« サッカーW杯ブラジル大会準決勝終了 | トップページ | F1 2014 ドイツGP »

2014年7月14日 (月)

サッカーW杯ブラジル大会閉幕

■3位決定戦
ブラジル 0-3 オランダ
■決勝
ドイツ 1-0 アルゼンチン

 サッカーW杯ブラジル大会決勝戦が日本時間早朝に行われ、延長線の末、ドイツがアルゼンチンに勝利。24年ぶり4度目の優勝を飾り、南米/北米開催の大会において欧州勢として初の優勝国になりました。
 試合は、ドイツもアルゼンチンも決定機をいかしきれずにスコアレスのまま90分を終了。「このままPK戦か?」と思い始めた延長後半8分、途中出場のゲッツェが得点し、これが決勝点となりました。いやぁ、決定的な場面はむしろアルゼンチンの方が多かったし、ドイツの選手たちは疲労困憊って感じで、アルゼンチンが先制しさえすれば優勝できた試合展開だった気がしましたが……メッシ不発で、1点が果てしなく遠かったですな。この点、きっちり点を取って優勝を勝ち取ったドイツは立派でしたし、今大会のワールドカップを持って帰るにふさわしいチームだと思いました。優勝おめでとうございます。
 準優勝はアルゼンチンで、メッシが大会MVPに選ばれましたが……正直、MVPってほど活躍できてはいなかったと感じますけど、いいんですかねw(ちなみに、得点王は6点取ったコロンビアのロドリゲスで、コロンビア代表はフェアプレー賞を受賞したんですが、準々決勝でネイマールの腰椎を骨折させ病院送りにしたコロンビアがフェアプレーって、ねぇ?それはないよなぁ)。
 3位はオランダ。試合前には「3位決定戦なんて、やる気でねーよ」とか公言してたのに、始まってみれば故障を抱えとかなんとか言ってたファンペルシは先発だわロッベンもキレキレだわの本気モードで、前半に2点取ってブラジル代表を消沈させた上、後半にはしっかりトドメも刺す徹底っぷり。一方のブラジルは、チアゴ・シウバが復帰したにもかかわらず結局攻守共にユルいサッカーに終始してしまい、準決勝に続いての惨敗となりました……カナリア軍団は重症どころか準決勝から危篤状態ですな。ホントどうしちゃったんですかね?
 個人的にはブラジル代表に優勝してもらいたかったのですが、準決勝/3位決定戦のユルユルグダグダなサッカーでは勝てるはずもなく(※あの茫然自失状態のブラジル相手なら、日本代表でも勝てたはず。それくらい酷かった)、大会通して攻撃的サッカーを貫いて対戦相手から常に逃げなかったドイツが優勝したことで「良い形で終わったなぁ」と思いました。やはりサッカーは点を取る競技である以上、「攻め勝たないとダメ」ってことなんですかね。

 次のサッカーW杯は、ロシア大会です。欧州勢が強い大会になりそうですが……どうなるんでしょうな。
 再び熱いサッカーを見て興奮できることを期待して、また4年間待つこととします。

|

« サッカーW杯ブラジル大会準決勝終了 | トップページ | F1 2014 ドイツGP »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーW杯ブラジル大会準決勝終了 | トップページ | F1 2014 ドイツGP »