« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月22日 (火)

F1 2014 中国GP

 F1第4戦・中国GP決勝が一昨日行われました。
 第2戦・マレーシアGPは、予選ウェットでハミルトンがPP(ロズベルグ3番手)→決勝ドライでハミルトン優勝、ロズベルグ2位
 第3戦・バーレーンGPは、予選決勝ともにドライでロズベルグPP/ハミルトン2番手→終盤にセーフティーカー導入されるも解除後他チームをまったく寄せ付けず、ハミルトン優勝/ロズベルグ2位……と、2戦続けて「メルセデスAMGとそれ以外」という一方的な展開のレースに。
 そんな流れでやってきた中国・上海インターナショナルサーキットでしたが、予選はウェットコンディション。そんな中、ハミルトンが予選通してただ1人53秒台(1:53.860)をマークして悠々PPを獲得したものの、ロズベルグは4番手タイムに留まり、2番手はリカルド/3番手にベッテルとレッドブル勢が割って入りました。以下は、5番手アロンソ(フェラーリ)、6番手マッサ(ウィリアムズ)、7番手ボッタス(ウィリアムズ)、8番手ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、9番手ベルニュ(トロ・ロッソ)、10番手グロージャン(ロータス)。
 しかし、ドライコンディションとなった決勝では、ハミルトンは燃料消費量が全車最少のままひたすらトップを快走/スタートで遅れて7位まで落ちたロズベルグは中盤から猛烈な追い上げを開始して42周目にアロンソをあっけなくかわし2位浮上、で3戦連続のワンツーフィニッシュとなりました。

 もう、メルセデスAMGの2台だけが“別次元”の速さです。特に、ハミルトン。結果的には3レースともに3位に入ったマシンと24秒程度の差しかつけていませんが、それはペースを余裕をもって調整しまくっているからでしかなく、全力で走ったら「他チーム全て周回遅れ」にもしかねない恐るべき性能差ですな。メルセデスのパワーユニット(PU)が他よりも(かなり)優秀なのもありますが、そんなメルセデスのPUを積んでいるはずのマクラーレンは開幕戦の好結果がウソのように不調になってしまっているのを鑑みると……PUも含めたW05のパッケージング全体で他を圧倒しているのでしょうな。
 他方、昨年まで他のマシンを圧倒していたチャンピオンのベッテルさんは……マレーシアGPでは予選2番手/決勝3位表彰台だったものの、バーレーンGPでは予選Q2落ち/6位入賞、中国GPでは予選3番手から5位入賞と精彩を欠き、2戦続けて同僚のリカルド(バーレーン/中国ともに4位入賞)にも勝てませんでした。ま、調子が上がらない(というか、絶不調の)中、それなりにポイントを獲得しているところは「さすが」なのですが……あの“無双”っぷりからしたら、信じられないくらい今年のベッテルは苦しんでますね。しかも、リカルドの方が速くて「先に行かせろ」とチームオーダー出されちゃうのは相当キツいでしょうな。
 それに、フェラーリ。アロンソが今回の中国GPで3位表彰台を獲得でき、ドライバーズランキングでも3位に浮上したから良かったものの……チーム代表のステファノ・ドメニカリが中国GP前に突然辞任したり、復帰したライコネンは不調でポイント獲るのがやっとみたいな状態だし、こちらもうまくいってなさそうですね。どうやらPUがメルセデスやルノーより重いとか言われてて不利なようだし、何よりライコネンがこうも力を発揮できないというのはちょっとなぁ。“ヨーロッパラウンド”ではなんとか立て直してもらいたいものです。
 あと、マクラーレンもなんとかしてもらいたいですね。リカルド失格で開幕戦ダブル表彰台の快挙を成し遂げたのも束の間、マレーシアではダブル入賞(6位&9位)できたものの、バーレーンと中国ではポイント圏外に消えてしまいました。来季ホンダ製PUに乗りかえるのが決まっていることからメルセデスの供給優先順位が低くなってしまう分は差し引くにしても、有利なメルセデスPU積んでいながらトロ・ロッソと同レベルの性能しか発揮できないってのは「シャシーに問題がある」としか思えませんな。“出戻り初年度”となる来季のホンダに過剰な期待はしていませんけれども、「ポイント争いすらできない非力なホンダエンジン」ってのはさすがに見たくないので……来季唯一のホンダユーザーとなるマクラーレンには「現行ルール下での上手な設計」ってやつの目処くらいは立てておいてもらいたいものです。
 今季から復帰した小林可夢偉(ケータハム)は、マレーシアGPでは予選20番手/決勝13位、バーレーンGPでは予選19番手/決勝15位、中国GPでは予選18番手/決勝18位、という結果になりました。それこそ「ポイント争いすらできない」結果ではありますが、ケータハムのボロいマシンでちゃんと完走しているし、マレーシアはチーム最高位タイの順位だし、ドライバーとしての仕事はきっちりやっていると思います。それに今回の中国GPは、ファイナルラップでライバルチームのビアンキ(マルシャ)のマシンをぶち抜いたというのに、運営側のチェッカーフラッグのタイミングミスで無効にされる(※本来56周で争われるところ、55周の時点でチェッカーフラッグが振られたため、規定により54周目の順位が最終結果となった)という不運もありました。関係者の評価もそれなりにされているのだろうとは思いますが……再び中堅どころのチームのシートに戻るには、やはり「ケータハム初ポイント獲得!」とか目立つ実績が必要になるのでしょうかね。

 次戦は、“ヨーロッパラウンド”開幕戦となる第5戦・スペインGP。F1はここからが本当の勝負となりますが……レッドブル&ルノーやフェラーリが開発を進めて、とにかくメルセデスAMGの独走を止めてくれることを期待しています。

| | コメント (0)

2014年4月 6日 (日)

「ガンダムビルドファイターズ」その他最終回

 本日、BS11で放送されていた「ガンダムビルドファイターズ」が最終回を迎え、私が見ていた“冬アニメ”は全て終わりました。
 「ビルドファイターズ」は2クール放送だったので正確には“冬アニメ”ではないのですが、熱くて良い作品でした。なぜか現代日本にランバ・ラルがいたりして最初は「“ガンダム”の紛い物か」と冷めた目で見てたんですけど、低年齢層向けアニメにしてはストーリーがしっかりしてたりキャラもきちんと立ってたりして、作品として見事にまとまってましたね。劇中でのガンプラ(=ガンダムプラモデル)の描かれ方も丁寧で実にカッコ良く、「ガンプラ販促番組」としてもうまく機能したみたいだし、誰も不幸にならない結末もとても良かったです。

 いわゆる“冬アニメ”では、「ウィッチクラフトワークス」と「未確認で進行形」の2つが良かったです。どちらも“萌えアニメ”系で放送前は全く期待していなかったのですが、萌え表現もさることながらストーリーがしっかりしていたので見ていて安定感があり、ハズレ回もなかったですね。あと、どちらも“暴走キャラ”はいるけど(特に、妹ウィッチの霞ちゃんと姉で生徒会長の紅緒様。どっちの暴走っぷりも凄かった。さんざん笑ったなぁw)「悪い人」はほとんどおらず、基本的に「良い人」ばかりだったのも見ていて心地よかったです(敵のはずのKMM団もメデューサでさえも良い人だった)。今の世の中、リアルも、ネットも、極めて殺伐としているので……シリアスな話よりもこういう穏やかな話の方が「ほっ」とできてイイですわ。楽しかった。ぜひ両方の2期シリーズを作っていただきたい、と思いました。
 あと、「銀の匙 Silver Spoon(2期)」「マギ(2期)」 も話が極めて安定していて良かったですな。原作進行に合わせて3期もぜひお願いします。「鬼灯の冷徹」も、ドSキャラの鬼灯さんが繰り出す変化球的なギャグで笑えて面白かったかな。評判も良かったみたいだし、最終回も特別な話ではなかったし、おそらく続編制作も確実ってところですかね。
 その他、今期はいろいろ過去最高レベルの数の番組をチェックしてましたけど……「ノラガミ」は、魅力的なのがヒロインの壱岐ひよりぐらいだった/「桜Trick」は、「共学校の校舎内で女子同士でキスしまくり」というシチュエーションにどうしても納得できず、中盤から楓&ゆず(みかんさんw)のペアばっか見てた/「ノブナガン」は、終盤の「ストーンフォレスト作戦」ネタ(※9人の戦士が世界を救うところから、「サイボーグ009」→石ノ森章太郎大先生→石:stone+森:forest)でちょっと見直したけど、あとは全般的にイマイチ/「バディ・コンプレックス」は、時間転移ものとしてありがちなストーリーなのとバリアンサーのデザインがイマイチでハマれなかった/「世界征服 ~謀略のズヴィズダー~」は世界征服もののはずが結局は東京ローカルものでしかなくこぢんまりとしてしまったところが残念、だったかな。2クール続いた「キルラキル」は、絵はとにかくエネルギッシュで凄かったけど、ストーリー的には単調で盛り上がりに欠けた印象が残りました。「グレンラガン」が果てしなく突き抜けすぎたのか……途中までの展開が似てしまった分、どうしても物足りない感が強かったですわ。
 ま、それでも、どの作品も途中で切ることなく最終回まで見ましたから、どれも「悪い作品ではなかった」とは感じました。ただし、「魔法戦争」……あれはダメだ。ストーリー自体が陳腐な上に、状況設定すらもおざなりで、かつ説明も完全に不足。展開も断片的な描写しかないから何をやっているかさえもわからず、キャラもどいつもこいつも全然立たなくてまるで魅力なし。EDの「Born to be」だけは映像も歌も素晴らしかったけど(シングル「魔法戦争ver.」でカップリングされていた「NEW WORLD」もカッコいい曲だったが、劇中ではちょっとしか使われなかった)、ホントそれだけ。最終回も、“結び”的なものが一切なく、物語の途中で終了……ラノベ原作アニメってのは「原作本の販促用」としての意味合いが強いものと思っていましたが、ここまで酷いと誰も原作本を手に取ろうとは思わないんじゃないですかねぇ?
 で、放送開始前から期待していた「スペース☆ダンディ」とか、「いなり、こんこん、恋いろは。」とか「ウィザード・バリスターズ ~弁魔士セシル」とかは、他のチェック分が多すぎて録画しただけになってしまいました。それと、見逃していた「ソードアート・オンライン」のアインクラッド編と「ガールズ&パンツァー」などもBS11で放送してたので録画しましたが、こちらも放送中は見ることができず、結局、昨日になってようやくアインクラッド編だけは見ることができましたわ。ま、これらは時間を見つけて、改めてチェックすることにしますよ。

 先週からいくつか“春アニメ”も始まりました。今週からは4月も第2週に入るので、“春アニメ”が本格的に始まりますな。
 とりあえずアニメの新番組を片っ端から予約してみたところ、なんか予約数が凄いことになってまして、えらいことになっとるのですが(特にBS11。いったい、いくつ新作やるんだよw)……今期はいくつ「予想外に面白い作品」ってのに出会えますかね。楽しみですわ。

| | コメント (1)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »