« YF-29 デュランダル ~その5・「30周年記念カラー」スーパーパック装備 | トップページ | 重戦機エルガイム ~その8・STACK »

2013年5月29日 (水)

児童ポルノ禁止法改正案、衆議院に提出される

 与党の自民党と公明党、それと日本維新の会の3党が今日、児童ポルノ禁止法改正案を衆議院に共同提出したようですね。
 今回の改正案の目玉は、「児童ポルノ」を所持すること及び保管することをも禁止すること、すなわち単純所持禁止にあります。そして、「自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノを所持した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処するものとすること。同様の目的で、これに係る電磁的記録を保管した者も、同様とする」と罰則も科すとしています。現在は「児童ポルノ」を製造したり、提供したり、提供する目的で所持していることが罰則(三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金)適用の要件なのですが、改正案が成立すればさらに1歩踏み込むことになります。
 また、附則ではあるのですが、今回の改正案には「政府は、漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像、外見上児童の姿態であると認められる児童以外の者の姿態を描写した写真等であって児童ポルノに類するものと児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進するとともに、インターネットを利用した児童ポルノに係る情報の閲覧等を制限するための措置に関する技術の開発の促進について十分な配慮をするものとする。」という一文が書き加えられています(附則第二条第一項)。現在「児童ポルノ」にはマンガ・アニメなどの2次元創作物は含まれていませんが、今回の改正案がそのまま成立した場合、「これを含めて規制できるよう、政府は頑張るべし」と国会が政府に明文をもって宣言することとなります。
 この改正案に関しての問題点については、私の稚拙な文章よりも弁護士ドットコムの記事やITmedia ニュースの記事の方が説得力があるでしょうから、そちらを読んでみてください。

 その上で、この記事にて私が主張したいのは、そもそも法律で禁止されている「児童ポルノ」とは何なのか皆さんキチンと知っていますか?ということです。「子供と性表現」の話になると、東京都条例のときもそうでしたがいわゆる“ロリコン”排除の話にすり替わって「私は関係ないし」「オタク連中が困るだけ」とか方向性がどんどんずれていってしまうのですけど、「そもそも児童ポルノとは何なのか」という“そもそも論”が完全に抜け落ちているように感じられてならないのです。メディア記事にもあまり出てきませんから、各論ばかりになって余計に議論がおかしくなっているように思います。そこで、ここにその“そもそも論”を書いておきます。
 「児童ポルノ」と言われてオッサンな私が直感的に想像するのは、「ちっちゃい女の子(=児童)が、なんかいやらしいことされてる映像(=ポルノ)」です。より具体的に書くと「10歳以下とかの幼い女の子が、直接の性行為を含む性的な行為をされている状態を映像なり写真なりに収めた表現物」とでもなるでしょうか。いかに表現作品であったとしても、「そんなものは規制すべきだ!」と考えることは「表現の自由も大事だけど、もっともなことだ」と思いますし、実際「規制すべき」と私は思っています。
 しかし、今、この国で定められている法律上の「児童ポルノ」とは、上記のような表現物も当然に該当しているのですが、そういういかがわしいものに留まらないのです。ご存じですか?
 俗に「児童ポルノ禁止法」と呼ばれている法律は、正確には「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」と言いまして、「児童ポルノ」に関しては第二条にて規定されています。本当は自分で検索するなりして調べていただきたいのですが、法文をそのまま書き記しますので、一度しっかりと一言一句読んでみてください。

第二条
1  この法律において「児童」とは、十八歳に満たない者をいう。
2  この法律において「児童買春」とは、次の各号に掲げる者に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)をすることをいう。
一  児童
二  児童に対する性交等の周旋をした者
三  児童の保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)又は児童をその支配下に置いている者
3  この法律において「児童ポルノ」とは、写真、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)に係る記録媒体その他の物であって、次の各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものをいう。
一  児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態
二  他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
三  衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの

 「法文なんて、どう読めばいいのかわかんねーよ」と言う人のために説明しますと、
 「児童」とは、18歳未満の者、すなわち17歳以下の男女です。女性に限りません。小学生とか中学生にも限りません。一般的な高校生のほとんどが含まれます。
 「ポルノ」とは、「性欲を興奮させ又は刺激するもの」という特別な要件が課されているので、ざっくり言うと「いやらしいことを描写した表現物」になるとも考えられますが、直接的な性交や性交類似行為(口腔性交など)や性器等を触っている行為の「いかにもポルノ」な表現物のみならず、衣服の全部を着けていないヌード写真・映像、さらには衣服の一部を着けていないというだけで該当してしまいます。現行法の解釈上「水着は、それだけで完全なる衣服である」とされているので、水着グラビアは「ポルノ」には該当しないと判断され、露出度が高いにもかかわらず商業誌に掲載されていてもTVに映し出されていても何のお咎めもないのですが……仮にその一部でも破けていたりすると児童の性器等(性器、肛門、乳首)が写っていなくても「児童ポルノ」に該当しかねません。それどころか、露出度の高さに関係なく、制服とか普段着などのほんの一部が破けているだけでも「一部を着けない児童の姿態」に該当すると判断されかねず、それが「性欲を興奮させ又は刺激する」表現であると判定されれば「児童ポルノ」とされます。
 ちょっと前に「児童ポルノか?」と騒動になった例のAKBの「乳首手隠し」グラビアは、3項2号の「児童が他人の性器等(=乳首)を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」に該当するとされたために問題になりました。あの件では関係者の事情聴取に留まり、誰も起訴には至りませんでしたが、ああいうファッション誌的なグラビアでさえ捜査当局には「『性欲を興奮させ又は刺激する』表現である」と判断されるということがはっきりしました。私的には「性欲を興奮させ又は刺激するもの」の特別要件は「あって無きが如し、だな」と思いましたね。
 つまり、たとえば「男子高校2年生がケンカをして、制服の胸の部分が破けて、たまたま男子高校生の乳首が写った映像」ってのはおそらく「児童ポルノ」になるということです。高校2年生の男子は普通16~17歳なので「児童」であり、制服が破れた状態は「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態」であり、男子高校生がイケメンであれば女性は「キャー」と喜ぶので「性欲を興奮させ又は刺激するもの」であり、男子であっても乳首が見えたとなればもう確定でしょう。先の「ちっちゃい女の子が、なんかいやらしいことされてる映像」のような多くの人が罰すべきものと考えそうな表現物とは全くかけ離れた映像であっても、今の日本では「児童ポルノ」に該当しうるのです。
 「児童ポルノ」というものが、いかに広く、巷に広がる表現物の多くが該当しかねない概念か、おわかりいただけましたでしょうか?高校生以下の人間を描いた表現物は、最近の「児童ポルノ」対策を徹底したものを除き、表現者の意図とは関係なく多くの場合法文上の「児童ポルノ」に該当してしまうのではないかと私は思っています。実務での児童ポルノ禁止法適用に関しては今のところ厳格解釈で運用されており、そう簡単に「児童ポルノ」と判断したりはしていなかったりもするのですが……法文上該当しうる以上、世間の処罰感情が高まれば(=マスコミが先の騒動のように「児童ポルノだ!」と騒いだら)、案外簡単に捜査当局に摘発され、起訴され、国家によって罰せられてしまう危険があるということは議論の前提として知っておいていただきたいところです。
 その上、今回の改正案が成立して「児童ポルノ」の単純所持も罰せられるとしたら、警察が(捜索差押令状をとって)家宅捜索した場合、薬物など誰でも分かる違法な物なんて何も持っていなくても、90年代以前に撮影され「児童ポルノ」対策など全く意識されていなかった実写映画とかTVドラマとかを録画したビデオやDVDなどを所持してさえすれば「児童ポルノ禁止法違反」を理由に簡単に逮捕できることにもなりかねないという懸念も、わかっていただけるのではないでしょうか。さらに「児童ポルノ」が、マンガ・アニメなどの2次元創作物まで拡大してしまったら……ま、日本の過去のマンガ・アニメ作品が描いてきた年齢層に鑑みれば、ほぼマンガの単行本/アニメのDVDやBDを持っているだけで逮捕でき罰することができるということになるでしょうね。

 「児童ポルノを見るような輩は罰すべし」とはいえ、本当にここまで罰するべきですか?
 私は、性の観念がしっかりしていない年齢の子供が大人の勝手で性的に傷つけられることは当然防がなければならないと思っています。表現の自由が憲法上保障されているからといって「表現行為であれば、ポルノでも何でも許すべき」とは言いませんし、考えてもいません。
 しかし、現行法上の「児童ポルノ」は、対象も、行為も、あまりにも広すぎます。これを「一様に、とにかく罰すべし!」という声は理不尽に過ぎるのではないでしょうか。
 この点、低年齢者の性に関する法律規定は他にもありまして、たとえば性交を前提とする婚姻の最低年齢は男子は18歳ですが女子は16歳と定められています(民法731条)。また、性的自由を保護法益とする強制わいせつ罪(刑法176条)及び女性の性的自由のみを保護法益とする強姦罪(刑法177条)では被害者が13歳以上か否かで区別されており、13歳以上であれば本人の性行為に対する同意権が認められています(本人が13歳以上で同意していた場合は罪とならない/本人が12歳以下の場合は仮に同意があっても同意はなかったことになるため罪となる)。にも関わらず、18歳未満の者を一律に「児童」とし、彼らを対象にする表現に対して一律に厳しい制約及び罰則を科すというのは、これらの法律規定と整合性を欠いています。
 したがって、私は「児童ポルノ」に対する制約も、適用要件を現在の規定より具体的かつ詳細なものにした上で、さらに表現対象が13歳未満/13歳以上16歳未満/16歳以上18歳未満の年齢に応じた三段階に分けて考えるべきではないかと思います。
○13歳未満の子供については性的知識に乏しいことから刑法同様強く保護することとし、今の規定より厳しく該当する子供の性的表現を禁止する。表現物の単純所持も禁止し、違反者に対する罰則もより重くする。ただし、厳しく制約される分、要件は更に厳格に。
○13歳以上16歳未満の子供については、本人にある程度の性的知識がある一方で保護する必要性もなお高いことから、現状の性的表現制約を課す。
○16歳以上18歳未満の子供については、女子については婚姻も認められており性的知識は十分にある上で合意していることを考慮し、ある程度制約を緩和する。
○18歳以上に関しては、現状通りアダルトビデオだろうが何だろうが本人の自由だから勝手にすればよい。
これぐらいのメリハリは制度上つけても構わないのではないでしょうか。いや、現行法制上、「ポルノ」規制であっても制約にメリハリをつけるべきではないでしょうか。日本の他の法制度では明文で区別されているのですから。国際的に問題になる?各国で「児童ポルノ」の規制対象年齢は異なっているというのに、何が問題になるのでしょうね?「児童ポルノ」問題に限らないのですけど、最近の一方的な極論ばかりが社会でもてはやされる風潮は常軌を逸してますよ。表現の自由という近代立憲国家における最重要の権利に関することですし、せっかく改正するというのであれば、「児童の権利を擁護することを目的とする」という制度趣旨(第一条)を諸外国に合わせるというよりも日本の法体系下で徹底する観点から見直し、精緻なシステムを改めて組む方向にすべきではないでしょうか。
 もし「そんな“メリハリ”など許されない!」「何が何でも児童ポルノは一律禁止!」と強硬に主張するのであれば、「一律禁止」の観点から法制度の整合性をとるべく、民法731条と刑法176/177条の年齢の文言をすべて「十八歳」と改正し、日本国民の性に関しては18歳で一律に区分するべきだと思いますね。そうしたら、「18歳からは結婚もできるし、性行為も、性的表現でお金を儲けることも、全部自己責任でできるようになる」とわかりやすくなるでしょう。「青少年は健全であるべき!」って言ってる人たちも「青少年は性的なこと何でも禁止」になるから大満足なのでは?ただし、一方で「18歳未満の子供に対しては性的なことは何もしてはいけない」ということになり、事実上「子供は18歳にならないことには何もしてはいけない」ことになります。18歳未満の「児童」とは性別問わず結婚できなくなるのはいいとしても、18歳未満の「児童」に対してわいせつな行為(※お尻触るとかだけではなく、キスも含まれます)をすれば同意があっても必ず「強制わいせつ」/18歳未満の女子と性行為をすれば同意があろうと常に「強姦」となるので、老若男女関係なく「18歳未満の子供とキス以上のことやったら誰であれ刑務所or少年院行き」でして……いやはや、「児童ポルノ」を作らせない持たせないどころではなく、「児童」は性行為から完全に切り離されてとっても“健全”な世の中になるでしょうよ。そう主張したらいかがでしょうか?「規制しろ」「規制しろ」と言う人たち(主に人権団体所属の女性)は強く叫んでおきながら、なぜにそうは言わないのですかね?「児童にだって性的自由はある」?「児童」に性的自由があるのなら、「ポルノ」に参加するのだって本人の自由では?一方の自由は全否定しといて他方の自由は過分に保護、そんな都合の良い「自由論」なんてね、成立しないと思いますよ。
 人を罰する以上は恣意的運用のなされない合理的かつ明快な制度にしてもらいたい、私は法治国家として当たり前のことを主張したいのです。あせらず、極端な感情論や煽り合いに陥ることなく、落ち着いた議論をしていただきたい。

 最後に、“そもそも論”から今回の改正案の話に戻りますが……与党は「今国会での成立を目指す」としているようですけど、今国会は通常国会なので会期は150日、しかも今夏は参議院議員選挙があることから、延長はせず会期は来月26日までと言われています。つまり、今日衆議院に提出したということは審議時間が1ヶ月もないということでして、こんな重大な法案なのにこんな時期に提出して委員会審議を経て衆参両院本会議での採決までする気があるのか、私には疑問です。結局のところ、“キレイゴト大好き”な公明党支持者すなわち創価学会員への公明党指導部の「私たちはちゃんとやってますよ?」アピールのためだけのパフォーマンスなのではないか、という気もしています。自民党にとっても公明党と連立を組んでいる以上は創価学会員は重要な“票田”ですし、共同提出した野党が日本維新の会だってこともね……大阪維新の会は公明と協力関係にありますし。だいたい本気で通したいのだったら、もっと早くに(今年度予算通ったら即、とか)提出しているのではないでしょうか?もちろん、継続審議にして「参議院選で勝ったら、国民の承認は得たとして次の国会で通す」ってハラかもしれないので、今国会では通らなかったとしても油断はできないのですが。
 ま、政局的な話はともかくとして、私は今回の児童ポルノ禁止法改正案についてははっきり「反対」です。今の安倍政権(自公連立政権)については非常に高く評価している(というか、現時点では「最高評価」と言っても過言ではない)のですけれども、こんなごく一部の極論だけに基づいて重大な表現内容規制となる法改正を十分な国会審議もなく成立させ、国民の自由を法制度でたやすく奪うというのであれば、次の参議院選で自民党(もちろん公明と維新、あと改正案に賛成する政党は全て)に票を投じることはできなくなりますな。憲法改正も議論されているこの時期に、表現物の単純所持規制(違法化)ということはね、国会議員として簡単に考えてもらっては困るのですよ。「やっぱり私たちの権利を奪う気か!」と国民に猛反発されることは覚悟していただかないとね。

 日本国民の皆さん、今回の改正案については「ポルノ」という刺激的な文言だけにとらわれることなく、「18歳未満の人を対象とした表現行為全般に関する問題」としてよくよく考えてみて下さい。政府の提出した改正案は、国民の権利を必要以上に制約する、本当に恐ろしい法案なのですから。

|

« YF-29 デュランダル ~その5・「30周年記念カラー」スーパーパック装備 | トップページ | 重戦機エルガイム ~その8・STACK »

重い話」カテゴリの記事

コメント

「児童の被害を防止する」とかなんとか言ってますが、実際、児童が強姦される事件数は他の国々に比べてかなり少ないらしいですね。
普通、治安が悪くなって性犯罪も比例して増えるのですが、お隣韓国なんか性犯罪が異様に高く、そのなかでも児童に対する近親相姦も多いので、韓国では自分の父親にすら警戒しなくてはなりません(自国の男に強姦されることが多い中で慰安婦とか言ってる場合?)
すみません、脱線してしまいましたが、実際、子供が不審者に声をかけられるなどのことは増えてますが、強姦される事件がそんなに多いのか?そんな事件があってもそれが児童ポルノが原因か?治安が悪くなったからでは?などと思います。
ある動画で評論家?が「日本はアダルトが蔓延しているにも関わらず、性犯罪件数は最低レベル。本来、アダルトを規制していながら性犯罪が頻発している他国の見本となるべきなのに性犯罪多発している国を見習うとは滑稽」と言ってました。
ですから今の法案では、別件逮捕などの警察組織の権力が拡大するか、もしくは違法ダウンロードのように結局野放しになるかの2つに一つになりそうですね。
私の持ってる手塚治虫のアニメはどうなのか?(けっこう子供の裸多い)最近萌えキャラ化してるマクロスはどうか?など気になりますね。ちなみにドラえもんの「きゃーのび太さんのエッチ」というシズカちゃんのシーンは再放送の時など削除されてるらしいですね。

投稿: エア・ウォーカー | 2013年5月30日 (木) 09時23分

児童が強姦される事件数は日本は他の国々に比べてかなり少ない、という話は聞きますね。
性犯罪は親告されないことが多いので実数は現実にはわからないのですけど、児童に対する性的被害が発覚した場合を調べてみても親族や同居人が加害者の場合が圧倒的だったりするようで……日本の「児童ポルノ」規制を厳しくしたら性犯罪が減ると本当にいえるのかどうかはきちんと検証するべきなのですが、そうもいかないのですよね。規制推進派は基本が感情論の場合がほとんどなので。
あと、世界的に法整備が進んでいる中で日本が遅れている面もあるといえばあるのは事実です。ただ、推進派がよく用いる「先進国で日本だけ規制が弱すぎる」という理屈は全くの「煽り」ですな。規制内容は各国バラバラな上に、適用範囲の広さで言えば日本は世界トップとも言えるのにそこは無視されてますから。何でも自分たちの都合だけに合わせて曲解して煽ってくるから、極度の推進派の主張は信用できないんですよね。それ故に「規制を強めるのには何か別の目的があるのでは?」という疑念が生じるのですが……どうやら推進派の人たちにはその辺を分かっていただけないようですね。残念ながら。
こんな状態で、推進派の感情論に従って「児童ポルノ」が今のまま2次元創作物にも拡大されたならば、ほとんどの作品が「児童ポルノ」に該当することになりますね。90年代以前のものはほぼ全滅でしょう。警察に実際に摘発されるかどうかは別にして、手塚作品であれ藤子作品であれ、宮崎作品であれ富野作品であれ、該当性は否定できないと思います。「名作」と呼ばれる作品には何かしら性的な表現が入っているものですし、手塚先生や富野カントクは「生きるということ」を示すべく敢えて作品に性表現を入れてますしねぇ。マクロスも、プラス以外は何かしら「児童ポルノ」として引っかかるでしょうな。
何でもかんでも「これは違法な児童ポルノだ!」として排斥し所持すらも認めず廃棄するしかなくなることを、本当に日本国民の多くが望んでいるのでしょうか?それを本当に国民の多数が望んでいるのだとしたら民主主義国家ですから規制強化も仕方の無いことなのですが……
「児童ポルノ」というものについて国民全員がきちんと知った上で、どうすべきか一度真剣に考えてもらいたいです。その一助になればと思って、今回の記事を書きましたけど……結局、読まれるのは、ひたすら感情論を煽る文章の方なのかなぁ。

投稿: ブルーメール | 2013年5月31日 (金) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YF-29 デュランダル ~その5・「30周年記念カラー」スーパーパック装備 | トップページ | 重戦機エルガイム ~その8・STACK »