« Xbox One購入 ~その2・「Forza Motorsport 5」 | トップページ | ついに、700番台がきた! »

2014年9月11日 (木)

新型iPhone発表 2014

 Appleは日本時間の昨日未明に新製品発表会を開催し、iPhoneの新モデルとなる「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」および長らくウワサされていた腕時計型デバイス「Apple Watch」を発表しました。事前のウワサ通り「6」は4.7型液晶/「6 Plus」は5.5型液晶を搭載し、「掌に収まるサイズ」をずっと売りにしてきたiPhoneもついに大型化しましたね。
 とりあえず現物を見て触ってみないことには何とも言えませんけど、個人的に液晶大型化は「喜ばしいこと」と思っています。端末の大きさと使い勝手にはいろいろな意見があるでしょうが、2年使ったiPhone4Sの3.5型液晶はネット閲覧には明らかに「小さすぎ」でしたし、今使っているiPhone5sの4.0型液晶も「これで十分な大きさ」なんてとても言えません。この点、4.7型というのは「いいとこ突いてきたんじゃないか?」と。Plusの5.5型はサイズがまるで想像できず本当に実物持ってみないと判断できないですが、この5.5型もiPad miniとの兼ね合いという点からも「選択肢」として悪くないんじゃないかと思います(イヤなら選ばなければいいだけだし)。
 あとは、性能向上型のA8プロセッサ+M8コプロセッサ搭載/32GB版が廃止された一方、大容量の128GB版が追加/カメラは新設計の800万画素CMOSセンサーで、Plusは光学式手ブレ補正搭載/ついにNFCが搭載され、「Apple Pay」という決済機能に対応、ってあたりが現行iPhone5sから進化した点ですかね。とはいえ、光学式手ブレ補正もNFCもAndroid端末なら既に実装されてたりする機能だし、特別驚くようなことはなかったですな。問題は、RAMの容量ですね。現行iOS端末の1GBから増えているのかいないのか……2GBとかに増量されていれば「しっかり改良進化してきた」と認めてもいいけど、もし1GBのままだったら「ああ、そうですか」って感じです。たしかに、iOS7では1GBでもそれほど支障なく使えていますけど、アプリがやたら落ちるようになったときも一時期あったことはありましたし、電力消費量との兼ね合いはあるにしてもRAMが多いに越したことはないと思います。それに、32bitOSのAndroid端末は3GBが当たり前になってきているというのに、64bitOSのiOS端末がいつまでも1GBしかないというのはねぇ……納得しかねます。AppleはRAM容量を公表しないので分解・解析記事待ちですが、2GBになってたらいいんですけどね(そのうち発表されるであろう、次期iPadのこともありますし。ちなみに、次期iPadは購入を真剣に考えています)。
 それと、これは完全に好みの問題ですが、今回のiPhoneのカラーリングは「失敗」なのではないかと……スペースグレイは裏面の色が灰色すぎ/ゴールドはホワイトのラインが致命的にカッコ悪いように私には思えますわ。ま、これも実物を見たら質感とかの関係で「あれ?予想と違ってイイ感じだな」ってこともあったりしますし、そうあってもらいたいところです。
 まぁ、私は昨年iPhone5sに機種変更してもうじき2年目突入ってタイミングなので今は機種変更とか全く考えておらず、今回は“高みの見物”ですから「6が失敗作だろうがなんだろうがiPhoneはどーでもいいや」ってのが正直なところですが、「変化を恐れるようになった」Appleが“ジョブズの呪縛”を振り切って大型化をしてきたので、そこは評価してもいいかなと思いました。ただ、Android OSもOSとして熟成が進んで今では落ち着いた動作をしていますし、XperiaとかAQUOSとか国産のイイ感じな端末もあったりしますし……そんな中でも、とにかく「iPhoneはより魅力的」であり続けて欲しいところなのですが、その魅力が失われ続けているのは「もう止められないのかな」と感じたのも事実ですわ。来年、機種更新のタイミングが再びやってきたときに「やっぱり、次もiPhoneだよな」と思えることを期待しています。

 あー、そうそう「Apple Watch」でしたか、あれは要らないです。デジタル腕時計ってもの自体が古くさいし、腕時計型でやれることはカシオが既にデータバンクとかで全部やり尽くしました。なのにどうしてショボいデジタル腕時計にしたがるのか、私にはまったく理解できませんわ。どうしても腕時計型でスマホと連携するものが欲しいのなら、私だったら腕時計型開発の経験が世界一なカシオのBluetooth対応型腕時計を買いますよ(ヘンテコな腕時計作らせたら、カシオは本当に世界で最高最強。私が保証します。アップルだろうが、ソニーだろうが、その点では足もとにも及ばない)。
 何が何でも外部デバイスをスマホと連携させたいのなら、考え得るセンサーというセンサーを装備しまくってぶっ飛んだデザイン(※ただし、安っぽいのは絶対ダメ)のBluetoothなブレスレットとネックレスのセットでも作り込んだ方がまだマシなような気がしますけど?それでは液晶(有機EL)ディスプレイがつけられない?ディスプレイなんざ連携先のスマホの画面1つあればいいんですから、デバイスの側には不要。仮に何かしらの革新的機能が装備できたとしても、合理性のないものなんて物好き以外には売れないでしょう。ディスプレイ装備のウェアラブルデバイスで合理的なものとなると、Google Glassみたいなメガネ型かゴーグル型ぐらいのものだろうと私は思います。

|

« Xbox One購入 ~その2・「Forza Motorsport 5」 | トップページ | ついに、700番台がきた! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

機能どうこうよりもバッテリーどうにかしてほしい。電波オフ無操作状態で一週間持つかってとこだし。(iPhone5)

投稿: TOMI | 2014年9月13日 (土) 08時53分

お久しぶりです。
リチウムイオンとか充電池の経年劣化はどーしよーもないですからねぇ……うちのiPhone4Sも使用1年半あたりから1日もたなくなりましたし、昔使ってたiPod touchなんてどんだけフル充電しても30分でなくなる状態になったこともありました。
一方で、iPad2や初代iPad miniは未だに電池のもちがやたら良かったりしてます(ちなみにiPad4はフツー)。Appleの省電力技術って、ダメなのか凄いのかよくわからんですw
今回のiPhone6、特にPlusは筐体大型化に伴いバッテリーも大きくなってA8も電力くわないから、電池のもちは改善しているとか。実際にもつようになってたらいいんですけどね。

投稿: ブルーメール | 2014年9月13日 (土) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Xbox One購入 ~その2・「Forza Motorsport 5」 | トップページ | ついに、700番台がきた! »