« 第96代内閣総理大臣指名 | トップページ | YF-29 デュランダル ~その4・「30周年記念カラー」 »

2012年12月27日 (木)

超時空展覧会、見てきました

 「超時空要塞マクロス」のTVシリーズ放映開始(1982年10月3日)から今年が30周年ということで、記念イベントが開催されました。その名も「超時空展覧会」
 GWに東京、6月に名古屋で行われ、大阪では秋に開催される予定だったはずが……なぜか年末年始開催ということに。
 というわけで、寒い中、行ってきましたよ。大阪会場へ!
 大阪会場の場所は、大阪は枚方市にある遊園地・ひらかたパーク内のイベントホール。

01
 ひらかたパーク(通称“ひらパー”)の入り口はこんな感じなのですが、この奥にある通常のゲートではなく、右奥にあるイベントホール用の通路から入ります(遊園地には入らない)。私は遊園地にほとんど縁のない人間なので“ひらパー”へ来たのも今回が初だったのですが、結局今回も遊園地部分には入らず終い。“ひらパー初体験”はお預けw

 展示物はいろいろあるのですけど、基本的にはテキスト展示になってます。貼ってある看板に字が書いてあったり、絵が描かれてます。

02
 目玉はこれ。原寸大のVF-25F メサイア(アルト機)。写真だと全くわからないですが、デカいです。ただし、今は東京お台場にある1/1ガンダム<記事>と比べると、だいぶ小さいかな。

03
 原寸大といっても、全身ではなくガウォーク形態での機首部と胴体の一部、それに両腕が再現されているだけ。春の時点では「大阪会場では脚部が再現され、立ちます」とかなんとかアナウンスされていたよーに記憶していますが、残念ながら東京・名古屋での状態そのままの展示となりました。逆関節の脚をもつガウォーク形態でこの実物大メサイアが立つ姿ってのをぜひ見てみたいものですが……いつの日か実現できたらいいですなぁ。

04
 コクピット横に足場が組まれており、ここへ昇ることができます。

05
 で、そこからコクピットを写すとこんな感じ。コクピットはかなり狭かったですね(EX-ギアがスペースとっちゃってるんだろうけど)。

06
 コクピット後方。胸部装甲板と頭部、あと首まわりの装甲になる部分ですな。そこから後ろは再現されていない模様。ガウォークの後ろ半分がまるまるないですから、全身を再現するとしたら相当大変そうです(つーか、機体後部を全再現した場合、脚で自立できるんだろうか?)。

 もう一つの目玉は、1/1の歌姫3人。

07
 初代マクロスの歌姫、リン・ミンメイ。

08
 マクロスFの“銀河の妖精”、シェリル・ノーム。

09
 同じくマクロスFの“超時空シンデレラ”、ランカ・リー。
 3体とも等身大なのですが……メカであるメサイアとは違って、なんつーか「実体感がない」というか、人間である感じがなくて、あくまで「でっかいフィギュア」って感じでした。ま、等身大の蝋人形みたいなリアル造形路線にすると、それはそれで恐怖感が出てくるから、「でっかいフィギュア」にしといた方が良いのかもしれませんね。
 ちなみに、ミンメイの横にこんな貼り紙が。

10
 フィギュアが立ってるのもラクじゃないんですねw

11
 初詣シーズンだからか、会場内には神社も建ってます。御神体はマクロスだるま?賽銭は、東日本大震災の被災者に送られるとか書いてあったので、100円供出。

12
 60分の1スケールの各種バルキリー(バンダイ&やまとの製品。SDF-1は、おそらくウェーブ製の1/5000モデル)も会場内にいくつか展示されていました。また、30周年記念作品として来年発売予定の新作ゲーム「マクロス30 ~銀河を繋ぐ歌声~」<公式サイト>の宣伝ブースもあり、ゲーム内に登場する新型バルキリー・YF-30 クロノスの3Dデータの展示もされていたのですが、写真のモデル展示コーナー下段になんとYF-30の1/60モデルが!?

13
 奥にあるのがバンダイのDX超合金 VF-25F メサイアバルキリー(早乙女アルト機) リニューアルVer.<記事>で、こんな形で展示されてるってことは……YF-30もDX超合金で発売されるのかもしれませんな(ゲームに出てくるってだけだし、期待はしすぎない方が良さそうだけど)。

14
 会場入り口前には、YF-30の原寸大イラストが飾られています。これも大きさがわからん写真になってしまってますが……そうだな、右手にあるドアと対比すればいいかな。デカいです。

 毎年、美術展覧会に何度も足を運んでいる人間から言わしてもらいますと、今回の超時空展覧会は正直「超時空ってレベルじゃねーぞ」って感じだったんですが、原寸大メサイアは見られて本当に良かったです。まぁ、メサイアの大きさってのを実感できただけでも1000円(+交通費)払う価値はあったかなと。あんなデカいの作ろうと思ったら相当なコストがかかってるでしょうからね(大阪まで持ってきて設営するのだってタダじゃないし)。1000円で済むなら安いものですわ。期間決定の経緯も怪しかったですし、大阪で開催されただけでもありがたいと思ってます。
 マクロスにはまだまだ続いてもらいたいですし、40周年、50周年もこうやってお祝いできたらいいですね。

|

« 第96代内閣総理大臣指名 | トップページ | YF-29 デュランダル ~その4・「30周年記念カラー」 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

東京会場ではメサイアの横に足場はなかったような・・・?その代り手には乗れたんですが。等身大フィギュアは流行なんですかね?まどマギ展、Fate展でもありましたので。やはりこれがメイン的な感じでした。

投稿: げるぐぐ | 2012年12月28日 (金) 22時31分

公式サイトによると「大阪会場では、1/1 スケール、VF-25F バルキリー(ガウォーク形態)の手に乗れるだけでなく、コクピットの内部を見ることが出来ます!」とあるので、足場は大阪会場で新たに設けられたみたいですな。ちなみに、大阪の新世界にはキン肉マンの4キャラの等身大フィギュアがあったりします。サザエさん一家とか名探偵コナンとかガンダムとかみたいな銅像よりは安くできそうだし、等身大フィギュアの作り方が確立したことによる一種の流行なんでしょうな。

投稿: ブルーメール | 2012年12月29日 (土) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第96代内閣総理大臣指名 | トップページ | YF-29 デュランダル ~その4・「30周年記念カラー」 »