« F1 2013 日本GP | トップページ | F1 2013 インドGP »

2013年10月23日 (水)

新型iPad発表 2013

 新型のiPad、発表になりましたね。今回も、だいたいウワサ通りのものになりましたな。
 デカい方のiPadの新型(5世代目)は、「iPad Air」という名前がつきました。9.7型・2048x1536ドットの液晶はそのままにiPad mini的な狭額縁&薄型のデザインになり、Wi-Fiモデルで現行モデル(第4世代)の652g→469gと大幅に軽量化されたようですね。プロセッサは、チップ名にいつもの「X」がついておらず、iPhone5sと同じ「A7」とされています。おそらくiPhone5sの「A7」とはクロック周波数が違っていてこちらの方が周波数が高い(=処理能力が高い)のでしょうが……薄くした分、「X」仕様にはできなかったんですかね?あと、今回も公式発表されていないので解析待ちですが、RAMはiPhone5sと同じ1GBというウワサ。もしRAMが2GBであれば、買い替えも検討するところだったのですが(※記事はしませんでしたが、iPad2は売りまして第4世代iPadに買い替えて家でガシガシ使ってます。その第4世代iPadの買い替え)……本当に1GBだったら、残念ですわ。
 小さい方のiPad miniの新型は、現行モデルとほぼ同じボディにデカいiPadと同じ2048x1536ドットの7.9型Retinaディスプレイを搭載して「iPad mini Retinaディスプレイモデル」として売られるようです。Retina化は予想通りでしたけど、プロセッサもデカい方と同じ「A7」を載せてきたのはちょっと意外でした。また、ストレージの最大容量もデカい方と同じ128GBモデルがラインナップされています。デカい方の存在意義を残すべく、現行モデルみたいにデカい方とスペックに差を付けてくるんじゃないかと思っていたのですが、同じとは(※クロック周波数に違いがあるかもしれない)。タブレット市場におけるiPadの占有率が下がってきているというし、売れ筋のiPad miniを“本命”モデルにしたってことなんですかね?
 Appleの発表イベントでは、他に新OS Xである「Mavericks」と新型のMacBook Pro/Mac Proも発表されたのですが……先月の新型iPhone発表イベント<記事>同様、今回も“サプライズ”はほとんどなかったように私は感じます。ま、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」はiPad2相当のスペックだった現行第1世代iPad miniから大きく進化し、おそらくは不満点を軒並み解消できているでしょうからフツーに世界で売れまくるだろうとは思うのですが……ウワサでは、Retina化した液晶の調達がうまくいっておらず、品不足になるのは必至とか。実際、「iPad Air」は11月1日発売と具体的に発表されたのに、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」は「11月中に発売」とお茶を濁すような発表に留めましたしねぇ。まぁ“品薄感”を煽ってるだけなのかもしれませんけど、未だに入手困難な状況が続くゴールドのiPhone5s同様、新型iPad miniを早くに手に入れるのは大変かもしれませんな。

 私は……今回はスルーかな。いや、「買う気なし」とほのめかしておきながら現行iPad miniを買ってみたり<記事>、「ガッカリ」と書いたiPhone5sを契約しちゃったり<記事>した私が言っても説得力ゼロなのですが、RAMが1GBだとしたらデカい方もminiも高いお金払ってまで買い替える意味がさしてないんだよなぁ。iOS7に更新したうちの第4世代iPadと第1世代iPad miniは、共に特に困ることもなくフツーに使えてますし。Retinaなminiは使ってみたい気もするけど、私的にはiPadとはデカい方のことでして、miniはPCのサブたるiPadのさらにサブって中途半端にすぎるポジションを抜け出してないんすよねぇ。iPhone5sの小さすぎる画面対策でテザリングして持ち運ぶ用途で使うには新型miniがベストそうだけど……Wi-Fiモデルは、やっぱりGPSが抜けてるしなぁ。うーむ。
 ま、年内は新型miniの入手難易度高そうですし、ゆっくり考えるとしますわ。

|

« F1 2013 日本GP | トップページ | F1 2013 インドGP »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2013 日本GP | トップページ | F1 2013 インドGP »