« 重戦機エルガイム ~その8・STACK | トップページ | ガンプラ組んでストレス解消 »

2013年6月 4日 (火)

サッカーW杯 ブラジル大会出場決定!

アジア最終予選 B組 第7戦
日本 1-1 オーストラリア

 あと勝ち点1を獲得すればW杯ブラジル大会出場が決まるサッカー日本代表でしたが、3月26日にアンマンにて行われたヨルダン戦は1-2で敗北。出場決定には至りませんでした。
 そして、アジア最終予選で最後のホームゲームとなるオーストラリア戦が、今日、埼玉スタジアムで行われました。
 前半はノースコアで折り返し、後半も日本代表は積極的に攻撃していたものの得点には結びつかず、迎えた後半37分……オアーのセンタリングと思われる浮かせたボールが、GK川島の頭上を越えてゴール隅に入ってしまいます。
 いやぁ、これには参りましたね。オーストラリアはカウンターサッカーに徹しており、しかも今日のオーストラリアの防御は実に堅固でしたから、「こりゃダメだ……」とマジで思いましたよ。
 しかし、後半終了間際、コーナーキックから本田がクロスを入れたところ、ペナルティエリア内のオーストラリアのDFの腕に当たり、ハンドをとられてPK獲得。このPKを本田が冷静に決めてロスタイムに同点となり、3分ほどプレイした後にホイッスルが鳴って試合終了。劇的な幕切れで、日本のW杯ブラジル大会出場が決まりました。
 日本のW杯出場は、初出場した1998年フランス大会以来の5大会連続で、通算も5回目。また、前々回のドイツ大会/前回の南アフリカ大会と同じく世界最速の予選突破となりました。そして、W杯出場をホームゲームで決めたのは、史上初とか。いやはや、ホント今日決めることができて良かったですよ。今日、仮に0-1でオーストラリアに負けていたら、可能性は低いとはいえ最終的に逆転を許して本大会出場ならずってこともありえましたし。
 まぁ、強敵・オーストラリアにきっちりと勝ってW杯出場を決められたなら、そちらの方がもちろんいいに決まっているのですけど……欲をかきすぎて事をし損じては意味がないですから。W杯予選は「突破することが全て」ですものね。ほとんどマグレみたいな同点劇でしたけど、ゴールを決めて同点にしたのは事実で、勝ち点1は勝ち点1。何も卑下することはないと思いますね。
 日本代表の選手の皆さん、そしてザッケローニ監督以下のスタッフの皆様、長きにわたったW杯予選を勝ち抜いたこと、本当におめでとうございます!

 ただ……W杯本大会にて今日のプレイをしたとしたら、グループリーグ敗退間違いなし、ですかねぇ。今日の香川の気迫は今まで見たことのないレベルだったし、長谷部も今野もキレキレで、各人の集中力もいつもより良かったように見ていて感じましたが……それでも、攻撃はオーストラリアのディフェンスに封じ込められてしまってましたね。他方、日本のディフェンスは甘く、オーストラリアのカウンターで危ない場面が何度もありましたし。本田や岡崎が帰国したばかりで本調子ではなかったとはいえ、とても南米の強豪やヨーロッパの最新戦術サッカーには対抗できそうに思えなかったですな。本大会に向けては個々の選手の更なるレベルアップも必要になるでしょうし、何より攻撃パターンや防御システム、それに交替の仕方などチームの戦術面をもっともっと磨いておかないとどうにもならないでしょうね。幸い、さっさと出場を決めたことから本大会まで1年ほど時間をもらえたわけですし、じっくりと戦術を練ってもらいたいと思います。

 ま、何はともあれ、サッカー日本代表は、晴れてW杯ブラジル大会に参加できることとなりましたよ。
 改めまして、おめでとうございます!そして、私たちに感動と本大会への期待を与えてくれて本当に、本当に、ありがとうございました!

|

« 重戦機エルガイム ~その8・STACK | トップページ | ガンプラ組んでストレス解消 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重戦機エルガイム ~その8・STACK | トップページ | ガンプラ組んでストレス解消 »