« 「ちはやふる 2」その他最終回 | トップページ | iOS版「THE IDOLM@STER SHINY FESTA」 »

2013年7月15日 (月)

聖戦士ダンバイン ~その5・ビランビー

 随分記事をアップするのが遅くなってしまいましたけど……買いました。バンダイ ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ビランビー

Virunvee_01
予約買いで、1ヶ月以上前にうちに来ていたんですが、写真撮らずにいたら7月半ばまでズルズルと……(※Twitterには先月写真アップしといたけど、それっきりになってしまったw)。

 ビランビーは、アの国(というか、ドレイク軍)が開発したオーラバトラーで、劇中には7話で「新式オーラバトラー」として登場します。オーラ増幅器を搭載した初の機体で、地上人のようにオーラ力が強くない普通の兵士でも操縦できることから、大量生産されバイストンウェルの戦火が全土へと拡大していくきっかけになるという「画期的なオーラバトラー」であり、ゲド→ダンバイン→ドラムロと発展進化してきたオーラバトラーの実用兵器としての“完成型”ともいえる機体です。
 とはいえ、劇中での扱いはそれほど「ものすげーオーラバトラー」って感じでもなく……ダーナオシーやボゾンとはさすがに「格が違う」と描かれるものの、ショウのダンバインには勝てないし、使いこなすにはバーンやガラリアはもちろんミュージィでもダメで結局アレンみたいな地上人の強いオーラ力が必要、みたいな実に中途半端な扱いだったりします。ま、すぐあとに出てくるバストールの性能を強烈に見せる必要(※展開上、ガラリアでも地上に出てしまうほどに強力と印象づけないといけない)があったり、終盤に登場するライネックやズワァースとかとの兼ね合いもあったんですかね。色といい形といい扱いといい、なんとなく「機動戦士ガンダム」のMS-07B グフ(「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」のあれ)を連想しますわ。

Virunvee_02

Virunvee_03_2
 ドレイク軍の主力オーラバトラーとして一方のドラムロは「いかにも昆虫」って感じのデザインであるのに対し、もう一方のビランビーはきれいな直立姿勢でビアレスと並ぶかなり人間的(半魚人?)なデザインのオーラバトラーです。今回のロボ魂版も、人間的でカッコいいスタイルでまとめられています。が、背中の羽根が取り付け位置の関係からか設定画のように下方へ畳むことが困難なところはちょっと残念です。

Virunvee_04
 最初の写真のように真正面から見ると「ビランビーってこんなんだっけ?」と思ったりもしますが、このように設定画と同じ角度にすると「おー、これこれ」って感じです。造形的には非常によくできており、「申し分なし」だと思います。

Virunvee_05
 劇中に登場するのは7話からですが、OPにはしっかりビランビーが登場しており(3回もw)、実は本編が始まる前から世には出ていたりします。MIOさんが「のびるほのおが~♪」と歌う部分のシーンはこんな感じですな。左手に装備しているのは4連装オーラショット。

Virunvee_06
 4連装オーラショットは、ダンバインのように腕に固定するタイプではなく手持ち式。また、ロボ魂ダンバインにはオーラショットが2つ付属していますがビランビーは1つのみ。手の白いツメ部分を外したりすることはできません。昔の1/72キットの箱絵のように手を伸ばした状態でオーラソードを抜くポーズをとることも可能になっていて、各間接の可動範囲も広くポージングは決めやすいです。

Virunvee_07
 一方、5連装ミサイルポッドは2個付属しています。それぞれ形状が異なっており、左手用と右手用がある模様。オーラショットとミサイルポッドと劇中では明確に区別されて描かれておらず、どう違うのか正直よくわからんのですが……ビーム兵器と実体弾兵器みたいなもの、とでも思っておけばいいのかな?あと、この5連装ミサイルポッドはバストールが使ってた印象の方が強いのですけど、どうですかね。「ロボ魂バストール発売への布石」と考えてもいいのかなw(※〈SIDE HM〉では、バッシュにロングスピアが添付され、その後ロングスピアを主兵装にしてるグルーンが商品化された)。

Virunvee_08
 コクピットのキャノピーは、ビルバインやダンバイン同様開閉可能。一応、乗降時の片膝立て状態も写真のように可能と言えば可能なのですが……これ、かなり無理やりポーズつけているので「不可能」としといた方が無難かなw

Virunvee_09
 ビランビーといえば、個人的にはアレンさんが印象深いですけど……トッドが乗ってたりしたら、どうだったんでしょうね?活躍できたのかな。

Virunvee_10
 ぜーんぜん関係ないけど、上で書いたので、MG グフ(Ver.1.0)との比較写真。配色とか、グフっすよねぇw。肩が特に似てるけど、MS-18 ケンプファーにも受け継がれてるかな。

Virunvee_11
 で、ロボ魂ダンバイン(ショウ機)<記事>との比較写真。ビランビーってデカいんですな。設定上はダンバイン:6.9メット/ビランビー:9.2メットなので、こんなもんなんですかね。オーラショットも、大きさ全然違ってますな。

Virunvee_12
 ロボ魂ビルバイン<記事>との比較。ビルバインより、さらに大きいです。まぁ、大きいけど……ぶった斬られちゃうんですけどねw

 ROBOT魂 〈SIDE AB〉の次回作はズワァースだとばかり思っていたのですが……なんと、ウイングキャリバーのフォウでしたね<記事をアップしました。こちらです>。ダンバインときちんと合体可能で「うおー、こいつはすげー」と感心したのですが……お値段も凄くて、ネット専売税込12600円(=値引きなし)ってなってて、たまげて、そのまま予約することなくずっと長考中ですw。飛行機つながりで、フォウ→ガラバって路線が確定するというなら買いたいところなのですが、ねぇ。10月の商品発売ラッシュの支払いも既に確定的にやばい状況なんですが、11月発売かぁ……どうしようかなぁ?

|

« 「ちはやふる 2」その他最終回 | トップページ | iOS版「THE IDOLM@STER SHINY FESTA」 »

アニメ作品・関連グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ちはやふる 2」その他最終回 | トップページ | iOS版「THE IDOLM@STER SHINY FESTA」 »