« 3台目PS3購入 | トップページ | F1 2013 開幕 »

2013年3月11日 (月)

大地震発生から2年を経て

 東北地方太平洋沖地震発生から、今日で2年ですか。
 2年前のあの日、映像を通してではありますが、津波の恐ろしさと原子力発電の危険を実感を伴って学びました。あの時の極度の不安感は今でも忘れていません。
 被災地の「復旧」はこの1年でさらに進んだようですが、やはり「復興」となると報道を見る限りまだまだのようですね。津波による被害を受けた地域における「復興」の計画も具体化されず、また福島第一原子力発電所事故の被災地域もまだまだのようです。プランニングさえ決まってしまえば後は早いと思うのですが……地元住民あってこその「復興」ですし、住民の合意形成がなかなかできなくて遅れていってしまうというのは阪神大震災でもありましたし、難しい問題ですね。もう、「政府が強権で決めてしまえば良い」って段階は過ぎ去ってしまったでしょうし(強権発動するなら1年内にしてしまうべきだったが……ま、当時の菅政権はできるわけないな)。ただ、昨年末の衆院選で政権が自民党中心の政権に変わりましたし、公共投資も民主党政権時代よりはしやすくなったでしょうから、住民合意が早期になされ「復興」の気運も高まることを期待します。私には、そのくらいしかできませんので。
 あとは……被災に便乗する形で騒ぐごく一部の人間の無責任な行動をいいかげん終息させなければ、と思います。“核”がとにかく嫌いというだけでフクシマフクシマと連呼し被災者そっちのけでデタラメな主義主張だけを騒ぎ立てる、“反原発”の名を借りた反核運動。それをデマでさらに煽り、自らの反政府運動に利用する反体制活動家(革命主義者)。沖縄基地問題に無理やりこじつけ、勝手に被災者を被差別者と定義してわざわざ“差別”を作り出そうとする人権屋たち……日本は自由主義国家であり国民の活動の自由は保障されるべきですが、奴らの反社会的活動はそれこそ人と人との“絆”を破壊する行為に他なりませんし、「被災」をダシにし自分の都合のみに行動しているだけで「復興」など何一つ考えていません。それどころか、奴らは「復興」の足を引っ張ることをむしろ喜んでいると言っても過言ではないのです。私たち普通の日本国民は、被災地のことを思うのであれば、怒りをもって奴らの身勝手無責任に立ち向かうべきです。「立ち向かう」といっても、暴力をもって弾圧とか物騒なマネをする必要はまったくありません(むしろ、してはいけない。彼らは弾圧を待っています。「弾圧されるのは、私たちこそが正義だからだ!」と扇動できるから)。ひたすら無視すればそれで足ります。あいつらにとっては誰からも相手にされないことが最も困ることなので、騒いでたらスルーしてあげましょう。全員からスルーされれば、あんな理なき愚かな行動は自然と消えていくと思います。

 改めて、強く願っています。被災地域の方々の生活に、震災前と変わらぬありふれた日常が戻ることを。

|

« 3台目PS3購入 | トップページ | F1 2013 開幕 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3台目PS3購入 | トップページ | F1 2013 開幕 »