« やっとこ8つ目、ですか | トップページ | ニコンD7100発表 »

2013年2月21日 (木)

PlayStation 4発表

 今朝、ニューヨークにて「PlayStation Meeting 2013」が開催され、その場にて「PlayStation 4」(以下、PS4)が今年末に発売予定であると正式に発表されました。現行の「PlayStation 3」が発売されたのが2006年11月11日でしたから、予定通り年末に発売されたとしても7年ぶりの新型プレステってことになりますか……早いもので、もうそんなに経ったんですね(※私は発売翌月にPS3を購入しました。記事はこちら)。
 いろいろと発表されたみたいですけど、本体の外観や最も気になるお値段については今回発表を見送ったみたいですね(E3とかTGSとかで発表するのかな?)。お値段については「4万円超えるのでは?」などとウワサも出ていましたけど……どうなるんでしょうな。
 で、本体の基本スペックについては公式リリースが出たようですね。詳細は、一番わかりやすいであろう4Gamerの記事を見てもらうとして……早い話、今回のPS4は「PC」ですな。AMD製のx86-64のCPUとRadeonなGPUをまとめたAPU+8GB GDDR5メモリ+HDD。Windowsをインストールできちゃいそうなくらい、構成物の名前だけならまんまPCです。まぁ、「次世代機にはAMDのAPUが載っかるみたい」ってウワサは去年から出ていましたから、今日の発表はほぼ「予想通り」だったんですけど、まさか据置ゲーム機に本当にx86なCPUが載る時代がくるとはねぇ(ウワサでは、Xboxの次世代機にもAMDのCPUが載るとか言われてますが、「どーせならライバルたるXboxにはIntelの石が載れば面白いのにぃ」などと私は考えてしまいますわw)。プロセッサーのファウンドリが極めて限定されており、かつ同一ゲームのPCも含めたマルチプラットフォーム展開が当たり前になった今となっては、もうカスタムチップを並べて覇を競うってのは無意味なのかもしれませんな。
 PS3はCell+RSXという他にはないチップ構成で動いていたところ、PS4はx86-64といういわば“汎用”のプロセッサになり、初期PS3のようにCellを別に載っけたりもしていないので、当然PS4とPS3のソフトの互換性はありません。これについては「また切り捨てか」と批判も出ているようですけど……ま、この点は仕方ないでしょうね。本当にCellを載せてPS3との互換性を確保したら、初期型PS3のように本体価格が跳ね上がってそれはそれで「高すぎる。こんなの誰が買うんだよ」と言われるだけでしょうから。
 むしろ、問題は「変わり映えしないこと」にあるように思います。もちろん絶対性能は大きく向上しているでしょうから、現世代機ではできない場合がほとんどの「フルHD・60p描画」がどんなゲームであっても当たり前のことになるのでしょうが……だからといってHD画質は実現している現世代機と「一目瞭然の差がある」とまでは言い切れないんですよね。実際、今日発表されたデモ映像を見ても、「こいつは凄い。PS3とは違う」と見ただけで思えるものはないっすな。さらに、PS3には発売当時ほとんど世に出回ってなかったBlu-rayプレーヤーとしての付加価値がありましたが、PS4にはそれもなさそう。その上、今までは無料だったオンライン環境(PLAYSTATION Network)もXbox LIVEのような有料サービスにするとかなんとか……まだPS4のゲームプラットフォームとしての全容は不明ですし、ローンチソフトが強力だったらそれだけで簡単に吹き飛ばせる程度の“杞憂”かもしれませんけど、どうなんですかね?ウワサ通り本体価格が4万円台だったとして、その額をサクッと払ってくれる客が、どれくらいいるのかなと。なにか秘策みたいなの、あるのかな?何もなかったら、ちょっとまずい気はします。
 あと、Xboxの次世代機もそろそろ発表されそうなのですが、これも今年の年末商戦を狙って投入されそうな感がありまして……そうなるとローンチが完全にバッティングしてしまいますな。まぁ、さすがに発売日をもろにバッティングさせることはないだろうと信じたいのですが、もし本当に年末で重なったら、最悪「共倒れ」になるんじゃないかと。Xboxの次世代機だって、そんなに新しい付加価値を出せるとも思えませんからねぇ……つーか、私だって2台も据置ゲーム機を一気に更新できませんよ。経済的にも、物理的にも。「Xboxの次世代機はE3で発表か?」ってウワサですが、どうなるんですかね。最低でも3ヶ月は発売時期をずらしてもらいたいですわ。

 今週突然PlayStation Vitaの値下げが発表されるなどゲーム業界は未だに景気がよろしくなく、据置型ゲーム機はWii Uの売り上げ不振が報道され、ノートPCやタブレットの普及でデスクトップPC市場がどんどん縮小してたりするご時世です。PS4と次世代型Xboxは、“最後の砦”って感すら漂っています。この2つの新プラットフォームにはなんとか成功してもらわないと、本当にゲーム専用機の「次」はなくなるかもしれません。
 私自身、ここ数年ゲームプレイにかける時間が減る一方だったりするのであまり偉そうなことも言えないのですが……PS4の発売時には、ゲーム業界全体が盛り上がっていることを期待していますよ。

|

« やっとこ8つ目、ですか | トップページ | ニコンD7100発表 »

ゲーム・ゲーム関連製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっとこ8つ目、ですか | トップページ | ニコンD7100発表 »