« 初Android! | トップページ | Bleumer的選挙総括 ~2013参院選 »

2013年7月22日 (月)

Bleumer的投票行動 ~2013参院選

 第23回参議院議員通常選挙が、昨日投開票日でした。この選挙について私Bleumerがどういう投票をしたのか、ここに書いておきたいと思います。

 昨年末の衆院選で民主党中心の野田内閣から自公連立の第2次安倍内閣に政権が替わって初の国政選挙となった今回の参院選でしたが……大きな“争点”がなく、野党の存在感も希薄でメディアは選挙前も選挙中も「与党圧勝」を予想する、何とも盛り上がらない選挙戦となりました。
 私の公示前時点での政治観は先に記事を書いたとおりですが<こちら>、第2次安倍内閣については高く評価しており、「今回も投票先は自民党にしとくか」と簡単に考えてたりもしたのですが……公示後は、比例にどうしても落選させたい候補者が現われたことから、どう投票するか悩みに悩むこととなりました。考えてるうちにイヤになって棄権したくなったりもしましたが、投票しなかったら「組織票」の存在が大きくなって腐りきった政治圧力団体がさらに政治を牛耳ることになってしまうし、かといって政策面で自民党以外に選びうる政党はなく、今回は困り果てましたよ。でも、きちんと投票はしましたわ。期日前投票で。
○選挙区
 うちの選挙区は、自民党と民主党と共産党と幸福実現党の公認候補4人が立候補していました。
 選挙区の自民党候補者は、特に問題無さそうな人だったので、その候補者にすんなり投票しました。
 残りの候補者を消去したのは以下の理由。
 幸福実現党は「幸福の科学」そのものであり、私の信条として宗教政党を認めるつもりはないので、その候補者も消去。百歩譲って政策を見ても、“保守的”といえば聞こえはいいかもしれないけど、吹けば飛ぶようなあまりに軽い言葉の羅列。こんな低レベルで「国政やります」だなんて、冗談じゃない。こんな程度なら、そこらの進学校の高校生たちにでも任せた方がずっとマシかと。
 共産党は、以前から書いている通り“社会主義幻想”に取り憑かれた彼らの候補を国政に送り出すわけにはいきませんから消去。
 民主党は、3年半の政権運営の経験を活かすこともなく、結局「与党に反対するだけ」の野党に戻ってしまいました。自民党は(一応)よくやってはいますが、実際はおかしなところや修正すべき点は幾つもあるのですから、建設的な意見だっていくらでも出せたはず。なのにそれをしない政党に、「もう一度チャンスを」なんて言われたところで支持するなんて不可能。せめて、すべきをなしてから言って下さい。それに、この民主党の候補者は日本維新の会の候補者が辞退した途端、出馬要請を受け入れた人で……維新候補と民主候補(もちろん別人)で“入れ替わり”が成立するってことは、支持基盤に何らかの共通点があると考えられます。維新は「私たちには“しがらみ”がない」と公然と言っている以上、“しがらみ”そのものの民主党最大の支持母体たる労働組合とは違う支持基盤なのでしょう。それって、どこのどなた達ですかね?そんなことを考え合わせると、とてもとても票を投ずる気にはなりませんでしたわ。消去。
 消去法でいっても、まともなのは自民党候補だけ。他に選びうる選択肢さえもなく、その点では今回も残念な選挙でした。
○比例代表区
 自由民主党の比例代表名簿に「渡邉美樹」(前ワタミ株式会社取締役会長)の名前が載った、この1点で今回の投票先は散々悩むこととなりました。
 私は渡邉美樹という人間が大嫌いです。「最近ネットで騒いでいるから」とか「週刊文春がキャンペーンを張って叩いているから」という刹那的な理由ではありません。私は第1次安倍内閣で教育再生会議の委員を務めたあのあたりから既に「何だこの人は?」と疑念を抱いていました。その後、NHKの番組でこの人は部下に会議で「そこの窓から飛び降りろ」と命令する人だと知って、存在自体が許されない人と強く印象づけられました。部下を厳しく叱り飛ばすことはあっても良いけど、「窓から飛び降りろ」というのは“パワハラ”とか何とかを通り過ぎて自殺教唆や強要にもなりかねない行為です。それを平気ででき、自分からカメラにへらへらとしゃべる神経というのは、私には到底理解できません。「人を人とも思わぬ態度」ってやつを、私は許せないのですよ。ネットではワタミ株式会社があいまいな“ブラック企業”に指定されていることを逆手にとって「ワタミは“ブラック企業”などではない=渡邊さんも悪い人ではない!」みたいな擁護意見を書く人もいますが、ワタミという会社がどんな会社だろうと私には関係ありませんし、ワタミという会社の中で創業者として好き勝手するのは構わないのです(※もちろん良いことではないけど、部外者の私にはどうこうする権限はない)。しかし、そんな渡邉美樹という人間がワタミという部分社会から世間一般にしゃしゃり出てきて、日本の国政に関わるのは許せない。しかも国会議員になるなんて、冗談ではない。どうしてこんな人間に、歳費という名の税金と議員特権までくれてやらねばならないのか……ならば、主権者の1人として阻止するしかない。そのため、今回の選挙は「渡邉美樹という人間を、参議院議員にしてはならない」ということが最優先になってしまい、とにかく「渡邉美樹を落選させるには、私はどう投票したらいいのか」を考えました。
 この点、参院選での比例代表制というのは衆院選とは異なり「非拘束名簿式」という方式が採用されておりまして、投票用紙には政党名と候補者名どちらかを記入できますが、候補者名が書かれた票はその者が所属する政党の得票とし政党名が書かれた票と合算して、まずは政党ごとの当選者数(枠)が決められます。そして、その決まった当選枠を、候補者名での得票が多い者から順に獲得することになります。
 とすると、私が仮に「自由民主党(自民党)」と書くと、単純に自民党の当選枠を増やすだけのこととなり、ひいては渡邉美樹が当選する率を高めることとなるため「してはならない」ことになります。また、自民党の比例名簿の他の候補者の名前を書くと、自民党の当選枠を増やす+書いた候補の順位が上がって結果的には自民党内での渡邉美樹の順位を下げる、ということにもなるのですが……自民党の票と勘定されることから自民党の当選枠を増やすことには変わりなく、結局渡邉美樹が当選する率を高めていることに他なりません。そうなると、純粋に「渡邉美樹を落とす」という投票行動をとるためには、「自民党以外の党に票を投じるしかない」ということになります。
 で、「自民党以外の党に票を投じる」ことにしたのですが……ここからの選択が、実に大変でした。今回の選挙において、私が政策面で支持できる政党は自民党以外存在せず、それどころか多少妥協することで選択しうる政党すら1つもなかったからです。
 与党である公明党は、その実体は母体・創価学会そのものであり、宗教政党を認めないのが私の信条ですから、その時点で消去。
 民主党/共産党/幸福実現党は、選挙区のところで書いた通りです。消去。
 日本維新の会は、衆院選では“野合”と揶揄されましたが、今回は橋下徹共同代表が相次ぐ自らの舌禍によって自滅した上に石原慎太郎代表の過激発言が空回りし愛想を尽かされたことが重なって「トップ2人の個人人気依存」の党でしかないことが白日の下にさらされてしまいました。もともと政党としては民主党以上のド素人集団なので当然の話なのですが、橋下&石原両名のイメージ人気が失速したら彼らに残るものなど何もないのです。いや、本当はどす黒いものが残っているはずなのですけど(特に大阪維新の会)、黒すぎてメディアは一切報じませんものね。こんな連中に、誰が票など入れるものか。消去。
 社民党/生活の党/みどりの風……先の通常国会で、参議院に安倍首相に対する問責決議案を提出した3党ですな。彼らは自ら「反原発」を掲げる政党でありながら、自らの手で電気事業法改正を阻止した政党です。自分たちは電気を好き放題貪っておいて、責任だけは政府と東電に転嫁し、自らの責任は自ら放棄。こんな人間に、何ができますか?自分以外の他者をひたすら非難し続け自らは責任転嫁を繰り返すだけの人間が、歳費(税金)を得て国政に関与するなど何の冗談か。国政の場から一刻も早く消えてなくならねばならない存在に、誰が手をさしのべているのでしょうね?他のよくわからない政党を含めて国政を任せる投票などできるはずもない。論外。
 残る、みんなの党は……元自民党の議員もいて、政策的には“保守”寄りではあるのですが、いかんせん「霞ヶ関(官僚)叩き」が度を過ぎており、「原発ゼロ」とか現実から目を背けて空虚な言葉に走りがちなところがまったく評価できない政党です。しかし、野党第一党の民主党には票を投ずることができず、他の政党はすべて“拒絶”したい現状で、しかも白票なんて投じたところでただの無効票ですから棄権同様圧勝予想の自民党に手を貸すのも同じで、つまりは渡邉美樹の当選を後押しするようなものですし……「どこかに有効票を投ずるしかない以上、ここにするしかないのか」と考え、比例名簿掲載者を1人1人チェックしてみました。「禁原発」とか寝言ほざいてるのもいてイヤな気分にもなりましたが……結構真面目に実効的な政策を語っている候補者もいて、感心もしました。その人の専門分野について目標を決め実際の政治に反映させていく、みたいないわば“特化型”の代議士さんって私は好きでして、山口かずゆき候補とかがいいかな?とも思ったのですが……今回の私の票は、山本こうじ候補に投じました。理由は、基本政策として「表現規制に反対! 表現、言論は規制されるべきでなく、想像力の産物は拡大解釈の余地が大きい法で規制するべきと思いません。」と明記されていたから。東大文Ⅲからプロボウラーになったって経歴はどうなの?とか「脱原発」もやっぱり主張していますし、ツッコミどころも多そうな人ですけど、「表現規制反対」と明記している候補者って私が見た限りでは他にいなかったんですよ。みんなの党には同じ参議院に山田太郎議員もいますし、「この人が議員になれば、児童ポルノ禁止法改正案にも反対の立場から強力に活動してくれるのではないか」という期待も持ちました。まぁ、期待だけなんですけど……他の候補は公言していない以上期待すらできないので、そこ1点に賭けてみました。

 今回の参院選での私の投票行動は選挙区:与党候補/比例代表区:野党候補への投票となり、統一性を欠くものとなりました。今回の参院選の注目点の1つに「“ねじれ”解消が実現するか」ということもありましたが、私は「“ねじれ”維持」の投票行動をしたということにもなりますか……「特定候補を落とすこと」が最優先課題になってしまった結果ではあるのですが、それでも統一性を欠いているからといって「おかしい」とまでは言えないと思っています。たしかに第2次安倍内閣は今のところ優秀な現実処理型運営に徹していて好感を持っているのですが、だからといって「自民党が決めた法案は何でも通る」となったら自民党政権といえどもどのような法案を提出してくるかわからないし、実際に児童ポルノ禁止法改正案を簡単に提出してきたことからも、全面的には信用できないのです。今後もずっと現実処理型運営を続けてくれるとも限らないですし。そのため、衆参でねじれていることにより参議院が“歯止め”になることもそれなりに意味のあることではないかと考えました。そのあたりも含めて、一応、今回「投票行動として示せたかなぁ」、と。
 結果としては、自民党が圧勝して“ねじれ”は解消し、私が選挙区で投票した候補も勝利する一方、渡邉美樹も議席を得てしまい、山本こうじ候補は落選したので私の目論見は見事に「失敗」となりましたけど。ま、それはそれで仕方ないですね。国民の投票による結果ですから。

 こんなところかな。で、今回の参院選の選挙総括については、後日改めて書くことにします。

|

« 初Android! | トップページ | Bleumer的選挙総括 ~2013参院選 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初Android! | トップページ | Bleumer的選挙総括 ~2013参院選 »