« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

うちの携帯音楽プレーヤー事情とライブラリ消失事件

 8月も今日でおしまいなわけですが……今月は、記事をぜーんぜん書けてないですな。月前半はいろいろあったので“お休み”としましたが、後半も結局書けずじまいとなってしまいました。忙しくて時間が取れなかった上に毎日暑すぎて体力的に限界に近い状態だったりと、後半もいろいろ重なってしまい、まとまった記事を準備することができずにTwitterでちょくちょくつぶやくぐらいが精一杯でしたわ(いやー、今月はマジでしんどかった)。
 来月はもう少しなんとかしたいところなんだけど、完全に復調できるのはもう少し後になるかもしれません。

 で、今日は、うちの携帯音楽プレーヤー事情について少し書いてみようと思います。
 以前のうちの携帯音楽プレーヤー事情といえば「iPodとウォークマンの2台体制」でして、ライブラリをアニソン系統→iPod/J-POPやジャズ→ウォークマンに振り分けて“使い分け”をしていました。が、ケータイをiPhone4SにしたことからiPod touchを売りとばした/iPod nano(5th) 16GBでは容量が不足し始めたがAppleがnanoを事実上切り捨ててしまうなど、iPodは私の用途には不都合であることが明白になり始めたんですよね。なので、昨年iPodを使うことをすっぱりと諦めまして、音質が良好でかつ容量の大きいモデルがラインナップされているウォークマンに集約することとしました。
 まずは、iPodとウォークマンで分けていたライブラリを集約すべくiTunesで管理しているアニソン等のデータをソニーのx-アプリで取り込んで、ウォークマン用のライブラリに組み込みました。そして、20GB以上に膨れあがったライブラリをウォークマンX(NW-X1060/BI。記事はこちらから)に放り込んで運用していたのですが……うちのライブラリはその後も順調に膨張し続け(主に、というかほとんどアニソンばかりが増えてったw)、NW-X1060/BIの32GBのメモリでも足りなくなる恐れが出始めたので「64GB丸々音楽データに使えるモデルを買おう!」と考えるようになり、結果、NW-A867/VIを買いました。

Walkman_a860_1
NW-A867/VIはソニーストア限定商品で定価販売な上に店頭モデルより若干高価だったのですが、値下がりしたのを見計らって買いました(色が好みだったので「A860シリーズを買うならこれ」と決めてた)。このバイオレットなウォークマンと、安売りしてたことから思わず買ってしまったオーディオテクニカのATH-CK100PRO(※イヤーピースは、お気に入りのソニーのノイズアイソレーションタイプに替えてある)の組み合わせで、今年はずっと運用しております。NW-A867/VIやATH-CK100PROについては「記事にしよう」とは思っていて、上の写真も実は去年に撮ってあったのですが……ほったらかしちゃって、結局記事にできなかったんですよね(トホホ)。せっかくなので、ここで音質面の評価を書いておくと、NW-A860はXシリーズよりも音の解像感が高い感じがします。他方、ATH-CK100PROも徹底して音を解像するタイプのイヤホンでして、微細音を無理矢理増幅してまで鼓膜に届けようとしている感さえあるので楽器によっては「こんな響き方だっけ?」と不自然さを感じることもあったりします。しかし、こと音の解像という点では「これ以上のイヤホンは無い」と思います。なので、解像感高め+解像感最強で長所を伸ばし合う組み合わせとして私はNW-A867/VIとATH-CK100PROを使ってます。NW-X1060/BIは、MDR-EX800ST<記事はこちら>と組み合わせて音の迫力を楽しみたいとき用にしていますわ。

 とまぁ、そんなこんなでウォークマンを運用していたのですが……1週間ほど前だったかな、突然、x-アプリのライブラリが消えてしまいました。1曲残らず、全曲。いつものようにVAIOを起動して、いつもの調子でx-アプリを立ち上げたら、何やらエラーメッセージが出て「ライブラリが見つからないから復旧を試みてみるけど、ダメかもよ?」とかなんとか言われちゃって、唖然。言われた通りにしてみたものの結局のところ復旧されることもなく、x-アプリが再起動したら3600曲を超えていた私のミュージックライブラリが1曲もない状態になっていて呆然。「ちょ、ちょっと待てよ」と狼狽し「母艦が消えちゃったら、これからどーすんだよ。歌詞ピタ(※対応型ウォークマン専用の歌詞表示機能)のデータはどーなるんだよ」と苛立ち「わざわざVAIO&x-アプリのソニーコンビで管理してるってのに、この仕打ちは何だよ?」とか怒りも覚えたのですが、ここでソニーに当たり散らしたところでどうにもならないので(データは戻らない)、気持ちを静めてデータの復旧に務めることにしました。
 x-アプリにはバックアップ作成機能があったりするのですが、最近バックアップは取っていなかったので、この点は諦めました。で、「ライブラリが消えた」といっても、取り込んだ楽曲データのすべてが根こそぎ消え去ったとは考えがたく、おそらく楽曲の管理データだけが何らかの理由で破壊されたのだと予想していたので、楽曲ファイルの保存先にしてあるフォルダ(※うちではシステムドライブがクラッシュした場合に備えてデータはなるべく別ドライブに保存しており、楽曲データの保存先もシステムドライブとは別のドライブに作った保存専用フォルダにしている。iTunesのデータも同様にして管理)を指定して「フォルダーを指定して取り込む」をかけたら、普通にデータの読み込みが始まってくれました。あと、iTunesストアで買った曲とかiTunesと共用している楽曲データについては、自動取り込みの設定をやり直したら、これまたデータの読み込みが始まって、ライブラリが新たに構築されていきました。歌詞ピタのデータについては、x-アプリが保存している楽曲データには直接紐付けられているようで取り込みし直した楽曲も購入したことになっていましたが、iTunesと共用しててiTunes側で保存されている楽曲データについては購入してないことになっていたので、それらについては1からダウンロードし直し。また、プレイリストは、個々の楽曲データのように再度取り込めるかどうかもわからない上にどこに保存されていたのかもわからなかったので、ウォークマンから逆転送しました。ウォークマンから戻したプレイリストで保存フォルダから再取り込みしたライブラリ上の個々の楽曲データをきちんと指定して再生できるのか不安だったのですが……試してみた結果、問題は全く出なかったので助かりましたわ。
 今週は、家に帰るとあれやこれやとライブラリの復旧作業(特に歌詞ピタのデータの再ダウンロード。これが実に面倒くさい)とついでにアルバムジャケットの画像データ(※500x500ピクセル程度のjpegファイル。iTunesだとpngファイルがいいんだけど、x-アプリはjpegでないとキレイに表示されないと今回知った)更新作業を少しずつ進めてきたのですが、今日ようやくNW-X1060/BIとNW-A867/VI内の楽曲データを全抹消して完全に新ライブラリに入れ替え、先ほど復旧作業を完了しました。いや~、忙しいのに余計な手間ばかりかかって……ホント、参りましたわ。
 最後に、こんな面倒なことになったそもそもの原因についてですけど……素人の推測でしかないのですが、x-アプリをきちんと終了しないままにVAIOをシャットダウンしてしまったことが原因なような気がします。今日もライブラリを完全復旧すべく歌詞ピタのデータをダウンロードしていたのですが、その際x-アプリの動作が不安定になった(※歌詞ピタのデータをダウンロードする作業をし続けると、x-アプリが不安定になりやすい)ので終了したんです。で、その後デスクトップ上からx-アプリは消え去りOS(Windows7 64bit)は普通に動いているので何の問題もなくx-アプリは終了したのだと思っていたのですが、何となく気になってタスクマネージャーを起動してみたら……なんと「プロセス」欄でx-APPLICATION.exeがCPUもメモリも喰ったままになってて、x-アプリは実はちっとも終了してなかったんですよ。ライブラリが消えてしまったときの前にVAIOを起動した際も、x-アプリで歌詞ピタのダウンロード作業をやってて、それが一段落したからシャットダウンしたのは覚えています。そのとき不安定状態になってたかどうかまでは覚えていないのですが、何らかの理由でx-アプリがきちんと終了されないままに電源が落ちてしまって管理データが消えたor破壊されたのではないかと、私は思っています。x-アプリ(ちなみに、Version 5.0.0.1.11141。最新版のはず)は管理する曲数が多くなるとやたら重くなるとか、元々評判の芳しくないソフトですけど……ライブラリが場合によっては破壊されてしまうってのはいくらなんでも酷いですわ。今回のことで懲りたので、バックアップをしっかり作成しておくことにしましたけど、ソフトウェアの安定性だけはちゃんと確保しておいてもらわないと。iTunesでは3000近い楽曲に動画に写真にアプリと、より多くのファイルを管理してますけど、こんなことにはなったことありませんからねぇ。本当に、堅固なものにしていただきたい。お願いしますよ。

 ふう……ウォークマンは元に戻ったけど、俺自身が復調できてないのがなー。やたら忙しくなったりする外部的要因はどうしようもないけど、体調は自分で何とかしないとなぁ。もう少し涼しくなってくれればラクになるんだが……うーむ。
 一刻も早く当ブログも復調できるよう、来月はなんとか努力してみます。

| | コメント (0)

2013年8月26日 (月)

F1 2013 ベルギーGP

 F1第11戦・ベルギーGP決勝が昨日行われました。
 “夏休み”明けのシーズン後半開幕戦の舞台はスパ・フランコルシャン サーキット。全長7kmという最長のコースレイアウトにして高低差も最大という伝統あるサーキットで、ゲームで走っても楽しく、私も大好きなサーキットです。
 予選。“スパ・ウェザー”が炸裂して、予選開始直前に雨が降りだすという悪条件の中でQ1開始。当初は全車インターミディエイトを装着して走っていましたが、途中から路面が乾き始めてミディアムタイヤでギャンブルに出るマシンも。上位勢は結局インターミディエイトでタイムを刻んでQ2に進みましたが、いつものQ1脱落組はギャンブルに成功。マルシャが今期初のQ2進出を果たし(しかも2台揃ってw)、なんとヴァン・デル・ガルデ(ケータハム)に至っては3番手のタイムを記録しました。代わりにウィリアムズとトロ・ロッソの4台が揃ってQ1脱落。あと、グティエレス(ザウバー)も21番手で脱落しました。ただ、Q2はドライタイヤでの争いになったため、ヴァン・デル・ガルデもマルシャの2台も下位に沈みました。Q3は開始早々に雨が再び酷くなり、ドライタイヤで出て行った全車がピットに戻る羽目に。ディ・レスタ(フォースインディア)が途中少し弱まったときにインターミディエイトで果敢にコースへ出てラップタイムを出したあと、また雨脚が強まったために各車タイムを上回ることができず「ディ・レスタが初のPP獲得か!?」と思われたのですが……またまた路面が少しずつ乾き始めて、「最後まで走っていた者が最も有利」という状況に。で、結局PPは、一番最後にチェッカーフラッグを受けたハミルトン(メルセデスAMG)が獲得しました。ハミルトンの直前を走っていたベッテル(レッドブル)が2番手で、ベッテルの直前を走っていたウェバー(レッドブル)が3番手。4番手はロズベルグ(メルセデスAMG)で、ディ・レスタは5番手となり、6番手はバトン(マクラーレン)。7番手グロージャン/8番手ライコネンとルノー勢が続き、アロンソ9番手/マッサ10番手とフェラーリ勢は5列目になりました。
 決勝。曇り空ながらもドライコンディションで、データ上は1ストップ作戦も十分可能という中、レーススタート。スタートでウェバーが出遅れる一方、バトンとアロンソがジャンプアップ。また、オー・ルージュ直後にベッテルがハミルトンをかわしてトップに浮上しまして……そのまま後方をコントロールしながらトップを快走する、いつものパターンでレースは展開し、結局そのままベッテルが逃げ切りました。1ストップ作戦はバトンとグロージャンが試みましたが、バトンは途中で諦めて2ストップし、グロージャンも8位完走がやっとでしたし、今回はオーソドックスにミディアムでスタート→ミディアム→ハードの2ストップ作戦がベストだったようですね。2位は今回攻めに攻めたアロンソが入り、ハミルトンはペースがそれほど上がらず3位。4位ロズベルグで、ウェバーが5位。バトンは6位で、7位マッサ、8位グロージャン、9位スーティル(フォースインディア)で、10位にはリカルド(トロ・ロッソ)が入りました。ライコネンは26周目にブレーキトラブルでリタイアしたため、連続入賞記録は27で止まりました。ライコネンのリタイアは復帰後初らしいのですが……ロータスで復帰後ずっと完走していたんですね。なんか、捨てバイザーが冷却ダクトを塞いでしまっていたために過熱してブレーキがダメになったようなのですが、そんなこともあるんですな。「いつか運が尽きる日が来るのは当然のこと」とレース後語ったそうですけど、そういうものなんですかね。
 ランキングトップのベッテルが優勝したことで、ランキング2位のアロンソとの差がさらについて46ポイントとなってしまいました。スパで他車とこのスピード差となると、レッドブルRB9の速さは頭一つ抜けているようで、ベッテルの4連覇達成の可能性がますます高くなっている感じですな。フェラーリ&アロンソも頑張ってはいるけどベッテルがリタイアでもしてくれない限り差を詰めるのは難しそうだし、メルセデスAMGはハマれば速いでしょうが安定して速いとは言えませんしねぇ……いやぁ、個人的にはアロンソにまだまだ頑張ってほしいけど、ベッテルって本当に凄いドライバーになりましたね。

 次は、“ティフォシの聖地”モンツァで行われる、イタリアGPですな。地元GPですし、フェラーリの赤いマシンが活躍してくれることを期待します。

| | コメント (0)

2013年8月11日 (日)

ブログ管理人として

 少しの間、当ブログは“お休み”をいただいておりましたが、本日より記事に対するコメント投稿が普通にできる通常営業に戻ります。

 こんな書いても意味なく読んでいただいてもさして意味のない、「詮無きブログ」をつらつら書いているのが私Bleumerでありますが……そんな世間的にはどーでもいいローカルなブログであっても、その「管理人」が私個人であることは間違いありません。ここの責任者は、私Bleumerなのです。
 そのため、「俺がこのブログを管理できなくなったら、どうすればいいのかな」と、時折考えます。
 ひたすらしょーもない記事しか書いておりませんが、記事の誤字脱字の訂正はもちろん、読んでくれる人も1日3桁いく程度の数しかいないとはいえ公に発表している文章である以上は「文責」というものが書き手たる私にかかってきます。記事が内容的に間違っているのであれば、当然訂正しなければなりません。また、記事を読んだ方にコメントをいただくこともあり大変ありがたく思っているのですが、一方で、検索エンジンで上位に来るような記事だと中国香港あたりのアヤシげなサイトとかどっかのSNSのアヤシげなアカウントとかからリンクつきのスパムコメントをつけられたりもします。最近はスパム防衛機能もココログ側でいろいろ用意されていたりするので対処はしていたりもするのですが……中にはすり抜けるものもあるので、そういうものはブログの管理者(=私)が手動で削除するしかありません(※当ブログでは記事に対するコメントをシャットアウトすることは読み手の反論の機会を奪うことになるので基本的にしない方針ですけど、悪質なスパムコメントは放置できないのでやむをえない)。
 しかし、私がどこかへ出張したり、あれこれ忙しすぎたり、遠くへ旅行したり、病院に入院したりしてしまうと、ブログの管理作業はかなり制約されてしまいます。ガラケー(フィーチャーフォン)時代は事実上「管理不可能」だったところ、今はネット端末たるスマートフォン・iPhone4Sが私の手元にあるので出先であっても3G回線が繋がる環境さえあれば「それなりにブログ管理作業もできる」といえばできるのですけど……私は「基本、PCな人」なので、当ブログの管理作業もやはりPCがなかったらかなりしんどいです。実際、iPhone4Sでは1から記事作成なんてとてもできないし、できるのはせいぜい誤字脱字の訂正ぐらい。iPadでの管理も以前から試してみてはいるけど、iPhone4Sでやるのとさして変わらない感じ。出先にモバイルPCを持ってってネット接続環境を確保できればほぼ問題なくなるが、私の場合経験則上モバイルPCまで持って行く出張とかもあまりなく……やはり、一定の期間ブログを管理しきれなくなりそうなときってのが出てくるんですよね。そんなときのための“対処策”ってのも、考えておく必要があったりします。
 というわけで、今月はいろいろあって半月ほど当ブログを管理しきれなくなりそうだったことから、ココログの投稿コメント保留設定(=管理者が承認するまで投稿されたコメントは公開されずに保留される設定。承認されない限りネット上には公開されないだけで投稿自体は可能であり、投稿されれば管理人である私にはコメント内容が普通に届く)を試してみました。短期間だったので特にスパムコメントとかが投稿された様子もなく私の心配は杞憂に終わりましたけれども、個人レベルのブログや掲示板も長期間放置するとスパムコメントが連投され荒れ放題になったりすることも実際あるようです。ローカルなうちのブログがすぐそうなるとは考え難いけど「万が一」ってこともあるし、今後も諸事情でブログ管理が行き届かないことが予想される場合には再び投稿コメント保留設定をONにすることもあると思います。もし投稿コメント保留設定をONにした場合は今回同様「追記」なりなんなりの何らかの形で公開しておきますし、OFFに戻した場合も今回のように公開いたします。コメント投稿欄に「コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。」と制限があることが表示されますし、別の防衛機能である「スパム防止認証画像の表示」機能の判定基準が最近再び厳しくなったような感じもするし(スパムコメントと疑われる場合のみ認証画像が表示される設定で、今までと変わっていないはずなのですが……私がコメントしようとすると、ここのところ必ずスパム扱いされてます。私が管理者なのに、まったく、なんでやねんw)、読んでくれた方コメントしようと思った方に不愉快な思いをさせてしまうかもしれませんが、制限をかけたにしてもコメント投稿ができなくなるわけでは決してないので、ブログ管理上必要なこととして何卒ご容赦願います。

 今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »