« MRX-010 サイコガンダムMk-II(ネオ・ジオン仕様) ~その1 | トップページ | 光武 ~その1・真宮寺さくら機 »

2013年11月28日 (木)

MRX-010 サイコガンダムMk-II(ネオ・ジオン仕様) ~その2

 昨日のその1でモビルスーツ形態について書いたので、その2では変形後その他について。

Psychog2_10
 サイコガンダムは、写真のような“モビルフォートレス”と呼ばれるモビルアーマー形態へと変形できます。というか、元々サイコガンダムはジオン軍のビグザムのような拠点防衛用兵器として開発されており、このモビルフォートレス形態こそが本当の姿で、モビルスーツ形態の方が後付けということのようです。サイコガンダムMk-IIもこの点は同じ。ただ、ロザミアのMk-IIはモビルフォートレス形態にならず終いだったため、Mk-IIのモビルフォートレス形態は「機動戦士ガンダムZZ」でのみ見ることができます。

Psychog2_11
 変形といっても、Ζガンダムやマクロスのバルキリーのような複雑な変形機構を用いているわけではありません。簡単に言うと「頭部にフードを被って“体育座り”している状態」ってな感じです(正確には、ちょっと違うけどw)。でも、こんな超重装甲の塊みたいのがミノフスキークラフトでプカプカ空中に浮いてて、Iフィールドでこちらのビーム兵器は遮断される一方、向こうはメガ粒子砲をばらまくように撃ってきて、さらに近接戦闘に持ち込もうとするとモビルスーツ形態に変形されて蹴飛ばされたりするわけで……普通のモビルスーツとかでこんなのの相手をするのは冗談じゃないでしょうなぁ。

Psychog2_12a
 サイコガンダムMk-IIは頭部が脱出ポッドになっており(プルツーが実際に使用した)、G.F.F. METAL COMPOSITE版も簡単に頭部が外れるようになっています(※首みたいに見えている金色のものは、撮影時の支えに使った、製品とは無関係の金属製のなんかの固定具です)。また、Mk-II専用装備の無線誘導兵器・リフレクタービットが6つ付属しています。ビットやファンネルのようにビーム砲などは装備しておらず、敵が撃ってきたビームを反射します。大気圏内でも使用可能で、実際プルツーがダブリンで使いましたが……キュベレイMk-IIのファンネルといい、このリフレクタービットといい、重力下の大気圏内でどうやって浮遊し自在に移動できるんですかね(重力制御装置でもついてるのかなw)。

Psychog2_12b
頭部をひっくり返すと、きちんと推進用のバーニアが再現されてたりします。脱出機構がサイコガンダム2号機にもついていれば、フォウもキリマンジャロで死なずに済んだかもしれませんなぁ。

Psychog2_13
 1/144のHGUC サイコガンダム(※塗装済)との比較。ほぼ同じ大きさなので、今回のG.F.F. METAL COMPOSITE版サイコガンダムMk-IIもだいたい1/144と考えて良さそうですな。にしても……サイコガンダムとサイコガンダムMk-IIって、やっぱ別モノですよねぇ。サイコガンダム2号機を改修したとしたら、システムや骨格はそのまま使えるかもしれないけど、外装は全とっかえでしょうな。

Psychog2_14
 というわけで、1/144のRG Zガンダム(※ほぼ無塗装・成形色)との比較。なんか、もう、倍以上デカいですなぁw。私もTVゲームの「ガンダム無双」系列でなら対決もしたけど、あれはあくまで三人称視点ですから(それでも大変)……実戦でこんなんと対峙するのはイヤだなぁ。まして、中のパイロットが「どこにいるの、お兄ちゃーん」とか言ってるのがわかったら、頭抱えるでしょうね。

Psychog2_15
 HGUC キュベレイMk-IIがうちにはないので、HGUC キュベレイ(※塗装済)との比較。こっちの方が、なんとなくだけど勝負はできそうな感じがしますね。ただ、Zガンダムのビームライフルみたいな火力は無さそうなところにファンネルはリフレクタービットで対抗されるとなると……ハマーン様が乗ってたとしてもキュベレイでは勝ち目ないかな?

 サイコガンダムは、モビルスーツ形態が冗談みたいでどこか“茶目っ気”みたいなものがあったりしますが、サイコガンダムMk-IIはそういうところもなく、ミノフスキークラフト/Iフィールド/有線式の分離腕/リフレクタービットと“全部入り”かつより機能的なデザインになってていかにも「極悪兵器」って感じで、ムラサキのヘンテコカラーなところも他にはなく(※パクリのSEED系は除く)てイイ感じだし、私はこちらの方が好きです。惜しむらくは、劇中でその極悪っぷりをたいして発揮できなかったことですかね。ロザミアさんが、バウンドドッグでなく最初からこちらで暴れ回れば良かったかも。
 商品としてもデカい割には結構きっちりかっちりできてて、値段も言うほど高くないし、このデザインが「カッコいい」と思えるなら、今回のG.F.F. METAL COMPOSITE版も買って損はないと思います。

|

« MRX-010 サイコガンダムMk-II(ネオ・ジオン仕様) ~その1 | トップページ | 光武 ~その1・真宮寺さくら機 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MRX-010 サイコガンダムMk-II(ネオ・ジオン仕様) ~その1 | トップページ | 光武 ~その1・真宮寺さくら機 »