« 「真・北斗無双」実績全解除 | トップページ | やっとこ8つ目、ですか »

2013年2月10日 (日)

PMX-002 ボリノーク・サマーン

 久々に、ガンダムネタの記事を書いてみます。買いましたよ、ROBOT魂 <SIDE MS> ボリノーク・サマーン

01
 記事にするのが遅くなってしまいましたが、先月末に届いてました。
 PMX-002 ボリノーク・サマーンは「機動戦士Zガンダム」終盤に登場したティターンズの試作MSです。パプティマス・シロッコが開発しジュピトリスで建造され、シロッコに近いパイロットのサラ・ザビアロフが搭乗しましたが、TVシリーズでは46話で破壊されました。

02
 頭部モノアイの上の“お皿”部分がレドーム/左腕がレーザーセンサーになっており、偵察・索敵用のMSであるとされています。

03
 偵察用=迅速に戦場から離脱しなければならない、ということだからか、バーニアやスラスターがとんでもないことになってます。配置も独特で、ヘンテコなのが多い「Zガンダム」登場のMSの中でもかなり異彩を放つデザインですな。
 全体的にボリュームがあって実に立体化しにくそうだし、PMXシリーズ4機(メッサーラ/パラス・アテネ/ボリノーク・サマーン/ジ・O)の中で唯一今の今まで商品化されたことがなかったというのも、無理もないですかね(一番の理由は、「乗ってるのがサラだから」らしいけどw。まぁ、サラは何がしたいやらわからない上に、「シロッコと寝てる」とかなんとかな一方でカツとあれやこれやで鬱陶しいことこの上ないキャラですから。私も好きじゃないっす)。

04
 ボリノーク・サマーン最大の特徴は、主兵装が右腕に固定装備されたシザースクロー(カニバサミ)であることでしょうか。先端がハサミになってて、実際劇中でZガンダムの首を挟んでましたが……武器としてはビームサーベルで突き刺すよりはるかに難易度高そうな気がします。ま、普通はハサミの間にある(連装)ビームガンを使うのでしょうけど。つーか、シロッコって固定兵装が好きなんですなぁ(自分のジ・Oだけは、なぜか主兵装が手持ちのビームライフルだったりするがw)。

05
 で、そのビームガンは、引き抜くとビームサーベルになります。また、銃身の方からビーム刃を発生させビームトマホークとして使うこともできます。便利といえば便利、かな?

06
 劇場版第三部「星の鼓動は愛」では頭部のレドームが発光しているシーンがあって、それを再現するため今回のロボ魂版では“お皿”部分が加工されたクリアパーツになっている交換用頭部が付属しており、それにつけ替えるとこうなるのですが……劇中では紫チカチカに発光するところが、本体色と同じ緑系の色で加工されているので、特に目立たないものになってしまってます。単純にレドームを完全クリアにして中に銀+紫のモールドパーツを埋め込めば再現できそうに思いますけど、ま、1/144サイズなのとコストの関係でムリだったんでしょうね。

07
 両肩のハッチ部分には炸裂弾が内装されており、ハッチが開いた状態用のパーツが付属し、開閉選択式になっています。

08
 RG Zガンダム(※ほぼ無塗装・成形色)と並べてみました。設定ではゼータの頭頂高が19.85m/ボリノーク・サマーンの頭頂高は19.9m(=1990cm)となっているのでほぼ同じはずですが、ロボ魂ボリノーク・サマーンの方が高くなってますね。この点、1990cm÷144≒13.8cmであるところ、ロボ魂版は高さが14.5cmほどあるので、ロボ魂版はきっちり1/144ではなく若干オーバースケールのようです。ま、それを考慮しても、ボリノーク・サマーンは手が異様に長かったり、ガンダムなどの普通のMSデザインからは大きく外れたスタイルですな。

09
 HGUC ジ・O(※塗装済)と並べてみました。こうやって並べてみると、曲線と直線を組み合わせた重装甲スタイル+大量のバーニアで機動性確保の点で共通しており「同一人物(シロッコ)が設計したのかな?」とも思えますな。メッサーラもこんな感じだし、むしろ曲線的でスリムなパラス・アテネの方がPMXシリーズとしては異端なのかもしれませんね。あああ、パラス・アテネかぁ……こうなったらHGUC パラス・アテネも作って、1/144の3機編隊組みたくなりますわ(あと、ついでに1/144のメッサーラも欲しいな)。

 「ボリノーク・サマーンが商品化される、しかも1/144サイズの完成品」ということで「おおお、こいつはスゲー」となり、半自動的に予約しちゃったわけですが……ま、購入しただけの価値はあったかなと思います。太腿などの黒っぽい部分は塗装なようでしてその仕上げがかなり雑だったり、足首のジョイントがボロボロと取れちゃったりとか、ムッとする箇所もたしかにあるんですけど、この大きさでシャープな造形の塗装済みボリノーク・サマーンが今になって手に入ることのありがたさとを天秤にかけたとすると、やっぱありがたさの方がはるかに大きいですわ。HGUCでキット化されるかどうかもわかりませんし、されたとしてもこの塗り分けだと組み上げるのが相当大変そうですしね。ウェブ専売の限定版ROBOT魂としてでしたが、「Zガンダム」ファンとしては商品化してくれたことに感謝しております。
 「Zガンダム」のMS、HGUCではだいぶ揃ってきてますけど、MG化はまだまだですなぁ。全高20mちょっとと中途半端にデカかったりするのがいかんのですかねぇ?ギャプランとかアッシマーとかガブスレイなんかのMGも見てみたいですし、パラス・アテネとかバウンドドッグのMGなんかも出たら涎垂らしちゃいそうですわ。

 あ、その前に、買ってあるMGマラサイ、さっさと作らないといかんな……ははははは。

|

« 「真・北斗無双」実績全解除 | トップページ | やっとこ8つ目、ですか »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「真・北斗無双」実績全解除 | トップページ | やっとこ8つ目、ですか »