« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月17日 (火)

新VAIO、発表

 衝撃の「ソニーのVAIO」終了発表<記事>から1年……ようやく、「ソニーではない新しいVAIO」が昨日発表されました。その名は、「VAIO Z」メーカーページ>。
 最初に「VAIO Z」の文字を見たときは「うひょー、“Z”を復活させてきたかぁ。やるなぁVAIO株式会社。」と思ったのですが……そのスペックを詳細に見てからは、なーんとなく釈然としない感じになりました。なんというか、「“Z”ちゃうやん。“Fit 13A”の強化型やないか」とでもいうか。
 初代「VAIO type Z」を買って今でも(延命の上で)使っている私にとって、VAIOの“Z”というのは「とんでもスペックのモバイルPC」のことであり、「なんでこんなスペックが13インチ液晶クラスのノートPCに入ってるの!?」と驚愕するモデルを指します。「ありえないスペック」を気軽に持ち運べるからこその“Z”だったのです。実際、歴代の“Z”はいろいろな工夫で「ありえない」を実現し、他社を圧倒してきました。この点、今回の「VAIO Z」も、TDPが28WなIntel第5世代Coreプロセッサにメモリを最大16GB搭載可能だったり、最近のモバイルPCとしてはかなりのハイスペックで競合他社製品より高性能なものに仕上げてきたことは間違いないのですが、「ありえない」ほどかと言われると正直そうは思えません。GPUがIntelのIris Graphics 6100(GT3)で性能はたしかに優れていて使うには十二分でしょうけど、あくまでCPU内蔵のGPUであり、「モバイルでも外付けGPU」ってのもVAIOの“Z”のアイデンティティだったよーな気もするので……なーんか今度の「VAIO Z」は“Z”だと認めたくないんですよね、個人的には。
 まぁ、今回の「VAIO Z」を作ったのは“Z”を創造していたソニーではなくVAIO株式会社ですし、「VAIO Z」のZはZeroのZとかでコンセプトも違っているようなので、「こんなの“Z”じゃねええぇぇぇ!」といくら言っても詮無きことではあるのですが。それに、モバイルPCのみならず、ノートPCやデスクトップPCも含めたPC全体の位置づけが“Z”の頃とは完全に様変わりしてしまっていて、「市販PCには、尖ったハイスペックなぞ全くもって不要」って空気が市場に充満していますからねぇ……そんな中で、VAIO株式会社という小規模メーカーが(タブレット型に変形するとはいえ)「最高のクラムシェルPC」に拘った製品を出してくれたことをむしろ感謝すべきかもしれませんな。他にはない特徴を備えているのは事実だし、デザイン的にもVAIOっぽさはありますしね。“新生VAIOのオリジナル製品第一号”としては合格点上げても良いのかな。今回の開発経験を糧として、さらなるVAIOを作っていってもらいたいと思いますわ。機会があればまた買いますから(昨年Pro 13買ったんで<記事>、俺は当分買えそうにないけどw)。
 ただ、ね。前々から試作機の存在が公にされ、後日発売されることが正式に発表されたもう一方の新製品・Windowsタブレット「VAIO Z Canvas」<メーカーページ>がですな……こちらは「ありえないスペック」をしっかり搭載していて、本当に“Z”っぽかったりするんですよねぇ。しかも、ITmedia PC USERのレビュー記事を読む限りでは、現時点で既に“クリエイター向け”として相応の使い勝手を誇っているようで、めちゃくちゃ尖った仕様なんですよね。値段が高そうなのがネックですけど、こちらは素直に「すげぇ」と感心しましたし、「欲しい」とも思えますわ。それに、「こんなの作れるんだったら、なぜにモバイルPCで“Z”を作らんのか」と言いたくもなってしまうのですが……ま、いいかw

| | コメント (0)

2015年2月 1日 (日)

AFCアジアカップ2015

■アジアカップ グループD
日本 4-0 パレスチナ
日本 1-0 イラク
日本 2-0 ヨルダン
■準々決勝
日本 1(4PK5)1 UAE
■3位決定戦
イラク 2-3 UAE
■決勝
韓国 1-2 オーストラリア

 サッカーのアジア王者を決めるアジアカップがオーストラリアで開催され、昨日行われた決勝戦で開催国オーストラリアが韓国を延長戦の末で下し、初優勝しました。前回は優勝で、連覇を目指していた日本代表は、グループリーグは3勝(勝ち点9)で1位通過したものの、決勝トーナメント1回戦(準々決勝)でUAE(アラブ首長国連邦)にPK戦で敗れ、「ベスト8どまり」という結果に終わりました。

 惨敗したW杯ブラジル大会の後、日本代表監督に就任したのはハビエル・アギーレ。今大会はその“アギーレJAPAN”の初の実戦となったわけですが……内容的には、悪くなかったと私は思ってます。もちろん「世界のベスト8」あたりを目指しているはずの日本代表が「(W杯ブラジル大会で1勝もできなかった)アジアのベスト8」にしかなれなかったという結果は極めて残念でしたし、日本は多くをW杯ブラジル大会出場組で固めた布陣だったにも関わらずブラジル大会不出場のUAEに負けるだなんて「何たることか!」と言いたくもなりますけど。でも、チームプレイとしては、各選手がよく走って連動できてて攻撃時にはゴール前に必ず3~4人並べてたし、守備も堅固とまでは言えないもののそれなりに安定してて、失点もUAEの大会得点王マブフートにくらった1点だけでしたしね。準備期間がとても短かった割に“ザックJAPAN”とは明確に違うサッカーを見せることができていたから、そう悲観的にならんでもいいんじゃないかと感じましたわ。まぁ、サッカーですし、勝てないときはどんなチームであろうと勝てず、負けるときは負けます。日本と同じくブラジル大会出場国で優勝候補だったイランも準々決勝でPK戦負けくらいましたし(イラクと3-3で、PK6-7敗戦。個人的には日本とイランが“2強”で、この2チームで決勝だろうと予想していた。ちなみに残りの“4強”は、オーストラリアとウズベキスタンだと思ってた。今回予想ハズレまくりw)。日本が目指すべきは目先の勝利だけでなく、あくまで次のW杯本大会で上位へ勝ち進むことですし、それに向けてより攻撃的なサッカーへの転換の兆しが見えたところは評価しても良いのではと思いました。
 ただ、アジアにもUAEに代表される新勢力が台頭してきたってところには注意が必要ですな(UAEは昔強かったけど)。グループAでは大会前ダメダメ言われてた韓国がオーストラリアに勝って1位通過しましたし、グループBはウズベキスタンに勝って中国が1位通過しました。グループCとDは予想通りだったんですけど、2位通過したUAEとイラクが4強に残りましたし……ちょっとでも気を抜くと、W杯出場枠を奪われかねません。本大会の出場の前提としてアジア予選突破があるわけで、日本はきっちり出場枠を確保できるだけの実力を備えておかないといけませんな。
 あと、サッカー日本代表にとって一番の敵は、日本そのものかもしれません。新監督に就任したアギーレさんは、以前スペインでレアル・サラゴサを率いていたことがあったのですが、そのサラゴサが2011年に八百長をしアギーレさんもそれに関与していたのではないかとの疑惑が大会直前に浮上しました。たしかに、プロスポーツにとって八百長というのは死活問題で、プロの監督業をしている者がそれへの関与の疑惑をもたれること自体非常によろしくないことではあります。しかし、それを八百長が行われたとされるスペインのメディアではなく、自国に代表監督として迎え入れた側たる日本のメディアが書き立て、それも国の威信をかけたアジアカップの最中に「なんで解任しないの?今すぐ解任しろよ!」と煽るってのはどういうことなのでしょう。そして一部のサッカー解説者と一部の自称サッカーファンもそんなメディアに釣られて「解任解任」とはしゃぎまわるというのは一体どういうことなのでしょうか。「八百長疑惑なんてもみ消せ」と言っているのではありません。大会が終わるまで騒ぐのは待つ、どうしてその程度のことすらできないのか。そして、そんな連中に限って「日本のサッカーは弱すぎる!」とかまた偉そうにほざいてたりするわけで……見ててウンザリでしたよ。揚げ足取るだけでは飽き足らず、さんざん足引っ張って、結局は八つ当たり的な罵倒をし続けてるだけ。日本サッカー協会に問題があるのも事実だしいろいろ変えていかないといけないでしょうけどね、こんな文句たれるだけのメディアや解説者や自称ファンの方が偉そうにしてる間は強くなれるもんも強くはならんでしょうな。ああいうのは迷惑、ただひたすら迷惑なだけなんですよ。いい加減にしてもらえませんかねぇ、マジで。
 若手の育成が今後の日本代表の課題であることがはっきりした点とか収穫も多々ありましたし、その課題克服に向かっていくという点ではハビエル・アギーレって人は適材だと私は思うのですが。疑惑はたしかに問題ですけど、疑惑が犯罪と確定するまではとりあえずアギーレ監督のまま日本代表の再構築を任せてもいいんじゃないのかな。

 残念ながらアジアカップ連覇は逃してしまったけど、次のW杯での上位進出を目指して、頑張って下さいサッカー日本代表。私は今後も応援していきますよ。

追記:
 2月3日、日本サッカー協会が突然アギーレ代表監督解任を発表しました。日本代表の再構築はアギーレ後任の新監督に委ねられることとなりましたが、 その後任が誰なのかは決まっていないらしく……今から代表監督になってくれる人、いるんですかね?八百長問題を解任理由にしているようだけど、スポン サー事情とか他の理由が大きいような気もしますが。
 何にせよ、ビジョンもなくこんな迷走した形で新チームを解体するんだったら、もう擁護もできませんわ。ブラジル大会惨敗の責任と合わせて、サッカー協会のお偉方にもきっちりと責任取ってもらわないといけませんな。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »