« 「無双OROCHI2 Ultimate」にハマる | トップページ | サッカーW杯出場国決定 »

2013年11月19日 (火)

F1 2013 アメリカGP

 F1第18戦・アメリカGP決勝が一昨日行われました(※現地時間。BS放送は昨日夜)。
 予選。Q1でレッドブル勢はハードタイヤのみでタイムを出し、特にベッテルは3周走っての1発アタックでさっさとピットに入ってしまったところ、その後他チームは全てミディアムタイヤでアタックをかけました。が、結局ベッテルは8番手となり余裕で通過。Q2はレッドブル勢もミディアムタイヤでアタックし、きっちりワンツー。Q3ではウェバーが凄いタイムを出して「ポール獲得か」と思ったのですが……最後の最後でベッテルがそれを上回るタイムを叩き出し、PPを獲得しました。2番手ウェバーで、3番手はグロージャン(ロータス)。4番手はなんとヒュルケンベルグ(ザウバー)で、ハミルトン(メルセデスAMG)が5番手。アロンソ(フェラーリ)6番手で、7番手はペレス(マクラーレン)。腰の手術のため残り2戦欠場となったライコネン(ロータス)の代役のコバライネンが8番手、ボッタス(ウィリアムズ)が9番手と健闘。10番手もグティエレス(ザウバー)と、珍しいメンバーがトップ10となりました。バトン(マクラーレン)/ロズベルグ(メルセデスAMG)/マッサ(フェラーリ)はいずれもQ2敗退。
 決勝。有利とされる奇数列グリッドのクルマがいいスタートを見せてウェバーは4位に後退しましたが、マルドナード(ウィリアムズ)と接触したスーティル(フォースインディア)がクラッシュしたため、1周目からいきなりセーフティーカー導入。5周目にリスタートとなりましたが、そこからはド安定のベッテル一人旅となりまして、途中なにかしらのマシントラブルを抱えていたみたいですが、悠々チェッカーまでクルマを運んで優勝。これにてベッテルは今季8連勝となり、F1同一シーズン中の連勝の新記録を達成しました。2位グロージャン、3位にウェバー、4位はハミルトン。アロンソは5位で、今シーズンのドライバーズランキング2位が確定。6位ヒュルケンベルグで、ペレスが7位。ボッタスが8位に入り、初ポイントを獲得。9位ロズベルグで、10位にバトン。マッサは2ストップしたこともあって13位。今回は1ストップ作戦以外勝ち目がなかったようで、同じく2ストップしたグティエレスは14位/代役コバライネンは15位に終わりました。
 ベッテル無双、止まりませんねぇ。「凄い」の一言です。いきなりロータスのマシンに乗って予選8番手のコバライネンは決勝がイマイチでしたが、ボッタスはよく頑張りましたね。ポイント取れて良かったですな。

 アブダビGP終了後からのこの2週間、いろいろな発表がされました。ライコネンの欠場発表とさっそくの手術実施+成功報告。マッサがウィリアムズと複数年契約を締結/マクラーレンからペレスが離脱して代わりに育成中のケビン・マグヌッセンを昇格させバトンと組ませる、など来季のシートもいろいろ決まったのですが……来季の話に「小林可夢偉」の名前が出てこないんですよねぇ。1つ空くロータスのシートはヒュルケンベルグorマルドナードってもっぱらのウワサですし、フォースインディアもドライバーが交替しそうだけどウワサに出てこないし、どうなんですかねぇ?可夢偉さんのF1復帰は、やはり厳しいのですかね。

 今年のF1も、いよいよ最終戦・ブラジルGPを残すのみとなりました。ベッテルの9連勝+シーズン13勝という新記録達成となるのか、ウェバーの“有終の美”達成はなるのか、今週末も楽しみにしていますよ。

|

« 「無双OROCHI2 Ultimate」にハマる | トップページ | サッカーW杯出場国決定 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「無双OROCHI2 Ultimate」にハマる | トップページ | サッカーW杯出場国決定 »