« F1 2012 日本GP | トップページ | F1 2012 韓国GP »

2012年10月14日 (日)

聖戦士ダンバイン ~その2・ダンバイン

 ビルバイン<記事>に続き、予約買いです。バンダイ ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ダンバイン

Dunbine_01
 ダンバインは、その名の通り「聖戦士ダンバイン」の表題機で前半の主役機です。召喚した地上人用の試作型オーラバトラーで、3機製作されましたが……トカマクが搭乗した緑色の機体は1話でいきなりマーベルのダーナオシーに撃破され、トッドが搭乗した濃紺の機体も2話でマーベルにオーラコンバーターを破壊され墜落(その後、ギブン家に回収され、予備パーツ化)。結局、ショウの駆るこの薄青色のダンバインのみが残ってゼラーナの主力として予想以上の活躍をしたのですが、29話で中破した後にビルバインが出現してショウはそちらに乗りかえます。その後、ダンバインは改修されてマーベルの乗機となり最終決戦まで残りましたが、そこで完全に破壊されてしまいました。初期のオーラバトラーで乗り手を選ぶけど、乗る人が乗ればかなりの力を発揮するタイプだったってことですかね。

Dunbine_02
 横。昔のプラモデルでは胸~腹の濃緑部分は全部半透明のキャノピーだったんですが、今は通常装甲部分とキャノピー部分の二段構造って解釈なんですな。マスターグレードのダンバインあたりからこうなったのかな?

Dunbine_03
 後ろ。ダンバインはマント状のオーラコンバーターがでかいのが特徴、なのですが、今回のロボ魂版ダンバインはそれ以上にオーラソードと鞘がでかくてやたら目立ってますw

Dunbine_04
オーラコンバーターには、左右に開く謎のギミックが追加されています。たしかに劇中の飛び立つシーンでは、こんな感じにノズル部分がかなり離れた描写になってますな。

Dunbine_05
オーラショットは2つ付属しており、両手に装備可能。また、小さいながらもトリガーをツメに引っかけられるように再現されてます(ツメは可動。脱着は不可)。ただし、マガジン脱着はできません。

Dunbine_06
腕の可動範囲は大きく、鞘に収めたオーラソードを摑むことも可能。けど、こうも長いと、実際は鞘から抜けないでしょうなw

Dunbine_07
オーラソードは、ロボ魂版ビルバインのものとほぼ同じ長さで、設定よりずっと大きく長いです。

Dunbine_08
ロボ魂版ビルバイン同様のオーラ斬りエフェクトパーツも付属。ビルバインのはクリヤーイエローとクリアーのツートーンでしたが、ダンバインのものはほぼクリヤーイエローのみ。ダンバインって、オーラ斬りできるんかな?ま、オーラコンバーターがボチューンのかそれ以上のものにアップデートされたのなら、できてもおかしくはないか。最終決戦ではオーラ纏ってましたしねぇ。

Dunbine_09
 乗降時の片膝立て状態も再現可能で、キャノピーも開閉可能。ロボ魂版ビルバインと異なり、キャノピーは劇中同様上まではね上げることも可能。コクピット内がモールド再現されているけど、パイロットフィギュアが付属していないのはビルバインと同じ。

Dunbine_10
 ウイングキャリバー形態のロボ魂版ビルバインに騎乗することが可能……なのですが、ヒジョーにバランスが悪いので、この状態にするのは結構大変です。つーか、これじゃ空気抵抗すごく大きそう。ダンバインは素直にウイングキャリバー・フォウで運んだ方が合理的な気がします。

Dunbine_11
 白線で囲んだ部分が、今回のロボ魂版ダンバインに付属する騎乗用ジョイントパーツ。ロボ魂版ビルバインに元々付いているパーツを外して交換する形で装着します。ちなみに、現在魂ウェブ商店他で予約受付中の「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」は色が違うので、迷彩塗装Ver.専用のダンバイン騎乗用ジョイントパーツが付属しているようです。

Dunbine_12
 ダンバインとビルバインを並べてみました。ビルバインの方が一回り大きいですな。設定では、ダンバインが全高6.9メット/ビルバインが全高8.8メットってことなので(全高=頭頂高?)、こんなもんですかね。

 ダンバインは元々の設定では5~6頭身の昆虫的“寸詰まり”デザインなんですが、ロボ魂版は近年の人間的細身な7頭身デザインでまとめてあります。設定の忠実再現という観点からすると問題とも思えますけど、本当に“寸詰まり”を再現してしまうと最初の1/72キットのように絶不評になってしまうでしょうから(実際、見られたもんじゃないくらいにカッコ悪い。劇中のイメージとも異なるし)……私はこのスタイルで構わないと思います。
 今回のダンバイン、曲線デザインをよくまとめてあるしROBOT魂として非常に良いデキだと思うんですけど、3本ツメの足首のため接地性があまり良くなく、安定してしっかり立たせるのがちと難しかったりします。しかも、最初のうちは関節が保持できているから立てるけど、「緩くなると立てなくなるのでは」という懸念もありますな。ダンバイン同様足首が細く3方向に伸びたタイプなオーラバトラーの完成品での商品化は結構大変かもしれませんね。
 次回作は終盤の主役機・ビルバイン(迷彩塗装Ver.)で、その後は何もアナウンスされていませんが、前にも書いたとおり〈SIDE AB〉も敵方のオーラバトラーを商品化してもらいたいですわ。後半のズワァースやライネック、中盤のビランビーやバストール、印象的なビアレスやレプラカーンとか魅力的なデザインのオーラバトラーがありますからね。敵じゃないけど、カラーバリエーションが見込めるボゾンやボチューンもいいなぁ。
 とりあえずビルバイン(迷彩塗装Ver.)は買う予定ですので、バンダイさん、さらなる〈SIDE AB〉の展開をお願いしますよ。
※追記:ビルバイン(迷彩塗装Ver.)に続いては、ダンバイン(トッド機&トカマク機)がセットでウェブ限定販売されます<トッド機&トカマク機の記事をアップしました。こちらです>。来年、新作が出たらいいなぁ。

|

« F1 2012 日本GP | トップページ | F1 2012 韓国GP »

アニメ作品・関連グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2012 日本GP | トップページ | F1 2012 韓国GP »