« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月17日 (金)

新型iPad発表 2014

 今日の未明にAppleが新型のiPadを発表しました。今年も、だいたいリーク通りというか、ウワサされていた通りのものになりましたな。
 デカい方のiPadの新型(6世代目)は、「iPad Air 2」に。狭額縁&薄型の本体デザイン&9.7型・2048x1536ドットの液晶は現行Airそのままながら、フルラミネーションディスプレイ(カバーガラスとセンサーパネルと液晶パネルの隙間を埋めた構造のディスプレイ)と反射防止コーティング採用でより美しく、A8Xプロセッサ搭載でより速く、18%薄型化して6.1ミリ厚の世界最薄ボディを実現したってのが今回の“売り”みたいですね。あと、iPhone5sから採用されている指紋認証(Touch ID)とゴールドのカラーリングを追加した、あたりが現行Airからの変更点ですか。私が最も気にかけているRAM容量についてはやはり公式発表はされなかったので現状では解析待ち。A8Xは、現行AirのA7と比較してCPU40%/GPU250%高速化ということなので(※あくまで公称値)、RAMが2GBあってもおかしくはない、ともいえそうですが……どうでしょうかね?2GBになってくれてたら、私のAir 2の購入決断にも弾みがつくのですが。
 一方、小さい方のiPad miniの新型(3世代目)は「iPad mini 3」となりましたが……プロセッサがA8にすら更新されずA7のままで、他のスペック面でも現行Retinaディスプレイモデル(※今後は「iPad mini 2」に改称)から変化がなく、指紋認証(Touch ID)とゴールドのカラーリング追加がなされただけという、なんともガッカリなモデルとなりました。昨年はデカい方のiPadとminiにスペック差を付けなかったことに驚いたのですが、今年は逆であからさまな差(どころか、新型タブレットのプロセッサがiPhone 6にも劣るわけですから、「酷すぎる格差」と言うべきか)をつけてきたことに驚きました。デカいiPhone(iPhone 6 Plus)を発売したことが影響しているのでしょうかね?ウワサの中には「miniは更新されない」なんてのもあったりしまして「えええ、いくらなんでもそれはないだろ?」と疑ってましたが、むしろウワサの方が正しかったと言えるかもしれませんわ。さらに「このままminiは消える」なんてウワサもあったりしましたが、こうもAppleにminiを売る気が見えないとなると……案外、iPad miniというモデルは3以降更新されず、静かに終焉していくなんてこともあり得るかも(i Podは今年もラインナップが更新されなかったんですよね……マジで存続自体やばいかも)。ま、来年は何事もなかったかのように超進化した4世代目miniが発表されてたりするかもしれませんけどねw
 その他、Appleのイベントでは、他にiOS8の更新版である8.1や新OS Xである「Yosemite」、それに5k(5120x2880ドット)ディスプレイ搭載の新型iMac「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」とHaswell版「Mac mini」も発表されました。

 今現在、私は第4世代iPad(Wi-Fi版64GB)と初代iPad mini(Wi-Fi版64GB)を使っているのですが、デカい方のiPadは容量不足が深刻で128GB版が欲しい/小さい方のiPadはOSがどんどん重くなっていくことから処理速度を速いものにしたい、と思っていまして、どちらも買い替え/買い増しを真剣に考えていたりします。でも、昨年は結局iPad購入を見送ったことから「今年こそは買うぞ!」ということで、デカい方のiPad Air 2購入はほぼ“決まり”だったのですけど……iPad mini 3があまりに予想外なシロモノだったことから、「これなら、安くなったmini現行モデルを調達しとくか」となりまして、[整備済]な現行Retinaディスプレイモデルを今朝早くに注文しときました。まさかの「mini 3のRAMが実は2GB」はないと思ったし、64GBで税込3万円台なら「まぁ、いいだろ」と。
 というわけで、“後回し”になったiPad Air 2は、RAMが本当に2GBあるのかどうなのかとゴールドの実際の質感を店頭で見極めてから購入するか否かの判断をしようと考えています(※身につけるものに金色はあまり使いたくないけど、常時家で使うのが基本なデカいiPadだったら話は別で、金色も選択肢たり得る。基本的には枠が黒いスペースグレイ一択なんだけど、一応実物を見ておきたい)。実際に購入するにしても、少し先になりそうです。

 世界中で絶対的な人気を誇ってきたiPadも、売れ行きが鈍ってシェアを落としているようで、最近は巻き返しを図らねばならない状況とか。さらにデカいiPad(iPad Pro?)が登場するとも言われていますが……成熟しつつあるスマートフォン/タブレット市場で、今までのような革新的な製品はなかなかできないでしょうし、Appleも競合メーカーも大変でしょうけど、今後もタブレットの情報機器としての利便性をさらにさらに高めていってもらいたいですわ。

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

「Forza Horizon 2」、プレイ中

Horizon2
 “本命”のXbox One用ソフト「Forza Horizon 2」が先週発売されまして、予約買いの上、早速プレイしています。
 現在、レベル89まで進みまして、リストバンドはパープル。Horizonフィナーレ(1回目)に勝利して実績「Horizon チャンピオン」/スキルポイント稼いでパーク全解除し実績「スキル キラー」/バケットリストを30種オールクリアして実績「安らかに眠れ」/マップ上の道路を全制覇して実績「人間GPS」/お宝車を10種全部発見して実績「倉庫ハンター」/Horizonプロモで100車種写真撮って実績「フォトグラファー」、いずれも解除しました。
 結論から言いますと、期待通りのデキで大変面白い、です。久々にゲームにハマりこんでて、とにかく時間の許す限りプレイしまくってます。難易度の標準的設定が前作「Forza Horizon」よりさらにヌルめになったのもイイ感じ(※カスタム設定で、Drivatarレベル「一般レーサー」の場合。いくらでも難しくすることもできるし、もっと簡単にすることも可能)。今回“お題”をクリアするモードは「バケットリスト」というものに新たにまとめられまして、その中にはいくつか難しいのがあったりしますけど、それでも前作や「テストドライブ アンリミテッド」2作の“難題”に比べたらはるかにラクだったりしますし(THE HORIZONの#10と#13は、ナビを1箇所を除いて無視し、とにかく最短距離で走り切るべくリワインドを繰り返しながら走路と姿勢/速度を調整。最難関と思われるTHE SECOND HORIZON #7は、ヘアピンカーブのイン側の草むらにいかに姿勢良くドリフトで突っ込めるかがカギ。あとホイルスピンを最小にして素早く後輪のグリップ回復→加速させるアクセルコントロール、かな?)、とにかく「カードライブでユーザーを楽しませることに徹している」と感じられて好印象を持ちました(※同日発売のXbox360版の方はいろいろ問題抱えてるみたいですが……Xbox One版の方は、ほぼストレス感じずにプレイできると思える)。前から書いている通り、私はこの「Forza Horizon 2」のためだけにXbox One本体を購入したようなものだったりしますが、「本体買っただけの価値はあった」と納得できましたわ。久々の没頭プレイを十二分に楽しめているし、「Horizon チャンピオン」とかもクリアしたけど、ゲームの全要素からすればまだ4分の1程度みたいですしね。オンラインもあるし、あと1ヶ月、ヘタすりゃ年内はこれ1本でしこたま遊び通せるかもしれません。長く遊べてコストパフォーマンス面でも優秀なソフトです。
 やってて実に楽しいってことに間違いはないし「期待通りのデキ」だったのも間違いないのですけれども……ただ、あくまで「期待通り」であって、「期待以上ではなかった」とも言えます。前作「Forza Horizon」の記事で私は「次回作ってのがあるならば、こういうSNS的なドライブゲームってのは新しいジャンルなので、より進化しより洗練された作品に仕上がってくれてたらありがたいと思います」と書いたりしていたのですが……たしかにグラフィックは大幅に向上したし雨は降るし「クロスカントリー」というエクストリーム的な新しいレーススタイルも提案されてて面白いゲームに仕上がってはいるものの、新世代プラットフォームに移行したと言うにふさわしいレベルへと「進化した」とか「洗練された」という感じとは少し違うような気もしました。Drivatar(ドライバター)という各プレーヤーのプレイデータを蓄積したクラウド上の分身がローカルゲームに反映されるシステムが実装されてたりしますけど、フレンドさんのドライバターだけ異様に速いとかよくわからんところがあったりするし、相変わらずマップは広くないし、ニースの街並みとか地中海の景色があったりするもののそれほど風光明媚という感じでもない。レース形式のステージも多々あるけど、走るコースは結構限定的でして、結局のところ同じ所を何度も走らされるってことになったりして「変化に富んだレースができる」とまでは言えなかったりするしで、「作り込みの甘さ」をところどころに感じたりします。そのため、“思い出補正”がかかっているだけかもしれないけど、実験的な面もあった前作の方が作り込み具合などで完成度が高かったところもあるし、このテのゲームでは最高峰な「テストドライブ アンリミテッド2」のゲームとしての完成度を「超えた」とまでは言えないのではないかと。ローンチタイトルになった関係もあって完成度が明らかに低かった「Forza Motorsport 5」ほどではないにしろ、「Forza Horizon 2」にも時間的制約があったのかな?と勘ぐってしまいますわ。本当の意味でのXbox One版「Forza Motorsport」が「6」からだとすれば、真のXbox One版「Forza Horizon」ってのも「3」から、かもしれませんね。
 やってて楽しいし「Forza Motorsport 5」とは違って十分オススメできるゲームに仕上がっている、とは思いましたが、100点満点とまでは言えないかな。ただ、85点以上確実につけられるので、ゲーム上でのクルマの運転がそれなりにできる人であれば「買って損はない」と思いました。

 「テストドライブ アンリミテッド」シリーズの次回作が作られることはおそらくないですし、PS4向けに作られた「DRIVECLUB」もどうやら大したことなさそうなので、このテのタイトルで作品として今後も期待できそうなのは「Forza Horizon」だけだったりします。もし続編として「3」が製作されるのであれば、3年とか5年かかっても構わないので、徹底的に完成度にこだわったもので「テストドライブ アンリミテッド2」を完全に凌駕するゲームを作ってもらいたいなと思います。
 クルマゲーでそんな大作を作れそうなの、今やマイクロソフトだけだろうしなぁ……まずは「Forza Horizon 2」を存分に楽しませてもらいますけど、お願いしますよマイクロソフトさん。「すごい続編」ってやつを、何年でもお待ちしてますわ。

| | コメント (5)

2014年10月 6日 (月)

F1 2014 日本GP

 F1第15戦・日本GP決勝が昨日行われました。
 台風18号が接近する中(※その台風18号は、今日の午前8時過ぎに静岡県浜松市付近に上陸した)、ウェットコンディションで開催された今回の日本GP決勝は、先を見通せない難しいレースとなりました。
 予選。前日土曜日の予選はドライコンディションで行われ、鈴鹿が得意なはずのレッドブル勢が妙に不調で「あわやQ1落ち」みたいなタイムしか出せなかったりしたものの(※どうやらレッドブルは、決勝を見越してウェット寄りのセッティングで走っていた模様)、結局Q3に進出したのは上位5チーム(メルセデスAMG/ウィリアムズ/レッドブル/フェラーリ/マクラーレン)の10台となり、1分32秒台を叩き出したロズベルグ(1:32.506)とハミルトン(1:32.703)のメルセデスAMG勢がフロントローを独占。3番手ボッタス/4番手マッサでウィリアムズ勢が続き、5番手はアロンソ(フェラーリ)。6番手リカルド(レッドブル)、7番手マグヌッセン(マクラーレン)、8番手バトン(マクラーレン)。9番手に今シーズン限りでレッドブルを離脱すると発表したベッテル(レッドブル)が入り、10番手にはライコネン(フェラーリ)。FP2でマシンを壊してしまった小林可夢偉(ケータハム)は、旧スペックのマシンで予選に出走して21番手。
 何かにつけて「遅い」と言われる今年のF1マシンですが、昨年のPPタイムはウェバー(レッドブル)の1:30.915でしたから昨年型よりは1秒半ほどたしかに遅くなりましたけど、他方今年のスーパーフォーミュラ第1戦・鈴鹿のPPタイムはロッテラー(ペトロナスTOM'S)の1:37.02なので、「下位カテゴリーにも劣る」ということはなさそうですな。まだまだ“フォーミュラ最高峰”であることは間違いないようです。
 決勝。スケジュール通りに15時スタートとなりましたが、雨がひどく、セーフティーカー先導でスタートはしたものの2周でレッドフラッグ。しばらくして状態が持ち直したことから再びセーフティーカー先導で3周目から周回が再開され(ここでアロンソはマシンがストップしてしまい、リタイア)、10周目になってようやく実質的なレース開始となりました。全車タイヤはフルウェットでしたが、路面の状況が少し良くなりつつあったことからバトンらが早速ピットインしてインターミディエイトに履き替え、12周目には他車も追随したことで先行したバトンが上位に浮上。ただ、1位2位はメルセデスAMGの2台のままで、ロズベルグ/ハミルトンの順は変わりませんでしたが、25周目にDRS解禁になるとハミルトンが徐々にオーバーステアに苦しむロズベルグを追い詰めて、29周目にトップの座を奪い取りました。また、ダウンフォースを抑えたデザインのウィリアムズ勢はウェット苦手を克服できていないようで、レッドブル勢に揃って抜かれてしまい、ベッテルはそのまま好調なペースを維持して32周目にステアリング交換でピット作業に手間取ったバトンをパスします。が、このあたりから再び雨脚が強くなり始めて、41周目に再びDRS使用禁止となったところ、42周目にスーティル(ザウバー)がターン7でハイドロプレーニングを起こしてクラッシュ。その後、44周目にセーフティーカーが入り、46周目には2度目のレッドフラッグが振られてレース中断、このまま日本GPは終了となりました。優勝はハミルトンで、鈴鹿初優勝。2位はロズベルグ。3位には、45周目にピットインしたことで4位に順位を落としていたものの44周目時点での順位が優先されることとなったことからベッテルが入り、ベッテルは「鈴鹿での表彰台率100%」を今年も維持しました。4位はリカルドで、バトンは5位。以下、、6位ボッタス、7位マッサ、8位ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、9位ベルニュ(トロ・ロッソ)、10位にペレス(フォースインディア)。小林可夢偉は19位でした。
 フジテレビは今回、久々にF1グランプリを1戦まるごと地上波で放送しました(※ただし、録画で深夜枠。内容はBSフジ放送分と基本的に同じもの)が、そこでもほとんど取り上げられず、また国際映像にもほとんど映っていなかったのですが、2度目のレッドフラッグが振られたのはスーティルがクラッシュした現場でマシン撤去作業をしていた重機にビアンキ(マルシャ)のマシンが激突、ビアンキが「深刻な頭部損傷」を負ったためだったようです。セーフティーカーの前にもう1台オフィシャルのシルバーのクルマがコースに入っていて、どこかに急行していく映像は流れたので「あれ?」とは思っていたのですが……まさか、そんなに重大な事故が起こっていたとは。その後、ビアンキは救急車で病院に搬送されて手術を受けたとのことですが、事故から24時間以上経過してもビアンキの容態などについて正式な発表は何もなされておらず、心配です。手術が成功し、無事に復帰してくれることを祈っております。
追記:その後の発表によると、ビアンキは頭部に「びまん性軸索損傷」を負っており、容体は安定しているものの意識は今も戻っておらず入院継続中、とのこと。意識を回復して、普通の生活に戻れるよう祈っております。

「びまん性軸索損傷」を負っている
「びまん性軸索損傷」を負っている

 いやはや、土曜日に突然発表されたベッテルのレッドブル離脱には本当に驚かされました。レッドブルにはトロ・ロッソのクビアトが昇格することも合わせて発表され、クビアトの後釜には育成ドライバーの1人であるサインツJr.が座るのでは?と言われているようです。で、ベッテルはというと、どうやらフェラーリに移籍するようでして、パドックでは代わりにアロンソがフェラーリを出るのでは?ってウワサで、そのアロンソの移籍先はマクラーレン・ホンダになるのでは、と……本当に、本当にアロンソがマクラーレンに移籍して、来季から復帰するホンダエンジンを駆ってくれるというのなら、私Bleumerからすればまさに「願ったり叶ったり」です。跳ね馬を駆るベッテルというのも実に興味深いですし、なーんとなく面白くない今シーズンとは全く違ったエキサイティングなF1が来季は見られるかもしれません。ただ、F1は深刻な財政難のチームがいくつかありまして(ケータハム、マルシャ、ザウバー。それにロータスも?)、来季それらのチームが一気になくなると出走台数があまりに足りなくなることから「1チーム3台エントリー」が容認されるのではないか、との話が出ていまして、特にその話に積極的なのはフェラーリとか。その話が実現するとなると、来季のフェラーリは単にベッテルを加えたアロンソ/ライコネン/ベッテルの3台エントリー3人ドライバー体制になるってだけかもしれず……いや、まぁ、それならそれで仕方ないのですが、ねぇ。うーむ、やっぱり「ホンダのパワーユニット+フェルナンド・アロンソ」という組み合わせ、見てみたいですわ。実現してもらいたいなぁ、と思ってます。
 次戦は、連戦なので今週末開催。場所はロシア、初開催となるソチです。新設のサーキットでどんなコースなんだかよくわからないのですが、楽しみですな。

| | コメント (0)

2014年10月 3日 (金)

F1 2014 日本GP開幕

 今年のF1・第15戦となる日本GPが、三重県鈴鹿サーキットで今日開幕しました。
 その前に、当ブログのF1記事更新をしばらくお休みしていたので、お休み中のグランプリの結果をおさらい。
■F1第11戦 ハンガリーGP
・予選
1位 ロズベルグ(メルセデスAMG)
2位 ベッテル(レッドブル)
3位 ボッタス(ウィリアムズ)
18位 小林可夢偉(ケータハム)
・決勝
優勝 リカルド(レッドブル)
2位 アロンソ(フェラーリ)
3位 ハミルトン(メルセデスAMG)
リタイア 小林可夢偉(ケータハム)
■F1第12戦 ベルギーGP
・予選
1位 ロズベルグ(メルセデスAMG)
2位 ハミルトン(メルセデスAMG)
3位 ベッテル(レッドブル)
21位 ロッテラー(ケータハム)
・決勝
優勝 リカルド(レッドブル)
2位 ロズベルグ(メルセデスAMG)
3位 ボッタス(ウィリアムズ)
リタイア ロッテラー(ケータハム)
■F1第13戦 イタリアGP
・予選
1位 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 ロズベルグ(メルセデスAMG)
3位 ボッタス(ウィリアムズ)
19位 小林可夢偉(ケータハム)
・決勝
優勝 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 ロズベルグ(メルセデスAMG)
3位 マッサ(ウィリアムズ)
リタイア 小林可夢偉(ケータハム)
■F1第14戦 シンガポールGP
・予選
1位 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 ロズベルグ(メルセデスAMG)
3位 リカルド(レッドブル)
20位 小林可夢偉(ケータハム)
・決勝
優勝 ハミルトン(メルセデスAMG)
2位 ベッテル(レッドブル)
3位 リカルド(レッドブル)
リタイア 小林可夢偉(ケータハム)

結果を簡単に並べてみましたが……予選は「メルセデスAMG」の文字が並びまくりながら、決勝ではメルセデスAMG勢はマシンの信頼性に問題が生じることが多くなり「2台揃って表彰台」ってのがイタリアGPだけなんですよね。ただし、だからといって混戦になったかというと、そんなことはなく、メルセデスAMGの2人以外で今年勝ったのは未だにレッドブルのリカルドただ1人だったり、表彰台のメンツも限られてて(※イタリアのマッサは例外w)あまり変わり映えしなかったりで……なんとも「まるで盛り上がらず、さっぱり面白くないシーズン」という印象は強くなる一方です。さらに、日本のF1ファンとしては、ただ1人参戦している日本人ドライバーで“唯一の希望”ともいえる小林可夢偉に(ただでさえ不遇極まりないというのに)ベルギーGPにおける“ロッテラー(=アンドレ・ロッテラー。2003年に来日して以来日本で活躍し、欧州よりも日本のモータースポーツファンに馴染みが深いドライバー。私も正直「何故、よりにもよってロッテラーなのか……」と思った)代役事件”が起こり、ケータハムF1チームのゴタゴタが表面化して冷や水を浴びせられたどころかでっかい氷塊をぶつけられたような感じさえあります。その上、「客の入りが悪い」ことから「改革」と称してシンガポールGPからレース中のドライバーとピットの無線でのやり取りが一部禁止されたりしましたが、運営側はひたすら的外れなことばかりしているように見えて……「今年のF1、なんなんだよ」と怒りを通り越して呆れている人、多いんじゃないですかね。
 で、「来年からエンジンサプライヤーとして復活するホンダと組むマクラーレンが、日本GPに合わせて来季のドライバー(というか、アロンソ移籍)を発表するんじゃないか」ってウワサもあったりしましたが結局は発表自体がなされず、代わりに直前になって伝わってきたのは「ケータハムF1チームの資産が裁判所によって差し押さえられた」という何ともお先真っ暗なニュース。そして、マックス・フェルスタッペン(=ヨス・フェルスタッペンの息子)という超有望な新人が今日史上最年少(17歳と3日)F1デビューを果たしましたが、彼の若すぎる年齢は「本当に大丈夫なの?F1のスーパーライセンスってこれでいいの?」という問題も生じさせてしまっていますな。ホント、大丈夫なんですかね、F1。

 そんな中、日本GPは明後日に決勝を迎えます。明るいニュースとしては、その決勝の模様が深夜枠とはいえフジテレビ系列の地上波で2年ぶりに放送されることでしょうか。来年のホンダF1復帰でF1地上波放送も復活する(ホンダが番組スポンサーにも復帰することで実現可能?)といいのですが……どうでしょうかね。
 ま、細かいことはとりあえず抜きにして、まずは今年の鈴鹿での日本GPテレビ観戦、楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »