« VF-17S ナイトメア ~その3・スーパーパック装備 | トップページ | 「真・北斗無双」実績全解除 »

2013年1月15日 (火)

VF-171EX ナイトメアプラスEX ~その3・ヘビーウエポンパック装備

 やまとの「VF-17対応 スーパーパック」<記事>と同じく昨年末に届きましたよ、バンダイ VF-171EX ナイトメアプラスEX用アーマードパーツ。こちらは、ネット専売で、受注生産品です。

Vf171ap_01
 まずは、ファイター形態。DX超合金 VF-171EX ナイトメアプラスEX(早乙女アルト機)<記事>はノーマル状態で発売されましたが、劇中では常にアーマードパーツを装着したヘビーウエポンパック装備状態でノーマル状態には一度もならなかったので、今回ようやく“サジタリウス1”が再現されたことになります。ファイター時の機体上面にはあまり変化はないのですが、追加兵装の対バジュラ用MDE粒子反重力砲(30mmMDE機関砲も付属)と4連装大型対艦ミサイルを背負ってるだけでかなりイメージ違いますね。

Vf171ap_02
主翼下には対空ミサイル2種と徹甲ロケットポッドを懸架してます。ノーマル版の主翼にはハードポイントがありませんが、今回ハードポイント付きの主翼が付属しており、これに交換する形になっています(※主翼はピンで止めてあるんですが、この止めピンの紛失に注意せよと取扱説明書にも書かれてます。何かの拍子にポロポロと落ちたりするので、ホントに注意が必要)。

Vf171ap_03
 砲身を機体右側にオフセットってのは、VF-1Sの劇場版スーパーバルキリー(通称ストライクバルキリー)の2連装ビームカノンを意識してるんですかね?

Vf17171exsp_2
 ここで、スーパーパック装備のVF-17との比較その2。ヘビーウエポンパックとスーパーパックとの違いですかねぇ。パックのコンセプトが全く違うように思えますな。

Vf171ap_04
 ガウォーク形態。脚部のブースターノズルが内側と前側にだけあるというのがVF-171EX用パーツの特徴です。

Vf171ap_05
 後ろ。普通ならブースターノズルは外側と後方に配置されることが多いのですが、ファイター時の脚部の位置からこうなったんでしょうね。

Vf171ap_06
 バトロイド形態。主翼に懸架されたミサイルとロケットランチャーはそのままでもバトロイドになれます(ただし、変形の際、すごくジャマw)。

Vf171ap_07
 後ろ。後方には増加装甲がほぼありませんが……EXの時点で元々の装甲も強化されているので、問題ないんですかね。

Vf171ap_08
 でっかい対バジュラ用MDE粒子反重力砲は腕部の増加装甲にマウントされているので、手首は自由に使えます。171用のガンポッドを同時に使うことも可能なのでしょうが……TV版ではバジュラに全く効果ないですもんね。持ってっても意味ないか。

Vf171ap_09
 左腕部マウントされている4連装の対艦ミサイルは、ピンポイントバリアを張ってシールドになるとか。まぁ、バリア張ってるから爆発はしないんだろうけど、敵の攻撃を大型ミサイルで防御ってのはしたくないなぁw

 やまとの「VF-17対応 スーパーパック 単品」と定価は全く同じ(税込5040円)と言っても、こちらはネット専売なので値引きはなく送料や手数料が別にかかったりして実際に買うにはかなり高くつくのですが……外観が大きく変わるし、実際カッコいいしで、このアーマードパーツはオススメですね。というか、新統合軍でのアルトの乗機“サジタリウス1”は今回のアーマードパーツなしでは再現できないので、VF-171EXには必須のパーツです。「なんで別売り、それも受注販売にしちゃったの?」ってのが正直な気持ちですよ。ま、旧DX超合金VF-25ではスーパーパック標準装備のミシェル機/ルカ機が売れ残ったり、スーパーパック付きでヘンな色のアルト機が出たり、オズマ機のアーマードパックがセットしかなかったりと、「パック標準装備」にはいろいろありましたから……そのへんも関係してるんですかね。
 で、前に「VF-171系のバリエーションモデルも期待できそうですね」と書きましたが、本当にバリエーション展開されることになって、先日「VF-171 ナイトメアプラス(一般機)」の発売がアナウンスされましたね<記事をアップしました。こちらです>。「何よりEXではない元のVF-171 ナイトメアプラス一般機をぜひ出していただきたい」とも書いたので、このアナウンスはとても嬉しかったです。製品サンプルのエメラルドグリーンの機体色もキレイだし「うひょー」となったのですが……またもネット予約は“争奪戦”の様相となりましたな。同日に予約開始となったYF-29(30周年記念カラー)<記事>の再販分よりは多少予約しやすかったみたいで、私も実際予約できたから良かったものの……結局、長くても数時間で締め切られてしまうことには変わりないようで。今年もDX超合金のネット予約は厳しい“争奪戦”を勝ち抜かないといけないようですね。店頭販売分は案外在庫があったりするらしいので、そちらも考え合わせれば入手難易度は一部のフィギュアみたいに「困難」というほどでもないのかもしれませんけど、大型量販店が近くにない人もいるだろうし、ネット予約販売分をもうちょっと改善してもらいたいところです。
 あと、DX超合金はリニューアル版のルカ機(RVF-25)が予定されているとか。それも楽しみなんですが、リニューアル版用のトルネードパックがいつまで経っても発表されないのは気になるなぁ。アルト機とミシェル機両方につけたいから、待ってるんだけどなー。うーむ、リニューアル版アルト機の再販は未だにされてないし、その再販とセットでトルネードパックもくるのかな?

 今年もDX超合金のマクロストイが発売されること、期待していますよ。

|

« VF-17S ナイトメア ~その3・スーパーパック装備 | トップページ | 「真・北斗無双」実績全解除 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VF-17S ナイトメア ~その3・スーパーパック装備 | トップページ | 「真・北斗無双」実績全解除 »