« F1 2014 オーストリアGP | トップページ | サッカーW杯ブラジル大会グループリーグ終了 ~その1 »

2014年6月26日 (木)

ニコンD810発表

 ニコンが今日、新型デジタル一眼レフ・D810を発表しました<メーカーページ>。
 その名の通りD800/D800Eの後継機にあたり、画像処理エンジンが最新のEXPEED 4に変わった(※D800/D800EはEXPEED 3)だけでなく、撮像素子も3635万画素のものに更新され、常用感度がISO64~12800になりました(※D800/D800Eは常用感度ISO100~6400)。さらに、拡張感度としてISO32相当までの減感が可能とか……ニコンにしては珍しく低感度方向に振ってきましたね(※高感度側もISO51200相当まで対応してるけどw)。また、D7100同様光学ローパスフィルターレスモデルのみとなったので、正確には「D800Eの後継機」と言うべきですかね。他にも、シャッターユニットや駆動機構にミラーバランサーに背面液晶までも刷新されているとかで、なんつーかほとんどフルモデルチェンジと言っていいくらいの変わりっぷりですな。スペック的には、かなり良さげに思えます。

 うちのカメラは、FXフォーマット(フルサイズ)だと今もD700が現役であります。別にD700だから困っているとか問題があるとかってことはないのですが、買って6年にもなるし、そろそろ「買い替えの頃合いかなぁ?」と以前から一応考えてはいます。D800の購入も検討したことはありましたが、「3600万画素もいらんし、D700のままでいいや」って感じで結局買わず終いになりました。超高画素機D800/D800Eや廉価機D600/D610ではなく、“D4ジュニア”的な「D700の後継機」が発売されてたらすぐにでもとびついてたんですけど(たぶんw)、そのような機種は一向に現れず……となると、今回のD810をうちの次期FXフォーマット機として真剣に検討する他ないですかねぇ?
 今年中は予算の都合もつきそうにないし(※年内は未購入のPS4とかXbox Oneの方が優先順位高い)、早くても「買うのは来年」でしょうから、“次期カメラ”についてはゆっくり考えればいいんですけどね。まぁ、うちの“次期カメラ”の有力候補として、発売されたら使い勝手とか店頭であれこれチェックしてみようと思ってます。

|

« F1 2014 オーストリアGP | トップページ | サッカーW杯ブラジル大会グループリーグ終了 ~その1 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2014 オーストリアGP | トップページ | サッカーW杯ブラジル大会グループリーグ終了 ~その1 »