« 「Df」発表 | トップページ | 重戦機エルガイム ~その9 L・GAIM »

2013年11月 9日 (土)

「頭文字D」完結

 またも私が愛読していたマンガが終わってしまいました。今度は「頭文字D」。その完結編第48巻を読みましたよ。
Initiald
(※48巻全部並べて写真撮るのは大変なので、最初と最後の2巻ずつをピックアップしました。)

 「頭文字D」は講談社のヤングマガジンで1995年から連載されていたようですが……これも読み始めたのは途中から。読むようになったきっかけは、たぶんセガのアーケードゲーム「頭文字D Arcade Stage(初代)」だったと思います。1プレイ100円になった(※当初は200円だった)あたりからゲーセンでやり始めて、ゲーム内のストーリーモードの「公道最速伝説」をやってるうちに「原作をちゃんと読もうかな」となって単行本を買い始めたよーな記憶があります。で、「Arcade Stage」の方はVer.2をかなりやり込んだものの、Ver.3で引退。ゲームはやめてしまいましたが、原作の方は既刊を買い揃えて新刊が出る度に買っていき、今週ついに全48巻が揃いましたわ。アニメ版はほとんど見ていなかったりしますが、BGMに使われているユーロビートのCDは大好きでして買ったりレンタルしたりでだいたい揃えてます<記事>。あと、実写版の映画は劇場へ観に行きましたね(あの映画、個人的には高評価っす)。
 結局「頭文字D」原作には最後までつき合ったわけですが……「面白いから読んでいた」というよりは、途中からは「惰性」で読み続けていたよーな感じでした。対東堂塾戦までは面白かったんですけど、それ以降は「同じことの繰り返し」って感じで「高橋啓介も藤原拓海も、どうして勝つのか?なぜ負けないのか?」ってことにムリがありすぎるように思えて(対エンペラー戦の「エンジンのせ替え」みたいな理由付けもなく、どんどん出てくる強敵に「なんとなく勝ってしまう」もしくは「相手が決定的なミスをするから結果的に」ってのは、現実のF1やWRCのトップドライバー達の厳しい戦いを見ているとものすごく萎える)……“神奈川遠征”も納得できる話はなかったし、遠征を終えて公道の“最速伝説”が完成した時点で「プロジェクトD」の行き着く先も描くことなくヒジョーにあっさりと物語を終わらせた今回の結末、これはこれで良かったんじゃないですかね。プロドライバーになるにしても、ドリフト走行できるレースはD1グランプリぐらいしか今どきないですしねぇ(啓介はともかく、拓海にグリップ走法は似合わない)。

 なんだかんだで原作は48巻で終わりましたが、アニメは「Final Stage」が制作中なようで、また新しい劇場版も来年8月に公開されるとか。となれば、またまたユーロビートのアルバムが出るでしょうし、楽しみですわ。アーケードゲームもまだ続いているようですし、いろいろな形で楽しめる作品を世に送り出したしげの秀一先生、20年近い創作活動お疲れさまでした。

|

« 「Df」発表 | トップページ | 重戦機エルガイム ~その9 L・GAIM »

本・雑誌・マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Df」発表 | トップページ | 重戦機エルガイム ~その9 L・GAIM »