« YF-29 デュランダル ~その4・「30周年記念カラー」 | トップページ | VF-4 ライトニングⅢ ~その2 »

2012年12月29日 (土)

VF-4 ライトニングⅢ ~その1

 2012年の当ブログ最終レビューは、やまと 1/60 完全変形 VF-4G ライトニングⅢでございます。

Vf4g_00_2
 VF-4 ライトニングⅢは、VF-1 バルキリーの後継機として開発された可変戦闘機です……といっても、実際に機体が映像として出てくるのはOVA「超時空要塞マクロス Flash Back 2012」の終盤に、たった10秒弱の間だけだったりします。他には初代のTVシリーズ36話(最終回)で一条輝が白いVF-4の試作機の模型を持っているシーンがあったり、劇場版「愛・おぼえていますか」での輝の部屋に青色のVF-4らしき模型が置いてあったりもするのですが、それだけ。「マクロスプラス」や「マクロス7」の時代には統合軍の主力がVF-11 サンダーボルトに替わっているので、これまた出てきません。“幻の機体”と言っても過言ではないですな、VF-4は。私も最近まで存在自体ほぼ知らなかったです。で、その唯一の映像資料である「Flash Back 2012」に登場するのがVF-4の最初の実戦配備型であるA型とされ、その配備が始まったのが2012年……つまり、今年だったりします。
 というわけで、やまとの「超時空要塞マクロス」TVシリーズ放映開始30周年記念商品は、VF-4 ライトニングⅢの1/60完全変形モデルとなったようです。
 で、今回のG型というのは、1997年発売のプレイステーション用ソフト「マクロス デジタルミッション VF-X」に登場した機体みたいですな。「Flash Back 2012」製作時にはファイター形態の設定しかなく、このゲーム用としてようやくVF-4の正式なガウォーク/バトロイドの設定ができたようです。ただ、この「VF-X」というゲームも私はプレイしたこともないし、全く知らないんですよね(手持ちのCDアルバムに収録されてたので、歌だけは知ってます。特に「虹のパレット」は大好きですわ)。
 こんな感じでVF-4はよくわからない機体だし特に「欲しい」と思えず、正直買おうかどうしようか迷いました。しかも、今回の完全変形VF-4Gは普通に店頭売りされず、やまとOnline shop限定となりまして(=値引きなし)、その上結構値段も高い(26985円)。予約するのをかなり躊躇したんですけど……見たこともないプロポーション/見たこともない変形機構だったことと、値段が30000円(私的限界ラインw)を大きく割り込んでたことから、「ええい、予約しちゃえ」となりました。
 そして、配備年である2012年も残り4日という12月28日(昨日)になって、ようやくうちにやってきましたよ。

Vf4g_01
 ファイター形態。VF-4はこの時点で他のVFとは全く違うフォルムですな。左右に独立したエンジン搭載って点ではVF-27/29もそうなんですけど、あれはあくまで補助エンジン。VF-4は機首部の他にメインエンジン部が左右に独立していてそれを翼でつなげたような格好の“三胴式”ボディです。デザインした河森氏はアメリカの偵察機・SR-71 ブラックバードをモチーフにしたそうで(※名前は“双胴の悪魔”とも呼ばれたP-38 ライトニングから。ライトニング“III”なのは、F-22 ラプターの原型試作機YF-22がライトニングⅡを名乗っていたからとか)。SR-71のデザインは、革新的でしたからねぇ。あれがベースのVFがあるのも当然ですかね。

Vf4g_02
 この角度から見ると、ゴテゴテっとした感じにも見えます。

Vf4g_03
 が、真正面から見ると、このように極めてシンプル。

Vf4g_04
 真後ろからだと、もっとシンプルに見えます。当時のもう一つの革新的デザイン軍用機、XB-70 ヴァルキリーみたいですね。

Vf4g_05
 そして、今回のVF-4の何が凄いかというと、胴体部の薄さ。左右のエンジン部をつなぐ部分がえげつなく薄いです。

Vf4g_06
 後方から見ると、こんな感じ。薄い胴体部にはラムノズルが内蔵されていて、きちんと再現されています。ノズルのフラップ?も可動するし、黄色いエンジンノズルも可動します。

Vf4g_07
 横から見ると、こんな感じ。「Flash Back 2012」に出てきたA型一条輝機だと、もっと前後に長い感じに見えましたが、バトロイドに変形するとなるとこのぐらいになってしまうのでしょうな。それでも、この機首の長さは凄いですね。変形機構を組み込みながら良く再現できたな、と思います。

Vf4g_08
 キャノピーは開閉式。パイロットフィギュアの作り込みがまた凄いです。

Vf4g_09
 ローアングルから。特異なフォルムなので、いかにも「宇宙戦闘機」って感じですな。

Vf4g_10
 VF-1A(一般機、TV版)と並べてみました。VF-4、細く見えるんですけど結構デカいです。

Vf4g_11
 バンダイの30周年記念商品であるDX超合金デュランダル(30周年記念カラー)と並べてみました。胴体の太さは全然違うんですけど、大きさとしては案外似たようなもんですね。VF-4はボディから連なる翼の形がとても美しいですなぁ。個人的には、バルキリーの中でも最高レベルかな?

 ガウォーク/バトロイド形態についてはその2にて。

|

« YF-29 デュランダル ~その4・「30周年記念カラー」 | トップページ | VF-4 ライトニングⅢ ~その2 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YF-29 デュランダル ~その4・「30周年記念カラー」 | トップページ | VF-4 ライトニングⅢ ~その2 »