« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月18日 (木)

NBAファイナル 2015

■2015年NBAファイナル
第1戦 ウォーリアーズ 108(OT)100 キャバリアーズ
第2戦 ウォーリアーズ   93(OT)95   キャバリアーズ
第3戦 キャバリアーズ     96-91    ウォーリアーズ
第4戦 キャバリアーズ     82-103   ウォーリアーズ
第5戦 ウォーリアーズ    104-91   キャバリアーズ
第6戦 キャバリアーズ    97-105   ウォーリアーズ

 “スリーキングス”を誇ったマイアミ・ヒートから“キング”レブロン・ジェームズが古巣のクリーブランド・キャバリアーズに復帰し、勢力図が一変したNBA。そのキャブスが勝ち上がってきたファイナルを、BSで録画しながら今年も見ましたよ。
 レブロンの移籍だけでなく、いろいろあった今シーズンのNBAはレギュラーシーズン(RS)から昨季とはまったく違った様相になりました。昨年のカンファレンスファイナルに勝ち上がったのは東がマイアミ・ヒートとインディアナ・ペイサーズ/西がサンアントニオ・スパーズとオクラホマシティ・サンダーで、誰が見ても「順当」だったと思うのですが……その4チームの今シーズンは、ヒートはレブロンが抜けた穴を埋められず、なんと10位/ペイサーズは開幕前に大ケガをしたポール・ジョージの穴を埋められず9位に終わって、どちらもプレーオフ(PO)進出すらできず。また、チャンピオンのスパーズは55勝するも6位に留まり、サンダーはデュラントの度重なる負傷による欠場もあって9位に終わりプレーオフに進出できないという、にわかには信じがたい結果となったんですよね(さらに、スパーズはPOで1回戦敗退した)。
 で、代わりに台頭したのは東では全員結束バスケで“東のスパーズ”ともいわれるようになったアトランタ・ホークス/西ではその3点シュートの華麗さから“スプラッシュブラザーズ”と呼ばれるようになったステフィン・カリー&クレイ・トンプソンを擁するゴールデンステート・ウォーリアーズ。この2チームに、東はレブロンが復帰しRS2位のクリーブランド・キャバリアーズ/西はジェームス・ハーデンとドワイト・ハワードを擁しRS2位のヒューストン・ロケッツがPOを勝ち上がってカンファレンスファイナルで激突。東はレブロンが牽引してキャブス/西はカリーが3ポイントシュートを決めまくって(※PO記録更新)ウォーリアーズがファイナルに進出しました。
 そして、ファイナルだったわけですが……ともに延長戦となった第1戦と第2戦(※ファイナル第1戦と第2戦が連続で延長戦になったのはNBA史上初)は互角だった/第3戦はキャブスの意地が上回った、とはいうものの、第4戦からはウォーリアーズの方が地力で上回っていたように感じました。ウォーリアーズの選手はファイナル出場経験すら誰一人持っていない(出場経験者はヘッドコーチのスティーブ・カーだけw)一方、キャブスには6回目かつファイナル5年連続出場中のレブロンをはじめジェームズ・ジョーンズやショーン・マリオンなど経験豊富な選手がいることから、経験の差が大きく出るファイナルでは「ウォーリアーズの方が不利かなぁ」と予想していたんですけどね……そんなもんはあっさり撥ねのけ、若さと勢いでNBAを制してしまいました。
 今回のファイナルのポイントは第1戦と第2戦ではないかと。どちらも延長戦になったんですけど、この2試合共に第4Q最後の攻撃権はキャブスが持っていました。その最後の“ラストショット”を2試合ともキャブスが決めて勝っていたら、おそらく若いウォーリアーズは自信を喪失して潰れたと思います(スイープできたかも?)。けど、それができずにどちらも延長に持ち越された。結果、体力を消耗し、チームとしての対処策をウォーリアーズ側に施され、調子が今ひとつだったエースのカリーにも覚醒され、為す術をなくしついには力尽きた、ってように私には思えました。キャブスは、POを“BIG3”のケビン・ラブとカイリー・アービングの双方を(ほぼ)欠く状態だった上に、ヘッドコーチがNBA初年度の人だったこともあってレブロンが“現場監督”までやってて、レブロン1人にあまりにも負担がかかりすぎたのが痛すぎましたな。そりゃ、“キング”だろうがなんだろうが、ああも仕事ばかりやらせたら神経はすり切れるし疲れ切りますよ。「“神”マイケル・ジョーダンなら、(上述の)“ラストショット”2本、きっちり決めてるよなぁ」とも思いましたけど、MJにはピッペンとフィル・ジャクソンが常に横にいましたからねぇ……1人に全てを求めるのは酷に過ぎるし、何よりそんな状況なのに「毎試合トリプルダブル」級の成績を残した人に見てるだけの人間が言えることなど何もないです。いわば飛車角抜きにしてシーズン途中加入の選手がスターターな急ごしらえのチームを引っ張ってファイナルまで戦い抜いたレブロンはやはり凄まじいし、それをチーム力で完全に上回って見せたウォーリアーズはNBAチャンピオンにふさわしいチームだったということでしょうね。今年のファイナルはアメリカでも高視聴率を叩き出したようですけど、すごく見応えのある面白いファイナルだったと思いました。優勝おめでとう、ウォーリアーズ!

 これにてNBAもシーズン終了となりました。来シーズンは、一体どうなりますかねぇ……エースが完全復帰すればペイサーズやサンダーがまた上位に上がってくることでしょうし、経験を得たウォーリアーズとホークスやロケッツも強くなってるでしょうし、キャブスもチームとして熟成が進めばもっともっと強くなれるでしょうからねぇ。
 来季のNBAもきっと面白いシーズンになることでしょう。楽しみに開幕を待ちたいと思います。

| | コメント (0)

2015年6月10日 (水)

F1 2015 カナダGP

 F1第7戦・カナダGP決勝が、7日に行われました。
 シーズン中にパワーユニット(PU)の性能向上を伴う一部改良が認められる「トークン」システムを使ってPUをアップグレードしたエンジンサプライヤーが、ついに登場。その最初のサプライヤーは、フェラーリとホンダ!「非力だったホンダPUも、いよいよくるか?」と期待されましたが……結果は芳しくはありませんでした。
 予選。まだ(シーズン中の)「トークン」を使った改良をしていないメルセデスPU勢が好調で、やっぱりフロントローはメルセデスAMGの2台。PPはハミルトン/2番手ロズベルグで、1分14秒台のタイムを叩き出したのは結局この2台だけ。「トークン」を使ってきたフェラーリ勢は、ライコネンが3番手でしたが、ベッテルは16番手タイムしか出せずなんとQ1落ち(しかも赤旗無視で5グリッド降格処分)。4番手はボッタス(ウィリアムズ)で、5番手グロージャン/6番手マルドナードとロータス勢が好調。7番手ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、8番手クビアト(レッドブル)、9番手リカルド(レッドブル)、10番手ペレス(フォースインディア)。アロンソ(マクラーレン)は14番手でしたが、バトン(マクラーレン)はERSトラブルが出て予選には出走できませんでした。
 決勝。トラブル発生→セーフティーカー導入が多いカナダGPには珍しく、セーフティーカーが1度も入らない極めてクリーンな展開に終始し、ハミルトン&ロズベルグはまったく危なげない隊列走行で優勝&2位。ライコネンは1回目のピット直後のヘアピンで不可解なスピンを喫したことでボッタスが先行、そのままボッタスが3位に入ってウィリアムズに今季初の表彰台をもたらしました。ライコネンは4位で、5位は後方から追い上げたベッテル。6位は同じく後方から追い上げたマッサ(ウィリアムズ)で、以下、7位マルドナード、8位ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、9位クビアト、10位グロージャン。マクラーレンの2台はリタイア。

 エンジンパワーがものをいうサーキットということで、メルセデスPUが本領を発揮しましたね。モナコでは散々だったウィリアムズも華麗に復活して表彰台ゲット、ロータスもダブル入賞でした。一方、3トークンを使ってPUをアップグレードしたフェラーリは、スペインで開いてしまったメルセデスとの差は詰めてきたものの、追いつくにはまだまだってところなのでしょうかね。
 そして、期待されたホンダの2トークン分のアップデートは……実際のところ、どうだったんでしょう?ドライバーは、パワーよりも信頼性や効率性の向上の方が大きいとか語っていたようなんですけど、結果は2台ともリタイアでしたし。まぁ、ホンダPUの割にカナダの直線でそれなりのスピードを出せていたわけですから、それなりにハイブリッドの効率性が(以前よりは)上がっていたんだろうと解釈することもできますが……もうちょっと、わかりやすい形で「良くなったね」と言えるようになってもらいたいですわ。ホンダが今シーズン中に使える残りのトークンは7つらしいのですが、ま、ゆっくり待ちましょうか。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »