」の外見ほぼそのままな改良版となりました。改良ポイントは、A9プロセッサ搭載/内蔵カメラや通信機能の改良/外装の強化/液晶画面を感圧式にした「3D Touch」採用ってところなようです。あと、新色として「Apple Watch」で使われていたローズゴールドが追加されました。ま、改良ポイントもローズゴールド追加も事前に予想されていたまんまだったので、“サプライズ”は一切なく、個人的には「こんなもんか」って感が強いです。ただ、「3D Touch」は気になる、というか気がかりですね。どれもこれも似たり寄ったりになってしまったタッチオペレーションの中で「押す」という操作を実用化した点は斬新で素晴らしいアイデアだとは思うのですが、極薄のガラス面を「押せ」と言われるとねぇ……「本当に大丈夫なのか?」って心配になるんですよね。この点、カバーガラスは二重イオン交換プロセスとかで強化してあるみたいですし、実際「iPad Air 2」なんか使ってると(※記事にはしてないけど、昨年128GB版を購入した。以前のモデルよりハードキーが1つ足りないことを除けば、薄くて軽くて良いiPadです)以前よりはガラスも割れにくくなってそうだし、実用化した以上は大丈夫なんでしょうけど……ねぇ。慣れてしまえばただの杞憂、だったら問題ないんですけどね。
 次に、新型iPad。A8XプロセッサとiOS機器で唯一2GB RAMを搭載していた「iPad Air 2」は今回更新されず、iOS最高性能は大型化した「iPad Pro」が引き継ぐこととなりました。A9Xプロセッサを搭載し(例によってRAM容量は不明。解析記事待ち)、12.9型・2732x2048ドット液晶を搭載(ちなみに、「Air 2」は9.7型・2048x1536ドット)。また、カバー兼用のキーボード「Smart Keyboard」/スタイラスペン「Apple Pencil」が純正オプションとして最初から用意されておりまして……どうやら、MSのSurfaceシリーズとか「VAIO Z Canvas」に代表されるクリエイター向け高性能Windowsタブレットあたりの客層取り込みを狙ってきてるようですな。「iPad Pro」は過去にない大きさのiPadになるので、昨年の「iPhone 6 Plus」と同様にとりあえずは現物を見て触ってみないことには判断しかねますが……どうなんでしょうね?13インチ液晶級のノートPCに近い大きさになりそうだから外で持ち歩くにはちょっとって感じになりそうだし、「PC代替」と言われても私ならVAIO ProみたいなモバイルPCを選びます(実際持ってるし)。家の中でお手軽ネット端末とするにもデカすぎそうな気がする(ご老体には見やすくて良いかもしれないが)。となると、特定の業務向けとかクリエイター向けってところになるのでしょうけど……そのへんの用途にしっかりマッチしたアプリが揃うかどうか、かな。タブレット端末全体の不振が言われて久しく、iPadも例外ではないわけですから、Appleとしても今までとは全く性格の違うiPadを出すしかなかったんでしょうかね。あと、「iPad mini 4」は、「3」からさらに薄く軽くなってA8プロセッサに更新、かつ「Air 2」同様の反射防止コーティングされたフルラミネーションディスプレイに変更と「3」と違ってそれなりに強化されてきましたが……地味ですな。しかも、発表会ではiPadラインナップの1つとして表示されただけで発言はなく事実上スルー扱いだったとか。今回はハード面でしっかりアップデートされているし、「3」ほどの酷い扱いではないかもしれませんけど、Appleにとってminiはやはり「どーでもいい」存在なのかもしれませんな。

 iPhone5sユーザーの私は、今秋契約更新を迎えますので、次の契約次の端末をどうしようか現在考え中だったりします。
 今回の6s/6s Plusを見ても「おおお、次はこれだ!これしかない!!」ってほどの魅力は残念ながら感じられなかったのですけど、同じく今秋出てくるであろうXperia Z5を見てもこれはこれで「うーん」って感じなので(5sのバッテリーが持たなくなったため、実はXperia Z3の白ロムを買ってここしばらく運用中だったりします。このZ3がまた評判通りの素晴らしい端末でして……Z5と言われても、Z4を見る限りむしろZ3より退化してそうな気さえします。パープルが復活したなら評価も変わっていたのですがそれもないし、「換えたい」って気がおきないw)、通常であれば6s/6s Plusのどちらか気に入った方を選ぶってことになるところなのですけれども……円安とか諸々で、今回の新型iPhoneは契約するとなると初期投資額が一体いくらになるやら、ちょっと恐いんですよね。なーんかauの買い替え支援策がやたら手厚いのもアヤシげですし、見たら目が飛び出るよーな額になってるんじゃないか、と。128GB版の6s Plusとかならともかく、64GB版6sでも「一括で持ち帰りたければ6桁包んで来いや」とか言われたりしたら……ちょっと、ねぇ。ケータイ契約に6桁とか正直かけたくないですし、実質は5万円とかになるとしてもさすがに契約そのものを考えてしまいます。予約開始前日夕刻になっても各キャリアからプランとか具体的な額とかが発表されてないってのもなぁ(9/12追記:予約開始当日午前になって、各キャリア揃って価格を発表しました。ドコモは全種全契約で5桁に抑えてきましたが、auとソフトバンクは6桁が……予想通り、高いです)。あと、今日になってセルラー版「iPad mini 4」の各キャリアでのプランは発表されたようですけど、こちらはコスト据え置きみたいなので、ガラケー回線を別に1つ持っていることもありますし、スマホは諦めてネット閲覧専用にiPadで回線契約することも考えています。iPad miniなら、持ち運びは多少困るだろうけど、その分バッテリーはかなり持ちますし(うちの5sは1年ちょっとでバッテリーが1日持たなくなった。4Sは1年半で1日持たなくなったし、iPhoneのバッテリーの耐久性はイマイチ信用できない。その点、iPadはうちにある個体のどれもがやたら長持ちなので、それなりに信用はできる)、PC同様にウェブサイト閲覧ができたりして使い勝手も良いですしね。
 ま、更新までの時間はもうしばらくあるので、あれこれ考えてみますわ。

|

« 新型ウォークマン発表 2015 | トップページ | F1 2015 シンガポールGP »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型ウォークマン発表 2015 | トップページ | F1 2015 シンガポールGP »