« サッカーW杯ブラジル大会閉幕 | トップページ | Bleumer的「最後のソニーVAIO」購入記 »

2014年7月21日 (月)

F1 2014 ドイツGP

 F1第10戦・ドイツGP決勝が昨日行われました。
 第9戦・イギリスGPは、PPのロズベルグ(メルセデスAMG)が決勝中盤でギアボックストラブルのためにリタイアし、予選Q3のラストアタックをしなかったことで6番手スタートとなってしまったハミルトン(メルセデスAMG)が母国優勝を勝ち取りました。2位は、Q1落ちして14番手スタートだったボッタス(ウィリアムズ)。マシンのストレートスピードの速さを活かしきって自己最高位を更新。3位には8番手スタートだったリカルド(レッドブル)が入り、以下は4位バトン(マクラーレン)/5位ベッテル(レッドブル)/6位アロンソ(フェラーリ)/7位マグヌッセン(マクラーレン)/8位ヒュルケンベルグ(フォースインディア)/9位クビアト(トロ・ロッソ)/10位ベルニュ(トロ・ロッソ)でした。チーム売却が正式発表されたケータハムの小林可夢偉は15位完走。

 で、ホッケンハイムで開催された今回のドイツGP予選は、Q1でハミルトンのフロントブレーキディスクが突然割れる→クラッシュというアクシデントが発生。ブレーキ交換を余儀なくされたハミルトンは結局20番手スタートということになりました。一方、ロズベルグのクルマにはブレーキトラブルは起こらず(※同じクルマながら、ブレーキのメーカーがハミルトン車とは違う模様)、あっけなくPPを獲得。今回より前後のサスペンションを連動制御するFRIC(Front to Rear Inter-Connected)サスペンションシステムが事実上使用禁止となってしまい「メルセデスAMG勢にとっては痛いのではないか?」と言われていましたが、あまり影響はなかったようです。2番手にはボッタス/3番手にはマッサが入り、ウィリアムズ勢の好調さはホッケンハイムでも持続。4番手はマグヌッセンで、5番手はリカルド、ホームGPのベッテルは6番手。7番手はアロンソ、8番手クビアト、9番手ヒュルケンベルグ、10番手はペレス(フォースインディア)。ドイツGP終了後の解雇説も流れ始めた小林可夢偉は20番手。
 決勝。1コーナーでマッサとマグヌッセンが接触、マッサのマシンが派手に宙を舞ったためいきなりセーフティーカー導入。「荒れる展開か?」とも思いましたが、早々にセーフティーカー解除となった後は心配された雨も降ることなく、バトルはあちこちで起こりながらも落ち着いたレース展開となりました。そうなると、マシンの実力差が露骨に出て……やっぱりバカっ速なメルセデスAMGのハミルトンがスルスルと順位を上げまして、終盤には2位のボッタスにも追いついたのですが、ウィリアムズは直線最速だけあって抜くことはできず、結果は3位表彰台となりました。優勝は、余裕の独走で国際映像にほとんど映らなかったロズベルグ。ロズベルグは母国GPでは初優勝で、メルセデスとしても母国GP制覇は1954年ニュルブルクリンクでの優勝(ドライバーはあのファン・マヌエル・ファンジオ)以来とか。4位は同じく母国GPのベッテルで、5位はアロンソ。以下は6位リカルド/7位ヒュルケンベルグ/8位バトン/9位マグヌッセン/10位ペレスで、小林可夢偉は16位完走でした。

 マシントラブルこそ出てはいるものの、メルセデスAMGの優位は前半戦はどうやら揺るがないみたいですな。次戦のハンガリーGP後は例年通り“夏休み”に入りますけど……“夏休み”明けに勢力図が激変するとも思えないし、超高速のモンツァだとウィリアムズ有利になるかもしれませんがシルバーストーンでも速かったとなるとスパや鈴鹿やオースティンとかもメルセデスAMG有利でしょうし、2014年のチャンピオンシップはメルセデスAMG勢の2人の争いってことでもはや確定ですかね。
 心配なのは、小林可夢偉です。ケータハムF1チームがトニー・フェルナンデスからコリン・コレスを中心とするスイスと中東の投資家グループに売却されてしまい、トニー・フェルナンデスと直接かけ合ってドライバー契約を勝ち取ったような可夢偉さんはあまりよろしくない立場になってしまいそうなんですよね。しかも、チーム代表にはクリスチャン・アルバースが就任したようですけど、実質上のチームの運営者はよりによってあのコリン・コレス……無給で走っているとはいえ“ペイドライバー”ではない可夢偉にとってはヒジョーによろしくない状況ですな。さすがに連戦で今週末開催のハンガリーGPには出走するでしょうけど、“夏休み”明けには別のドライバーがシートに座ってたとしても何の驚きもありませんわ。まぁ、コリン・コレスの下で働くくらいなら離脱した方がはるかにマシ、かもしれませんがw。今シーズン、なんとかF1で最後まで走れたらいいのですけどね。せめて、鈴鹿までは走っててもらいたいですわ。

|

« サッカーW杯ブラジル大会閉幕 | トップページ | Bleumer的「最後のソニーVAIO」購入記 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーW杯ブラジル大会閉幕 | トップページ | Bleumer的「最後のソニーVAIO」購入記 »