« 児童ポルノ禁止法改正案、衆議院に提出される | トップページ | サッカーW杯 ブラジル大会出場決定! »

2013年6月 3日 (月)

重戦機エルガイム ~その8・STACK

 買いましたよ、バンダイ ROBOT魂 <SIDE HM> アモン・デュール“スタック”

Stack01
 “スタック”は、物語中盤の26話に登場したポセイダル正規軍の試作A級ヘビーメタルです(※劇中では26話のみですが、実は後期「風のノー・リプライ」版OPの最後にちょろっと出演してたりする)。トライデトアルの辺鄙な土地の基地で開発され、ギャブレー君に引き渡されましたが……試乗したギャブレーは「兵器は単一機能を確実にこなすものでなくてはならん」と言い放つ一方、ヤーマンの技術が使われていることを見抜いたキャオは開発者の技術士官メッシュ・メーカーごと「お持ち帰り」して、その後ターナで改造され27話でエルガイムMk.Ⅱとなりました。いわば「エルガイムMk.Ⅱのプロトタイプ」ってところなのですが、莫大な予算をかけて作ったであろう正規軍は踏んだり蹴ったりですね。
 そんな“スタック”の商品化は今回が初ということですが……ぶっちゃけると、ロボ魂エルガイムMk.Ⅱの一部仕様替えバージョンです。

Stack02  Stack03
 スタイルは、基本的にはエルガイムMk.Ⅱと同じ。正規軍のランドブースター・ザッパーがベースの背部ブースターを背負っているのも同じです。色はMk.Ⅱと全く異なり、試作機らしいオレンジっぽい色が主なのですが……正直なところ、あまり良い仕上がりとは言えません。かーなり安っぽく見えます。

Stack04
 パワーランチャーは、エルガイム仕様のものが1本付属しています。“スタック”が装備したのなら正規軍仕様のパワーランチャーのはずですが……劇中ではパワーランチャーは使っていませんし、製品の都合上こうなったんでしょうなw

Stack05
 バスターランチャーは、Mk.Ⅱと同じもので、本体色に合わせた特別塗装のものが付属しています。劇中で装備していたのがこんな感じに色が塗られていたのでこうなったみたいです(色の塗り間違いなよーな気もしないでもないがw)。エネルギー供給用の例の3本束ケーブルもいつも通り付属しているのですが……撮影のときに、つけ忘れました。すみません。

Stack06
 バスターランチャーを構えて正面から見ると、こんな感じ。“スタック”って、こういう顔してたんですな。

Stack07
 セイバーは2本付属。バインダーも2枚付属しており、ハンドランチャー発射状態はパーツ差し替えで再現。

Stack08  ランドブースター形態には、一部パーツ差し替えで写真のように変形可能。一部差し替え変形ながら、脚部の変形ギミックは結構凝っててビックリ。

Stack09
 ギャブレーに「ろくに歩くこともできないヘビーメタル」と言われてしまった、脚縮み状態でもなんとか立たせることも可能……ですけど、こんな状態で歩いてみたりキャオを捕まえたりよくできたよなぁと、ミョーに感心。

Stack10
 ロボ魂エルガイムMk.Ⅱとの比較。設定資料によれば、相違点はカオ/肩/ひざのインテーク/すねのドッキングギアの有無/バインダーの5点。その5点の違いはきちんと再現されています。

Stack11
 ぶん殴って頭部を破壊したバッシュとの比較。背の高さが随分違いますな。これだけ違っていると、たしかに“スタック”が屈んでいるときでないと、バッシュは顔をぶん殴れないかも。

 アモン・デュール“スタック”はペンタゴナワールドで久々に新開発されたA級ヘビーメタルとされており、スパイラルフローシステム絡みの話の中で「良いものは採用しろとギワザ様が」と言ったメッシュの発言から、“スタック”開発にはギワザ・ロワウも大きく関与していたようです。後に“ペンタゴナ最強”となるヘビーメタルですし、そんな“とんでも”ヘビーメタル開発にはポセイダル(アマンダラ)自身も当然関与していたのでしょうが……ポセイダルはポセイダルでディザードベースのヌーベルディザードを作ってますし、実際はどうなってたんですかねぇ?ま、反乱軍にエルガイムとディザード/正規軍には“スタック”/ポセイダル個人にはヌーベルディザード/サートスター(フル・フラット)にはガイラム、とどの勢力にもヤーマン技術によるヘビーメタルが(一時的とはいえ)あったってことですな。ヤーマンの技術って相当優秀だったんでしょうね。
 ROBOT魂としても久々の<SIDE HM>でして、Mk.Ⅱの一部仕様替えとはいえ「まさかスタックが商品化されるとは」と驚いて結局買ってしまったんですけど……次の<SIDE HM>は、ロボ魂エルガイムの一部仕様替え・最終決戦仕様ですな。私はロボ魂エルガイムを持っていないので、早速ネット注文しておきました。そして、11月には完全新規のグルーンがネット専売ながら登場しますね。バッシュ<記事>にロングスピアが付属していましたから「やっぱりか」という感もありますけど……新規は新規。写真を見る限りデキもよさそうだし、グルーン自体よくまとまったデザインでカッコいいヘビーメタルですしね。こちらも買わせていただきますよ。
 「重戦機エルガイム」は1984年2月放送開始なので、来年が30周年なんですよね。気の早い話になるけど、来年もバンダイさんが<SIDE HM>その他いろいろ展開してくれること、期待しています。

|

« 児童ポルノ禁止法改正案、衆議院に提出される | トップページ | サッカーW杯 ブラジル大会出場決定! »

アニメ作品・関連グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 児童ポルノ禁止法改正案、衆議院に提出される | トップページ | サッカーW杯 ブラジル大会出場決定! »