« VF-25 メサイア リニューアルVer. ~その4・ミシェル機(2) | トップページ | 聖戦士ダンバイン ~その2・ダンバイン »

2012年10月 8日 (月)

F1 2012 日本GP

 F1第15戦・日本GP決勝が昨日行われました。
 注目は、今年もチャンピオンシップ争いとホームグランプリとなる小林可夢偉(ザウバー)がどんな走りをするかという点でした。
 予選。ザウバー勢は前日のフリープラクティス2回目の順位が揃って悪かったので「調子、良くはないのかな?」とも思いましたが、問題なし(FP2はロングランのテストに徹してたみたいですな)。揃ってQ3に進出しました。そしてQ3、なんと終了間際にライコネンがコースオフしてイエローフラッグ提示のアクシデント。提示区間を全開でいけないことになってしまい、その提示時期に可夢偉もそこを通過したのですが……DRSをクローズドにしていたこともあって「イエローフラッグ無視」とは判定されず、その周回で出した4番手タイムが認められました。PPは、唯一1分30秒台(1:30.839)を叩き出したベッテル(レッドブル)が獲得。2番手にはウェバー(レッドブル)。3番手にはバトン(マクラーレン)が入りましたが、ギヤボックス交換で決勝は5グリッド降格になると決まっていたため、可夢偉は繰り上げで3番手スタートとなりました。5番手グロージャン(ロータス)、6番手ペレス(ザウバー)、7番手アロンソ(フェラーリ)、8番手ライコネン(ロータス)で、ここまでがスタート位置繰り上げ。9番手ハミルトン(マクラーレン)で、10番手はヒュルケンベルグ(フォースインディア)。マッサ(フェラーリ)はQ2敗退で11番手、ミハエルさん(メルセデスAMG)もQ2敗退で13番手。
 決勝。スパでの不運も頭をよぎりましたが、可夢偉は今回好スタートを切り、ウェバーをかわし2位に浮上して1コーナーに進みましたが……後方で事故発生。いきなりセーフティーカー導入となりました。ここでアロンソがリタイアし、グロージャンとウェバーも後方に下がりました。代わりに、3位にバトン、4位にマッサが浮上。可夢偉は再スタートも無難にこなして、そのまま15周目の最初のピットインまで2位を維持しましたが、このスティントをニュータイヤで18周目までロングランしたマッサに先行されてしまいます。その後、可夢偉は堅実に3位を走り続け、バトンとの3位争いを延々と繰り広げました。最後の方は本当に「死闘」で52周目にはDRSが使える1秒以内の差にまで詰め寄られて大変だったんですが、最後までミスすることなく3位のポジションを守り切りました。優勝は、終始圧倒的に速かったベッテル。2位にマッサ。3位に我らが日本人ドライバー・小林可夢偉。4位バトン、5位ハミルトン、6位ライコネン、7位ヒュルケンベルグで、ウェバーは9位。ミハエルさんは11位で、グロージャンは19位。ペレスは19周目にコースアウトしてリタイア。
 可夢偉がついに表彰台ですよ!おめでとう、可夢偉!!
 いやぁ、今回の可夢偉は堂々としたレースっぷりで、本当に輝いてましたね。圧倒的に速いレッドブルのウェバーが後方に沈み、勝負強いアロンソが消え、ハミルトンも不調という幸運があったとはいえ、マクラーレンのバトンと真剣勝負をやっての3位は「立派」としか言いようがありません。きっちり予選で上位に進み、レースペースが素晴らしく、かつミスのない走りを53周続けたからこその結果ですから。素晴らしかった。本当に素晴らしかった。そして、自身初のF1での表彰台が、母国・日本でとは……これ以上はないですよ。スタンドからの「カムイ」コールに迎えられて表彰台に立った可夢偉の姿を見て感激しましたし、私もTVの前で泣いてしまいました。90年鈴鹿での鈴木亜久里、04年インディアナポリスでの佐藤琢磨、どちらの3位表彰台もTVで見たけど、今回の可夢偉の3位表彰台も良かったです。本当に、良かった。
 同じ表彰台に上ったのが、かつてチームメイトだったこともあるベッテルと、2年ぶりに表彰台に戻ることができたマッサというのも良かったんじゃないですかね。3人とも“会心のレース”だったでしょうから、揃って祝福できたんじゃないかな。
 また、アロンソがリタイアして、ベッテルが25ポイントを獲得したことから、アロンソ独走だったチャンピオンシップがついに4ポイント差となりました。残り5戦あるし、今年のチャンピオンシップの行方はまだまだどうなるのかわかりませんな。新コースのアメリカGPもありますし、そこでの争いになると本当に面白そうですよね(争ってる側からしたら上段じゃないだろうけどw)。

 今回の鈴鹿の前、ハミルトンがマクラーレンを離脱しメルセデスAMGに移籍すると発表され、代わりにマクラーレンにはペレスが加入すると発表されました。これにはマジでびっくりして「えええ、うっそー」と声を上げてしまいましたよ(実話w)。さらに、ロズベルグの残留は以前から決まっていたためにシートがなくなってしまったミハエルさんは、日本GP開幕直前に2度目の引退を発表しました。いわゆる“ストーブリーグ”になる前から、来季の大型移籍が相次いで発表されるとは……ヨーロッパが大不況なこともあって、大変ですなF1も。
 で、結果的にザウバーのシートが現時点では唯一完全に空く形となったために世間ではあれこれ騒がしくなってまして、さらに可夢偉のことも「解雇されるのでは?」と……可夢偉はレーシングドライバーとしての実績をまた1つ積み上げたわけで、さらなる進歩が望めそうなのですから、所属チームもステップアップできたら良いのですがねぇ。何とかならないかなぁ。

|

« VF-25 メサイア リニューアルVer. ~その4・ミシェル機(2) | トップページ | 聖戦士ダンバイン ~その2・ダンバイン »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VF-25 メサイア リニューアルVer. ~その4・ミシェル機(2) | トップページ | 聖戦士ダンバイン ~その2・ダンバイン »