« WBC 2013 | トップページ | F1 2013 マレーシアGP »

2013年3月24日 (日)

「機動戦士ガンダムUC」第6話 Blu-ray Disc版

 「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」第6話 Blu-ray Disc版、先週のうちに届いたので見ましたよ。

Unicorn6
毎度の初回限定特典・特製スリーブは、今回ローゼン・ズール。「ΖΖ」に出てきたハンマハンマがどこからか甦ってきたよーなMSですな。ギラ・ズールがベースらしいですけど(※原作でも「骨格はズール・タイプの流用」とある)……そんなんでクソ重そうな上半身を支えきれるとも思えないけどなぁ。ま、いっか。無重力の宇宙空間だし、何とかなるんだろう。

Unicorn6_2
あと、今回は初回限定特典としてBD二層(50GB)の特典DISCと「FILM&LIVE 2012 特製進行台本」も付属していて、なんだかやたらと豪華です……が、私はこちらについてはまだ見ていないので、中身についてはよくわかりません。後日見ることにします。

 で、今作のタイトルは「宇宙と地球と」。原作8巻と同じ題名で、まぁだいたいそのあたりに該たる話なんですけど……今作は「原作なんてあったっけ?」ってくらいに割り切っちゃってますな。今までもアニメ版は「時間内に、原作の筋のおおよそのところを説明しとこう」って感じではありましたが、今作についてはもはや「おおよそ」ですらないというか。今回の第6話を見て、後から原作8巻読んだら「全く違う」とビックリすることだろうと思います。ま、原作終盤のエピソードはどれもこれも60分弱で映像化できるような内容じゃないので、ざっくり短縮するほかないのでしょうね。というわけで、見所は、ゼネラル・レビル配備MS隊とローゼン・ズール&シナンジュの戦闘シーンぐらいかな。主役機・ユニコーンは、今回ほぼお休み。最後に“フルアーマー”な姿がお披露目された程度でしたわ。あとは、いつものように「原作読んで補完」ですね。

 ガンダムUCアニメ版も、残すはfinal episode「虹の彼方に」を残すのみとなりました。予告によれば「2014 SPRING」とのことですので、丸々1年(か、それ以上)の後ですか。「虹の彼方に」はまた長い話だし、途中にどうしても避けられないヤマ場もあるし、今からでも遅くないから「やっぱり7話と8話にします」と言った方が良いのではと思いますけどねぇ。少なくともアニメ版を締めくくらないといけないので、できればTV3話分にあたる72分程度はあってもらいたいところですが……うーん、あの話は映像だと3時間あっても描ききるのはムリですかね(苦笑)。どこまでも果てしなく割り切るしかないか。
 こちらも「どーなっても、しゃーない」とある程度割り切って、最終話まで付き合うこととします。アニメ版として話がきっちり締めくくられること、期待していますよ。

|

« WBC 2013 | トップページ | F1 2013 マレーシアGP »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WBC 2013 | トップページ | F1 2013 マレーシアGP »