« F1 2012 インドGP | トップページ | 「真・三國無双6 Empires」開始 »

2012年11月 7日 (水)

「Forza Horizon」実績全解除

 しばらくブログ更新もほったらかして「Forza Horizon」をプレイしていたんですが、その甲斐あってか実績全解除できました。実績全解除は久々ですわ。

 「Forza Horizon」は、オフラインの“シングルプレイ”とオンラインの“マルチプレイ”に分かれていまして、まずは“シングルプレイ”をひたすらやりこみました。
 “シングルプレイ”は、用意されているイベントをこなして活動資金と観衆の人気を獲得し、王者ダリウス・フリントに勝利することが目標になるんですけど、これはそれほど難しくありませんでした。イベントの難易度設定は「MEDIUM」/アシストは一部適用の設定でイベント出場に必要なクルマを買っていく感じで進めていって、「HORIZON CHANPION OF CHAMPIONS」(+α)でダリウス・フリントをやっつけるまで20時間程度だったと思います。難易度「MEDIUM」とはいえリワインド(レース展開巻き戻し機能)使いまくったので、難易度「EASY」とかにしてサクサク進めていったらもっと早く済んだかも。通常のイベントとは別口扱いのストリートレース(賞金稼ぐための裏レース)も、特に難しくはなく、表レースよりむしろこっちの方が簡単です。マップも「TDU」と違って狭いし、埋めるのに苦労はしませんでした。値引き看板は、見つけ次第壊していきましたが、最後の方はワケわからなくなったので攻略サイトのマップと照らし合わせながら1つ1つ潰しましたわ(路地裏とかマップ上にない道を行くのとか、あんなのわかんないっすよ)。資金面での影響がデカいので、看板は先に潰してまわった方がいいかも。隠れ名車は……運ですねw(ただ、「TDU2」よりははるかに見つけやすい)。“シングルプレイ”で厄介なのは、ショーケースイベントと「Horizon アウトポスト」に用意されてるPRスタントですかね。ショーケースイベントは、趣向を凝らしたタイムアタックなんですけど……このタイム設定が(若干ながら)難易度高め。ま、難易度「MEDIUM」でクリアできないことはないんですが、ムカついて1回だけ難易度「EASY」にしてさっさとクリアしたのがありました。PRスタントは3種類あって「スピードスタント」と「フォトシュート」は大したことないんだけど、ドライビングスキルの数値を一定値以上出さないといけない「スキルスタント」が本当にしんどいです。何でもいいから“スキル”を連続させて“コンボ”としてつなげていくしかないのですが、ワンミスで“コンボ”は帳消しになってしまうんで……簡単ゆえに“ドリフト”“サイドドリフト”を基本にしたくなるけど大抵コントロールを失ってどっかにぶつかったり失速してしまったりするから、私は「第一目標“ニアミス”/第二目標“デストラクション”」を基本とし“ドリフト”は他に何もできない時用って感じにしました。あと、広い場所で“スピード”も狙うようにしてみることでコンボをつなぎやすくなってスコアが安定するようになったかな。ナビがルートを示すんですが、あれは一切無視。実際はどこをどう走っても良いので、スコアを稼ぎやすいポイント(高速道路が一番簡単。高速がなければ、障害物のない広い場所、壊せるものが多い所など)を見つけてそこで攻めた方がラク。焦って「1回の“コンボ”で稼ぎきろう」とせず、3回ぐらいの合算と考えた方が結果良かったように思います。
 “シングルプレイ”を制覇したあとで、“マルチプレイ”に行ったんですけど、オンラインのレースはぶつけ放題の無茶苦茶なプレーヤーがいるので、最初のラップで運良く前に出ることができたらスイスイ走れてぶっちぎり/中団に入るとぶつけられて終了(わざと吹き飛ばされてチェックポイントを通過できず、リタイアするしかないなんてことも)ってパターンがあまりに多くてうんざり。「順位を気にしたら負け」って感じで、完走だけを目標にレベル上げに徹しました(※オンラインレベル25になるという実績があるから)。鬼ごっこやかくれんぼをする「プレイグラウンド」ってのもあるんだけど、個人的にはイマイチでした。一方、フリー走行のCO-OPチャレンジは、面白いって言えば面白かったですかね。「ボイスチャットでフレンドとワイワイやれ」ってのがこのモードの趣旨みたいで、「お題」こそ書いてはあるけど「具体的に何をすればいいのか」ってのがよくわからなくなってまして(特に走破チャレンジ。どこからどこまで走るのかも、ホストが見つけ出してルートを示す必要あり)ちょっと不親切なんですが……そりゃ、あれこれ相談しながら協力プレイできればいいんですけど、私のフレンドさんの多くはこのゲーム買ってなかったりするので気軽に話すこともできず、困り果てました。が、実際にフリー走行に参加しているほとんどのプレーヤーは無言の野良プレイヤーだったりします。というわけで、私も無言プレイを貫きまして、どっかの部屋に入り込んではホストの意図を勝手に斟酌してCO-OP参加ってのを繰り返しましたw。ま、それでもなんとかなったりするのが凄いところで、実績のチャレンジ10回クリアを解除できましたわ。部屋全員(8人)で協力しないとできない「スピードトラップ チャレンジ3」をクリアできたときは結構感動しましたよ。

 今回の「Forza Horizon」、全体的には簡単にプレイできるようになっており、「TDU」シリーズみたいに頭を抱えるよーなえげつない高難易度イベントはなく、クルマも「フォルツァ4」と全く違って四駆が安定挙動で扱いやすく、誰でも楽しめる良ゲームに仕上がってるなと思いました。
 ただ、コースレイアウトが相変わらず楽しくないのがねぇ……バランスを崩しやすいいやらしいS字コーナーとかが多くて攻め込んで面白いコースはなく、その上クルマを止めてしまう障害物とかブラインドコーナーとかの「嫌がらせ」ばかり凝ってまして走っててストレスが溜まります。マイクロソフトのレースゲーは、本当にコースレイアウト作るのがヘタですな。それと、挙動はマイルドとはいえ、後輪が滑りまくる割にドリフトの失速度が高すぎるような気もしました。「きちんと物理演算してる成果だ」と言われればそうなのかもしれないけど、レース用スリックタイヤ履いてる純然たるオンロード専用スーパーカー(二輪駆動)が片方の駆動輪を砂利道へ落としてるのにアクセル全開でまっすぐガンガン加速していけるんじゃ物理演算も何もないよーなw。それにCPU車の挙動だって明らかにおかしいですしね(スピンや衝突からの回復が異常に早い)。だったら、もっと“ゲーム挙動”にふってもよかったんじゃないですかねぇ?
 あと、舞台がコロラドの田舎ってのも、走っててあまりに味気なかったなぁ。ゲーム全体を通せば後発だけあって「Forza Horizon」の方がよくできているけど、舞台選択/コース設計/クルマの挙動は「TDU」シリーズの方がセンスあるように感じました。ま、今回の「Horizon」は試験的なところもあるだろうし、先行する「TDU」シリーズは次があるのかどうかわからないから「Horizon」の次回作はぜひ作ってもらいたいです。そして、その次回作ってのがあるならば、こういうSNS的なドライブゲームってのは新しいジャンルなので、 より進化しより洗練された作品に仕上がってくれてたらありがたいと思いますね。
 まずは、来月配信される予定の「ラリー拡張パック」ってのに期待ですかな。楽しみです。

|

« F1 2012 インドGP | トップページ | 「真・三國無双6 Empires」開始 »

ゲーム・ゲーム関連製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2012 インドGP | トップページ | 「真・三國無双6 Empires」開始 »