« F1 2013 オーストラリアGP | トップページ | 「機動戦士ガンダムUC」第6話 Blu-ray Disc版 »

2013年3月20日 (水)

WBC 2013

1次ラウンドA組
ブラジル 3-5 日本
日本 5-2 中国
キューバ 6-3 日本
2次ラウンド1組
台湾 3-4 日本
オランダ 4-16 日本
順位決定
日本 10-6 オランダ
決勝ラウンド
準決勝
日本 1-3 プエルトリコ
ドミニカ 4-1 オランダ
決勝
ドミニカ 3-0 プエルトリコ

 今月2日、福岡でのブラジル-日本戦で開幕した2013 WBC(World Baceball Classic)は、今日決勝戦がサンフランシスコで行われ、ドミニカ共和国が初優勝を飾りました。前回(2009年)・前々回(2006年)に続く3連覇を目指していた日本代表(侍ジャパン)は、決勝ラウンドまで勝ち進んだものの、2次ラウンド2組でアメリカ代表を破って勝ち上がってきたプエルトリコ代表に準決勝で敗れ、敗退という結果に終わりました。
 今大会に関しては、2011年に日本プロ野球選手界が収益分配を巡って「不参加も辞さない」と強硬に主張し世論も不参加の方向に傾いていたにも関わらず、あやふやな形でNPBが参加表明してみたり、代表監督がなかなか決まらない一方でイチロー(ヤンキース)など大リーグ所属の日本人選手は全員参加しないことが早々に決まったり、その上集まった代表チームの調子も上がらずと、国内ではなんとも「盛り下がる」雰囲気の中で大会が始まったのですが……案の定、1次ラウンドでは“格下”のブラジルに大苦戦し、組内最弱の中国にも楽勝とはいかず、最大の敵・キューバには完敗でした。そして迎えた台湾戦。これがまた、9回表1点差つけられていたのを井端(中日)のタイムリーで追いつき、延長10回に中田(日本ハム)の犠牲フライで勝ち越してなんとか逃げ切るという、本当に劇的な試合になりまして、ここからようやく国内も盛り上がったんですよね。そして次のオランダ戦は、一転して6本塁打/毎回得点/先発全員安打での7回コールドという派手な圧勝劇。「うわぁ、日本代表すげーな」と私も思ったのですが……ここが今回の日本代表チームのピークでした。順位決定戦(12日)では点こそ取るものの、点も取られる試合運びで“守りの野球”ってのに綻びが目立ち始め、その後アメリカに移動し6日ほど空いてしまったこともあってか18日の準決勝では拙攻で点が取れない/守りは甘くて点は取られる/そして8回裏には1アウト一二塁のチャンスを潰す致命的走塁ミスが出て自滅、という悪循環で敗退してしまいました。ま、試合見る限りでは「日本が弱かった」というよりは「プエルトリコ代表が強かった」って感じではありましたけどね(ベルトランとかモリーナとかその他にもメジャーリーグの超一流選手がゴロゴロいるんだもの。弱いはずがないっすよw)。正直なところ台湾戦で仮に負けてたら2次ラウンド敗退だっただろうと思ってますしね、今大会の日本代表もよくやってたと思います。できることなら、今大会最強だったドミニカ(※8戦負けなし)と日本代表が決勝の晴れ舞台でガチで戦うところを見たかったんですけどねぇ……仕方ないですな。
 3連覇逃したのは残念なんですけど……その原因は「日本代表が前より弱くなった」というより、「他の各国が信じられないほど強くなった」って感じかな。筆頭はドミニカですけど、まぁもともと“優勝候補”ではありましたからとりあえず置いといて、第一はオランダ代表ですかね。前回準優勝の韓国を1次ラウンド敗退に追い込み、2次ラウンドでは台湾にコールド勝ちしあのキューバにも勝って準決勝まで進んだんですから、ビックリですよ。第二は、イタリア代表。2次ラウンドこそ一発敗退してしまいましたけど、それでもドミニカに4-5/プエルトリコに3-4と、どちらも1点差なんですよね。実際に試合は見てないんですけど、おそらく相当強いチームだったはず。“強豪国”といえば、「母国アメリカ/WBC優勝国日本/アマ最強キューバ、あとドミニカに韓国ぐらいか」って思ってましたが、さらにプエルトリコにオランダにイタリアが加わって、さらに今大会は1次敗退したけどベネズエラも本当はメチャクチャに強くて、台湾も強くなってきてる……って、こりゃあ、今後日本は大変ですよ。これからは、組み合わせ次第では1次ラウンド敗退するようなことになってしまっても全然おかしくないってことです。次の大会にも出場するのなら、きちんと準備して万全の体制で臨まないといけませんわ。

 次は4年後、2017年ですか……主催しているアメリカが敗退し続けてるもんだから一悶着ありそうな感じですけど、再び開催されて日本も参加するなら、この群雄割拠の中での「王座奪還」を果たさねばなりませんな。
 日本の「野球」の意地ってもんをまた世界に示すことができるよう、頑張って下さい、日本代表。

|

« F1 2013 オーストラリアGP | トップページ | 「機動戦士ガンダムUC」第6話 Blu-ray Disc版 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2013 オーストラリアGP | トップページ | 「機動戦士ガンダムUC」第6話 Blu-ray Disc版 »