« F1 2015 オーストラリアGP | トップページ | F1 2015 バーレーンGP »

2015年3月30日 (月)

F1 2015 マレーシアGP

 F1第2戦・マレーシアGP決勝が昨日行われました。
 予選。マクラーレン・ホンダのエースドライバーであるアロンソが今GPから復帰……したものの、MP4-30は未だ開発途上といった感じで、やはりというかQ1落ちをくらいました(バトン17番手/アロンソ18番手)。また、Q2では開始数分後に雨が降りだしたため事実上1ラップ勝負となり、コース上での位置取りがよくなかったライコネン(フェラーリ)やマルドナード(ロータス)が十分なタイムを出せずQ2で消えました。Q3はウェットながら、雨が止んでインターミディエイトで対応できる状態となり、結局ハミルトン(メルセデスAMG)がPPを獲得。が、2番手にはベッテル(フェラーリ)が入り、ロズベルグ(メルセデスAMG)は3番手。4番手リカルド/5番手クビアトとレッドブル勢が続き、6番手にはフェルスタッペン(トロロッソ)が入りました。7番手マッサ(ウィリアムズ)、8番手グロージャン(ロータス)、9番手ボッタス(ウィリアムズ)で、あの遅かったエリクソン(ザウバー)が10番手でした。
 決勝。晴れてドライコンディションとなって路面温度は61℃にも達しており、「タイヤ戦略が勝敗を決する」といわれていましたが、その通りになりました。スタート直後に接触があったらしく、マルドナードのリヤタイヤがバースト。マルドナードはすぐにピットに向かいましたが、ライコネンのリアタイヤはホームストレートを通過してからバースト。ライコネンは左リアタイヤなしで1周走ることになりましたが、すぐ後でエリクソンのマシンがグラベル上で止まったことから4周目にセーフティーカー導入となったため、結果的に周回遅れにはならずに済みました。ミディアムでは10周以下で寿命が来るという予想もあったことから、ここでメルセデスAMGの2台などミディアムスタートの多くのマシンがタイヤ交換したものの、ベッテルはここでタイヤ交換をしない選択をし、トップに立って再スタート後ペースアップ。このまま17周走りきって18周目にタイヤ交換し、ピットアウト時はメルセデスAMG勢に前に行かれたものの、22周目にロズベルグをパスして2位/25周目にはハミルトンがピットインしたためベッテルは1位に浮上。2回目のピット作業後はロズベルグの前に出て、ハミルトンが3回目のピットに入ったところでベッテルは再び首位に浮上。メルセデスAMG勢はタイヤに若干厳しいらしくて無理はできず、そのままベッテルが2ストップ作戦で逃げ切りました。ベッテルはフェラーリでの初勝利となり、通算40勝目。また、フェラーリが勝ったのは2013年のスペインGP(アロンソ母国勝利)以来ということで、ほぼ2年ぶりの優勝みたいですな。2位はハミルトン、3位にロズベルグで、4位はいつの間にやら上位に上がってきたライコネン。5位ボッタス/6位マッサとドライなら速いウィリアムズ勢が続き、7位にフェルスタッペンが入って最年少ポイント獲得記録を大幅に更新。8位にはサインツ(トロロッソ)が入って、こちらも2戦連続ポイント獲得。9位にはクビアト、10位にリカルドとレッドブル勢は“弟分”のトロロッソの後塵を拝する結果になってしまいました。マクラーレン・ホンダは、アロンソが22周目/バトンが44周目にリタイアし、完走はなりませんでした。

 ベッテル、やりましたね。「全戦勝っちゃうんじゃないの?」とか思われてたメルセデスAMG勢に8.569秒の差をつけての勝利ですよ。それも、マシントラブルを抱えた状態のメルセデスとかにではなく、ハミルトンとロズベルグ双方をきっちり打ち負かしての勝利ですからねぇ……いやはや、びっくりですわ。それに、ライコネンもあれだけトラブルが重なったというのに終わってみればしっかり4位とは。レースに「たられば」はないとは言うものの、もしかしたら今回フェラーリ勢で1位2位になれたかもしれませんな。「今年のフェラーリはマジで速い」、ですね。まだ開幕2戦しかやっていないので「フェラーリが完全に追いついた!」と断じるのは早いですけど、「状況次第では勝負になる」ということははっきりしたわけで、今年のフェラーリにはかなり期待できそうです。他方、昨年孤軍奮闘していたレッドブルは相当厳しそうですね。メルセデスPUを搭載しているとはいえ熟成不足のフォースインディアをDRS使っても抜けない所を見せられてしまうとねぇ……クリスチャン・ホーナーでなくてもルノーにキレたくなるでしょうなw。マクラーレン・ホンダは、まだまだですけど、オーストラリアGP時よりは数段マシになってましたね。フツーのF1マシンのスピードを出せるようになったのは良かったです。このまま改良に改良を重ねて、初ポイント獲得から表彰台復帰、表彰台の常連となっていってもらいたいところです。

|

« F1 2015 オーストラリアGP | トップページ | F1 2015 バーレーンGP »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2015 オーストラリアGP | トップページ | F1 2015 バーレーンGP »