« Bleumer的投票行動 ~2014衆院選 | トップページ | Bleumer的選挙総括 ~2014衆院選 »

2014年12月22日 (月)

「軍師官兵衛」最終回

 今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」が、昨日最終回でした。
 「江 ~姫たちの戦国~」以来の戦国ものでしたが、主役が黒田官兵衛(黒田孝高)という戦国武将の中ではかなり地味めな人だったり、それを演じるのがジャニーズの岡田准一なことからアンチが騒いでいたりと、放送開始前は「どうなるかなぁ?」と若干心配もしていたのですが……始まってすぐに、そんなものはタダの杞憂となりました。播磨国の一勢力(小寺家)の一配下でしかない黒田家(しかも、元は薬売りで武士ですらないw)が、乱世の中でどうやってのし上がっていったのか、なぜ天下人・豊臣秀吉の軍師という立場にまで上り詰めたのか、について丁寧に描けていたと思いましたね。中盤の、三木合戦/有岡城幽閉(田中哲司さんの荒木村重も素晴らしかった)/高松城水攻め→本能寺の変→中国大返し、あのあたりは官兵衛・岡田准一のみならず、信長役の江口洋介/秀吉役の竹中直人さんらの熱演もあって、すごく見応えあって特に良かったですわ。終盤は、息子・長政の描き方がイイ感じでこれも良かったです。長政を演じた松坂桃李も「どうかな?」と見ていましたけど、複雑な心情を良く出せてましたね。感心しました。
 ま、ところどころに「?」な過剰演出みたいな所も見られましたし、最後の如水の天下狙いは「どうだろ?」と思いましたが(豊臣連合軍を率いて九州征伐をした張本人が、「九州を制圧して天下を取ろう!」って考えますかね?それに、関ヶ原時の九州には加藤清正がいて、単独制圧などとてもできない以上、前提からしておかしいと私は思ってます)……まぁ、仕方ないですかね。天下取りに行った方が話としては面白いだろうし。とはいえ、「江」とは違って概ね史実に沿って話が進んでいったので、その点でも良かったです。
 「軍師官兵衛」、1年通して毎週楽しく見ることができましたわ。期待以上のものを見せてもらえて、本当に今年1年日曜夜が楽しかった。官兵衛役を見事に務めあげた岡田准一さん、NHKのスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

 ただ、来年の大河ドラマは、なぁ。またも幕末女主人公ものでして……見る気が全く起きないんですよね。
 あと、その次は戦国もので真田幸村(信繁)が主人公の「真田丸」になるようですが、脚本が三谷幸喜氏ということで、こちらもどんなもんになるやら、ちと心配だったりします。面白い作品に仕上がるといいんですけど。

|

« Bleumer的投票行動 ~2014衆院選 | トップページ | Bleumer的選挙総括 ~2014衆院選 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bleumer的投票行動 ~2014衆院選 | トップページ | Bleumer的選挙総括 ~2014衆院選 »