« VF-171 ナイトメアプラス ~その1 | トップページ | “争奪戦”に敗れる »

2013年5月 1日 (水)

VF-171 ナイトメアプラス ~その2

 その1でファイター形態について書きましたので、今回はガウォーク形態とバトロイド形態について。

Vf171_10
 色が他にない色なので、結構新鮮なイメージです。とはいえ、単に目新しいってだけかも?VF-171EXの記事で「出番が終盤だけなのでガウォーク形態のイメージはほとんどない」みたいに書きましたが、登場機会は初回からで少なくなかったVF-171でもガウォーク形態のイメージはあまりないですな。なんつーか、ファイター形態で戦闘に突入してそのまま撃墜、みたいなw。まぁ、ガウォークで急制動かけてバトロイドで近接戦闘へ、なんてやってる間もなくバジュラさん達に無慈悲に撃墜されちゃうんだから仕方ないですけど。

Vf171_11
 横。きちんと逆関節が再現されています。元のVF-17に比べれば機首が伸びたので前後のバランスは改善されてるものの……やっぱもうちょっと前に伸びてた方がガウォークらしいかな。

Vf171_12
 後ろ。ハの字開脚もできてるし、自立も問題なし。

Vf171_13
 バトロイド形態。VF-171EXの記事で「なーんかドデっとしたスタイルに見える」としましたが、VF-171は色の関係かなんとなくスリムな感じに見えます。

Vf171_14
横。折り畳んだ機首がそのまま腰になってるあたりが一般機っぽいかな。

Vf171_15
後ろ。縦方向のスライドギミックなどVF-171EXと全く同じです。
 バトロイド形態でのVF-171EXとの外見上の違いは顔です。比較写真。

Vf171_16 Vf171_17
 カメラ部分が違ってまして、VF-171は一段で幅が短く、VF-1A以来の一つ目形状っぽくなってます。形状は円ではないのですが、見た目はモビルスーツのモノアイにかなり近いですね(※光って見えているのは、反射光。正面から光が入ると反射します)。一方、VF-171EXは横長で上下二段のバイザー形状です。顎とかアンテナとか他の部分は同じなのに、随分印象違いますな。

Vf171_18
 ガンポッドは収納式のフォアグリップがあって両手持ちできるのはVF-171EXと同様。自立前提だと、下半身の可動範囲の制約もありアクションポーズは限られます。

Vf171_19
 ただし、TVシリーズ14話のダイヤモンド・リーダーのぶん殴りシーンはこのようにほぼ完璧に再現可能です(※VF-171はピンポイントバリアシステムを搭載しており、右拳にピンポイントバリアを張ってバジュラをぶん殴った。映像では右肩アーマー部を上に跳ね上げているけど、そこは再現不可)。「いつまでも同じ手が通じると思うなよ、この虫けらども!!」……このシーンのVF-171はカッコよかったですね~、珍しく。

Vf171_20
 バトロイド形態でVF-171EX アルト機と並べてみると、こんな感じ。並べてみると、スタイルは全く同じですな。単体で見ると、一般機の方がなんとなく細身に見えるんですけどね。

 DX超合金 VF-171EX ナイトメアプラスEX(早乙女アルト機)が良いデキでしたから、それとほとんど共通の今回のVF-171 一般機も良いデキに仕上がっていると思えました。この一般機は色が独特なのでそこをどう仕上げてくるのか気になってましたが、見事です。非常にいい色合いに仕上がっていると思います。ただ、色合いが見事すぎたか、白のVF-171EXでは目立たなかった機体表面の擦り痕がやたら目立つようになってまして、製品を箱から初めて取り出してみたら主翼のあたりが擦り傷だらけみたいな状態になってて「なんじゃこりゃ!?」と思ったりもしましたが(離型剤なのかそれの洗浄剤か何かが残っていたのか、ティッシュで拭いたらある程度消えたけど、やはり擦り痕もあった)……ま、塗装で仕上げるプラモデルみたいに塗膜でごまかしもできないし、ある程度はしゃーないところですかね。その点を差し引いても、カッコいいっすよ、一般機。ザコだろうがやられ役だろうが、このヘンテコな色合いがイイ。実にイイ。素晴らしいっす。アルト機の白赤より私は断然こっちが好きですわ。商品化してくれたこと、感謝しております。
 で、今回の一般機用のアーマードパーツが受注受付中ですな(2013年5月現在)。TVシリーズではアーマードパーツは装備してなかったと思いますけど、劇場版「サヨナラノツバサ」のボドルザー級要塞攻略戦や最終決戦で装備してましたね。VF-171はノーマル状態の方が圧倒的に印象が強いので「どうしても欲しい」とは思ってないのですが……ロボ魂エルガイムとかの兼ね合いで、おそらく買うとは思います。買って、届いたらまた記事にしますよ。

 DX超合金のバルキリーは、6月にリニューアル版RVF-25 ルカ機で、リニューアル版VF-25F アルト機が7月に再販されるようですな。VF-25Fの再販がされるとなると、VF-25S(オズマ機)の再販もあるかもしれないし、VF-27γがパック付きで再販されるとかって話もあるようですけど……DX超合金の完全新作はあるんですかねぇ?アクエリオンEVOLが出るかなと思ってたのに音沙汰ないし。バルキリーはYF-30とかもあるけど、過去のものに手を広げるって方向も考えられますね(※今年になって突然、完全変形シリーズを作っていたやまとの存続が危ぶまれるようになり、どうやら活動を停止したようです。企業として消えたのか消えてはいないのか、アルカディアという別企業に承継されたのかされないのか、年度を跨いでもなおよくわからないのですが、マクロストイの作り手が1つ消えてしまいそうな現状であることは間違いありません。アルカディアに承継されないのであれば、バンダイが1/60の過去のバルキリーも作ってくれたらありがたいです)。今後どのように展開されていくのか、気になります。
 ああ、そういえば、VF-25のオプションパックは何が何でも全部商品化してもらいたいですわ。とりあえず、リニューアル版のトルネードパック(アルト用とミシェル用)を早急にお願いします。私がリニューアル版ミシェル機を買ったのは、生還記念にミシェルトルネードを再現するため、ですので。あと、ミシェル機とルカ機のリニューアル版スーパーパックかな。お願いしますよ、バンダイさん。

|

« VF-171 ナイトメアプラス ~その1 | トップページ | “争奪戦”に敗れる »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VF-171 ナイトメアプラス ~その1 | トップページ | “争奪戦”に敗れる »