« F1 2012 イタリアGP | トップページ | いよいよフルサイズの時代が!? »

2012年9月13日 (木)

新型iPhone発表 2012

 時期的に昨年より少し早めでしたが、appleが新型iPhoneを発表しました。今年はウワサ通り「iPhone5」でしたね。
 iPhone4Sを使っているので、その後継機がどうなるのかは興味津々でしたが……ま、「予想通り」「想定内」ってところですかね。新しいA6プロセッサ+LTE対応+Retinaディスプレイ4.0インチ化ってのがiPhone4Sから進化したところかな。あと、おそらくRAMの1GB化もしてあると思われますし、無線LANが5GHzに対応してIEEE 802.11a/b/g/n対応となったりもしてますな。基本性能が大きく向上しているのは間違いなさそうです。
 iPhone4Sを使ってて最も切実なのが「画面もっと大きくしてほしい」ってことでしたから、この点今度の「iPhone5」はたしかにディスプレイが3.5インチから4.0インチに大型化されてて喜ばしいんですが……私としては、横幅を大きくしてほしかったんですよね(正確に言うと、アスペクト比を変更することなく画面を単純に大型化してほしかった)。でも、「iPhone5」は16:9のワイド液晶を縦に使うことで縦方向に長くなっただけです。ま、既存のアプリとの兼ね合いもあるので悩ましいところなのでしょうけれど、個人的にはあまり嬉しい変更ではありませんわ。ワイド液晶になったことは「最近のAndroid端末と変わらなくなった=iPhoneの独自性が失われた」ってことでもありますし。
 また、「apple製品と言えば」のDockコネクタが小型化されて8ピンの「Lightning」と呼ばれる新しいコネクタになりました。今後はこの「Lightning」コネクタに統一されるのでしょうけど……裏を返せば、今までのDockコネクタ対応の製品はアダプターをかませないと使えないわけでして、アダプターが使えないような製品だと今後のiOS機器には非対応ってなりますね。これはかなり痛そうですな。
 あと、iPhone4Sを使ってて切実なことその2の「バッテリーの持ち」は、どーなんすかねぇ?スペック上は改善してるのですが……LTE使うと、相当食うでしょうからね。実際に使ってみないと分からないけど、iPhone4Sより本体が薄く軽くなってるみたいだし、バッテリー容量を大増量できたとも考えられないので劇的に改善しているとは思えないなぁ。
 ま、「マイナーチェンジだし、さして売れないだろう」と言われていたiPhone4Sが日本でも世界でもバカ売れしましたから、そんなこんなは関係なく「iPhone5」もご新規さんも機種変更する人も大勢出てまたまたバカ売れしちゃうんでしょうねw。
 私は、2年間きっちりiPhone4Sを使い倒すつもりですので、来年まで機種変更はしません。「iPhone5」が今までと全く違う革新的なものに仕上がっていたら気持ちがグラついたかもしれませんけど、デザインも現状維持っぽいし(ここまで変化がないとは思ってなかったっす。ま、銀ブチがなくなったブラック&スレートのカラーリングは「いいな」と思いましたが)、これなら変わりませんわ。次変えるときは機種変更だけでなくLTEの契約もすることになるだろうし、割引次第ではドコモあたりにMNPすることも考えられますしねぇ(そのドコモって、ホントにiPhone出さないんですな。LTE対応iPhoneで回線勝負に討って出るかと思ったんですけどね。その上、シャープやソニーや富士通とかの国内メーカーではなく韓国メーカーと組んだりしてて、いろいろ残念ですわ)……「iPhone5S」になるのかどーかわかりませんが次のiPhoneなり、その他の選択肢も含めて焦らず来年改めてじっくり考えたいと思います。

 同時に、第5世代iPod touchと第7世代iPod nanoも発表になりました。
 iPod touchは前世代から大幅に進化しており、プロセッサーがiPhone4Sと同じA5で、「iPhone5」同様の4.0インチ(1136x640ドット)・IPS方式のRetinaディスプレイ搭載とされています。「iPhone5」と全く同じ液晶なのかどーかは実物見ないとわかりませんけど、今回のtouchはかーなりイイ感じに思えますね。iPhoneとの格差が小さそうだし、色もカラフルになったし(特にストア限定の赤がカッコ良さそう。早く現物見てみたいっす)。
 一方、iPod nanoは……前世代の「小さいってだけの液晶付きiPod」ではなくなって縦長デザインに回帰したとはいうものの、ショボさがむしろ前世代より増したよーな感じに思えます。まぁ、製品としてtouchと差別化しないといけないのでしょうから仕方ないのでしょうけど、「私の愛したiPod nano」のイメージからはかけ離れてますねぇ。容量も16GBのみとなり、touchから16GB版が消えたことからも“touchの超廉価版”としての意味合いしかなくなってしまったよーに思えます。「良質な小型メモリーオーディオプレーヤーが欲しかったらウォークマンのS型とかを使え」ってことなんですかね。

 メディアでは“appleの超売れる商品”だけに新型iPhoneもiPodもどこもかしこも手放しで賞賛していますけど……どうですかね。私的には、「appleすげー」って革新度合いが年々小さくなってきてて驚くこと(=サプライズ)がなくなっているようにも思えますがね。それに、今回製品情報の発表前リークが随分なされたのには違和感を感じました。去年までは厳重に情報統制されてハズレ予想ばかりだったのに、今回の「iPhone5」は漏れまくってて事前予想がほとんど当たりましたからねぇ。この点も相俟ってサプライズ感が薄れましたわ。
 全世界で売れすぎるが故に変えようにも変えられないって面も強くなっているんでしょうか。世界企業になった以上堅実で安心な製品作りというのももちろん大切なんですけど、そればかり言っているとappleもSONYと同じ道を辿るよーな気がしますが……ま、いいか。
 ウワサされるiPad miniとか次世代型iPad、それに次のiPhoneでは「クアッドコアCPU搭載なのにバッテリー長持ち」みたいな他メーカーには簡単に真似のできない革新的なことをやってくること、期待していますよ。

|

« F1 2012 イタリアGP | トップページ | いよいよフルサイズの時代が!? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2012 イタリアGP | トップページ | いよいよフルサイズの時代が!? »