« 東京都知事選2014 | トップページ | F1 2014 開幕 »

2014年2月22日 (土)

PS4、国内販売開始

 本日、PlayStation 4(PS4)の日本国内における販売がようやく始まりました。

 ネット予約もフツーに直前まで受け付けていたし、発売日の今日になっても全くもってフツーにネットで買える状態だったため、「新型ゲーム機発売」といっても特に大行列とか“争奪戦”による混乱とかもない、とても穏やかな販売スタートとなったみたいですね。
 PS4は昨年11月半ばの北米発売を皮切りにすでに世界中で発売されており、今では530万もの数のユーザーがいるようでして……日本は主要市場で唯一取り残され、“遅ればせ”もいいところの売られ方となったわけですし、それでもなお“大フィーバー”なーんてことにはなるはずもないですかね。生産体制もPS2やPS3の発売時とは違って余裕があるだろうから、国内の需要に対して十二分な数を投入できたことでしょうし(ま、欲しい人は“争奪戦”とかもなく普通に店頭や通販で手に入れられるというのは実にありがたいことですけど)。
 私は、PS4をネットで予約せず、発売日購入も今回は結局しませんでした。今日本体と同時投入されたローンチソフトの中に「やってみたい!」と思うものがなく、今回はPS3のときみたいに「ネットワーク上の希望アカウント(“Bleumer”)を取るために買わねば」ってこともなかったですので。それに、PS4とPS3には互換性がないので“PS3代替機”となり得ない以上はPS4を買ってもPS3を併用し続けなければならず、「なら、まだPS3で間に合ってるし、買うのは後にするわ」ってこととなりました。PS4でやりたいソフトってのは当分の間発売されそうにないですし……というわけで、今のところは「やりたいソフトが出たときに、そのソフトとPS4本体をセットで買おう」と考えています。

 新しいプラットフォームとしてのPS4は世界的には極めて順調な滑り出しを見せており(※この時点でもう500万台とか、完全に予想外のペースですわ。正直、信じられん)、いわゆる“洋ゲー”は今後次々と大作が発売されていくのでしょうけれども……日本国内向けのゲームプラットフォームとしては、どうでしょうかね?ま、今日と明日だけで「100万台売れたよ!」とかってなるとまた変わってくるのでしょうが、メジャーどころの国産ソフトは今年中はまだPS3向けばかりってなことになりそーな気がします。本格的にPS4へと移行し始めるのは来年か、早くても今年の年末あたりに発売されるソフトあたりからではないかと私は予想しているのですが……どーですかね?もちろん、せっかくの新ハードですし、夏あたりからガンガン盛り上がってくれるのであればそれはそれで嬉しいのですけれど、やっぱ国内ではメジャーどころの国産ソフトが発売されないことには盛り上がらないからなぁ。何かしらのメジャータイトルが早めに発売されて、国内でもPS4がゲーム市場を活性化してくれたら良いんですけどね。


※昨年末から管理人の事情によりコメント欄を認証制としておりましたが、本日より解除しました。コメントが投稿されるとそのまま公開される一般的な状態に戻っております。
 今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

|

« 東京都知事選2014 | トップページ | F1 2014 開幕 »

ゲーム・ゲーム関連製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京都知事選2014 | トップページ | F1 2014 開幕 »