« F1 2015 イギリスGP | トップページ | F1 2015 ベルギーGP »

2015年7月30日 (木)

F1 2015 ハンガリーGP

 F1第10戦・ハンガリーGP決勝が25日に行われました。

 ハンガリーGP開催直前の17日、昨年の日本GP決勝でクラッシュし意識不明の状態が続いていたジュール・ビアンキが亡くなりました(享年25歳)。21日に行われた葬儀には多くのF1ドライバーが参列したようですが……前途有望な若者の事故死、そしてF1にとってはアイルトン・セナ以来の死亡事故となってしまい、残念でなりません。哀悼の意を表します。

 で、そのビアンキ追悼グランプリともなったハンガリーGPの予選。ハンガロリンクの中低速レイアウトとパワーユニット(PU)年間使用可能基数のレギュレーション変更もあって、期待されていたマクラーレン・ホンダでしたが……フリープラクティスでは順調だったものの、バトンが16番手タイムしか出せずQ1落ち/アロンソはマシンが止まってしまってタイムを残せずQ2落ち(15位扱い)、とまたまた散々な結果に。あとは、“メルセデスAMG勢1強”のいつものパターンで、ハミルトンがPP/2番手ロズベルグ。3番手ベッテル(フェラーリ)で、4番手にリカルド(レッドブル)が入り、5番手ライコネン(フェラーリ)。以下、6番手ボッタス(ウィリアムズ)、7番手クビアト(レッドブル)、8番手マッサ(ウィリアムズ)、9番手フェルスタッペン(トロロッソ)、10番手グロージャン(ロータス)。
 決勝。マッサの停止位置が悪かったとかでフォーメーションラップをやり直してのスタートとなったのですが、フロントローに並んだメルセデスAMG勢が2台揃って加速が伸びず、1コーナーでベッテルが先頭/2コーナーでハミルトンをかわしたライコネンが2位とフェラーリのワンツー体制になり、さらに6コーナーでハミルトンがコースアウトし10位まで落ちて……クラッシュとかなしに順位が大変動。そしてフェラーリ勢はスイスイ走る一方、ロズベルグはペースがイマイチ上がらずフェラーリ勢との差を詰められない、とまったく予想外な、しかしものすごく面白い展開になりました。ただ、追い抜きが難しいハンガロリンクだけあって、ハミルトンが追い上げてくる以外はその後あまり動きがなかったのですが……42周目、ヒュルケンベルグ(フォースインディア)のマシンのフロントウイングが突然脱落し、それを踏んでコントロールを失ったマシンがタイヤバリアに突っ込んで、バーチャルセーフティーカー/44周目にはセーフティーカー導入。これで各車間の差がなくなり、48周目にレース再開されると、ここからの終盤戦が大変なことに。ハミルトンとリカルドが接触してハミルトンはフロントウイング交換+ドライブスルーペナルティ/ボッタスとフェルスタッペンが接触して、ボッタスがリアタイヤ交換、フェルスタッペンにはピットストップペナルティ/ライコネンがPUトラブルでリタイア/リカルドとロズベルグが接触してタイヤがバーストしたロズベルグ後退/2位に上がってきたクビアトにタイムペナルティ、と上位勢だけでもさまざまなことが起こり、めまぐるしく順位が入れ替わりました(下位勢ではマルドナードさんが暴れ回って1レース中に計3回ものペナルティを科されるという、これまた大変なことになってた)。大波乱となったハンガリーGP、結果は、優勝ベッテル。2位にはペナルティ分を加算しても大丈夫だったビアンキで、初の表彰台。3位はメルセデスAMGの両方のマシンと接触したリカルドで、レッドブル勢が揃って表彰台。4位フェルスタッペンで、5位にひたひたと走り続けていたアロンソが入りました。6位にハミルトン、7位グロージャン、8位にロズベルグ。9位にはバトンが入り、マクラーレン・ホンダとなって初のダブル入賞。10位はエリクソン(ザウバー)。
 いやぁ、抜けないハンガロリンクで雨も降らなかったのに、凄いレースになりましたね。スタートでのベッテル&ライコネンの畳みかけるかのような追い抜きシーンには熱くなりましたし、接触事故が多かったのは問題だけどそれだけ限界ギリギリのバトルが多く見られたのもとても楽しかった。その上、終わってみればマクラーレンがダブル入賞を果たしてて、エースのアロンソが5位ですよ5位!上位陣(※ベッテル以外)総崩れな上にバトルに勝ちまくってのポジション獲得ってわけでもないといえばそうかもしれませんが、前日に酷い予選をやってたにも関わらず波乱の決勝レースを安定したペースでしっかり走りきった結果としての5位ですし、バトンのマシンもしっかり走りきって9位に入ってのダブル入賞ですからね。マクラーレン・ホンダがF1チームとしてキチンと機能するところまでようやく来たわけです。表彰台とか誰にでもわかる好結果にはまだ遠そうですけど、今回のダブル入賞という結果は素直に喜んで良いのではないでしょうかね。

 これにて、F1は毎年恒例となった“夏休み”期間に入ります。期間中のマシン開発は禁止されているのでマクラーレン側のシャシー開発はしばらく小休止ですが、ホンダ側のPU開発はやってもいいようでして、どうやら次戦のベルギーGPにはトークンも使って大幅な改良を施したPUが持ち込まれるようですな。
 まぁ、スパ・フランコルシャンやその次のモンツァはどちらもパワーサーキットなので、おそらくフェラーリやメルセデスもPUを大幅に改良してきそうですし(ルノーはまだらしいのですが……どうだろ?)、ホンダPUがパワーアップしても他のパワーアップ分で結局相殺されてしまいそうな気もしないでもないんですけど……ま、結果はどうあれ、一歩ずつ着実にホンダPUがF1で頂点を争うPUに仕上がっていくことを期待したいと思います。鈴鹿でカッコいいところを見せてくれるといいんですけどね。

|

« F1 2015 イギリスGP | トップページ | F1 2015 ベルギーGP »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2015 イギリスGP | トップページ | F1 2015 ベルギーGP »